2017年08月18日

ロシア語の勉強

このお盆の期間、ロシア語の入門講座に通っていました。

合計約10時間。
本当に初歩の初歩だけですが、
本を読むだけでは得られないものがありました。

ロシア語はキリル文字というギリシャ語由来の文字を使い
一部は英語などヨーロッパ言語のアルファベットと共通します。

AとかKとかMとかOとかTとかは、
アルファベットの名前は違いますが単語中の音は同じ。

ただし K の音は少し空気が多めに入るので音色が英語と違います。
これは例えば、「R」の音がスペイン語だと巻き舌になって
フランス語だと喉の奥で摩擦音を出す音になったり、
英語の舌を反らせた音とは異なった音色になるケースと同様です。

これぐらいまでならマイナーな違いです。


厄介なのが、同じ文字を使うけれど読み方が違う文字が多いこと。

同じ文字で読み方が違うのは同じアルファベットの中でも
ラテン語系とかでは起きてくるようですが、頻度が違います。

例えばスペイン語では J がハヒフヘホの子音、
ge と gi もそれぞれ「ヘ」「ヒ」になります。
他には V が「ヴ」ではなく「バビブベボ」の子音になったり
ll (Lが2つ続く)で「ジャジュジョ」の子音になったり。

まぁ、それほど多くありません。

ところがロシア語の文字では、英語と比べてこの違いが多いみたいです。
ロシア語の B は「ヴ」の音、
E は「ィエー」のように「やゐゆゑよ」の「ゑ」みたいな音になる。
H が「エヌ」で英語の N に対応して、
P が「エる」で英語の R に対応するものの巻き舌の音に、
C が「エス」で英語の S に対応します。
X は「ハー」となって「ハヒフヘホ」の子音になります。

y が「ウー」で「ウ」の母音。
英語だと y は子音字ですから母音と子音の関係も変わります。

実際には英語と同じ文字ではないものの、
Nを左右反転した文字「и」が「イ」の母音になるのも混乱を招く。
「ガギグゲゴ」の音、英語の「 G 」に相当する「Γ」も
単語の中に表れると一瞬「r」かと見間違ってしまったり。

こういう文字が一単語の中に沢山登場すると
これまでの記憶が瞬間的に引き出されてしまって
P を見たときには「ああ、『プ』じゃなくて『る』か」
のように文字の識別で時間を取られる感じがあります。

例えば、ポケットを意味する「карман」は
英語の癖で見てしまうと「カプマー」っぽいですが
「カるマーン」のように発音する。

直観的に英語の癖が出てきてしまうのを抑えなくてはならず、
1つの単語を、暗号を解読するような気分で読むことになっています。
変換がややこしいんです。


そのうえ、今まで見たことのない文字も数多く登場します。
「ヨー」だったか「ユー」だったか、
「シャー」だったから「ジェー」だったか、
「チャー」だったか「ツェー」だったか…。

そして単語中の文字の並び方によって、音が変化するルールもあったり。

まず単語を見て発音できるようにするための段階で
文字のところから相当に苦労がある感じを受けています。

しかし、ここを丁寧にやっておくと後で苦労しない予想もしています。
後から「あれ、この単語、何て読むんだっけ?」となりにくいでしょうし、
間違ったまま覚えて、後から修正しなければいけない手間もなくなります。

日本の英語教育だと、この発音ルールを丁寧にやらないんです。
いきなり挨拶や簡単な構文からスタートしてしまう。

結果としてローマ字読みで勘違いしたまま覚えてしまったり、
カタカナ発音のまま勉強を進めてしまって、音の区別がつかず
スピーキングやリスニングで苦労することになったり。

実際、アメリカの母国語としての英語教育でも
最初にやるのは Phonics(フォニックス)という発音ルールだそうです。

これを一通りやっておくと、初見の単語でも発音の見当がつくようになる。
英語には例外の単語も多いですが、それでも75%以上は読めるとか。

例えば「mat(マット)」と「mate(メイト)」の発音の違いは
ルールに則ったものですから、このルールを最初に習えば
ローマ字読みをして「マテ?」なんて勘違いすることは減るはず。

つまり語学の初期段階で発音ルールを勉強しておくのは
母国語学習においても有効とされているようなので、おそらく
外国語学習でも効果的なんじゃないかと想像されます。

幸い、ロシア語は文字も馴染みのないところから始めることもあって
このフォニックスの部分を丁寧に扱うケースが多いようです。

僕の通った超入門コースも、メインはフォニックスでした。

フランス語やスペイン語の講座であれば
初日の1時間程度でサラッと流してしまえそうなところを
10時間かけて丁寧に抑えていく。

文字から異なった言語を始める場合には重要なプロセスだと感じています。


このように講座の中で実際に発音練習をしたり、
発生のポイントを教わったり、練習問題をやったりしながら
地味に覚えていく発音の原則の部分が、
ロシア語の参考書だと、わずか数ページになってしまうんです。

まず、文字の紹介と音のパターンの解説。
それが終わったら、すぐに文法的なルールに進んでいく。

そういうのがフランス語だろうが、スペイン語だろうが
ロシア語だろうが、本として同じように構成されているみたいです。

全て分かっている人からすると、文法項目として分類するため
どの項目も均等な解説の量でまとめられてしまうのでしょう。

しかし学習する側からすると、1つの項目にかけるべき時間は
初期のほうが長くなる傾向があると感じられます。

ゼロから覚えなければいけないこと、
運用できるように練習する必要があることが多いからです。

そのあたりのことを踏まえながら講座の進行を考えてくれるのか
それともカリキュラムを終わらせることを前提に予定を組むのか、
ここで学習効果は変わってくるんじゃないでしょうか。

僕の印象では、最初の段階ほど時間をかけながらのほうが
後々の苦労が少なくなるように思っています。

まぁ、そこは自分で丁寧に復習と暗記を繰り返せば
追い付けない話ではないのでしょうが。

文法が複雑になったり、文章が長くなってきたりするほうが
大変そうに見える一方で、本当に地味な努力を求められるのは
初期段階のほうかもしれません。

cozyharada at 23:03|Permalinkclip!コミュニケーション | NLP

2017年08月15日

修行・実践の場

9月から修行の場を始めます。

勉強会や講座という位置づけではなく
ひたすら自分のために時間を取るもの。

「修行」というとトレーニング的なニュアンスが一般的かもしれませんが、
ここでは『実践』の意味で使っています。

ただ内面を調える。
そのための時間です。


瞑想をしたり、
体の感覚に注意を向ける時間をとったり、
個人的な心のテーマに取り組んだり。

質疑応答や、質問をもとにディスカッションする時間も取ります。
質問をもとに内面の取り組みに進んだりする可能性もあります。

心理的なワークの場合、お互いに練習をしてもらうことで
人と接するうえでの着眼点を育むことも想定されます。


いずれにしても修行・実践というスタンスですから
一回で望ましい結果を出して完結…という話ではなく、
都合のつくときに繰り返し参加してもらって
そのたびに内面を調えていくのが意図です。

本当は一緒に瞑想するだけの会でも良いんですが
『心が楽になる』『苦しみが減る』『喜びが増える』
という意味において、できることは瞑想以外にも色々あります。

色々やるほうが好みにも合わせやすいともいえますし、
逆に好みと違う側面からのほうが
感受性や”しなやかさ”を育みやすいともいえます。
(そのほうが満足していただきやすい気もしますし)


日常生活を普通に送っているだけで負荷がかかるんです。
大変なんです。

人生がすべて思い通りになることはないでしょうから
何かしらの期待外れからくる不満と遭遇します。

まして人間関係においては
思い通りにならないほうが普通でしょう。

他人は自分を満足させるために存在しているわけではありませんから。

日々を過ごしているだけでかかっている負荷を軽くする。

そのために内面に溜まった負荷を減らしていったり、
負荷がかかりにくい心持ちに整えていったり、
というプロセスが有効だろう、と。

簡単にいえば、心のメンテナンスです。

車のメンテナンスを想像するとイメージしやすいと思いますが、
メンテナンスをしないと、どこかに歪みが出てきます。

そして、その歪みによって別の場所にまた負荷がかかる。
悪循環が起きていきやすい、ということです。

身体だってそうです。
どこか一部を痛めて、かばって生活しているうちに
全体が歪んできて全身のあちらこちらに痛みが出てくる。

心でもメンテナンスをしておく意義はありそうです。

ただし車と人間は違います。
車についた傷は治りませんが、人間は治ります。

自然治癒力をどう活性化するか。

身体の面でいうと、適切な運動と休息が回復効果を高めるように
心の面でも適切な取り組みと休息の両方が回復を促すようです。

そういう意味で、いろいろな取り組みをしたり
心を休めたりする場があると良いのではないか、という趣旨です。


頻度は分かりませんが、できるときにやりますので
都合があったら来てください。

社会生活でかかる負荷から回復するための場は
少し社会と切り離れたところである必要がありそうですから。

cozyharada at 23:55|Permalinkclip!セミナー情報 | 心理学

2017年08月11日

ロシア語始めます

8月中は仕事のスケジュール的に時間調整がしやすかったので
少しだけ積極的に語学をやってみたりしています。

先日はロシア語の入門書を購入して
まずはアルファベット(キリル文字)を覚えるとこから始めました。



少し集中して暗記したら覚えられましたが
まだ定着という状態ではない感じはしています。

それでも文字と音のルールが把握できるだけで
ロシア語の単語を読めるようになる。

本を読み進めたり内容を進めていく過程で
読めない単語があって毎回最初のページに戻るっていうのは
どうも効率が良くない気がしていたんです。

日本人が英語を勉強するときも一応、中学一年生の最初の授業で
アルファベットの書き方や読み方をやると思います。

ですがアルファベットそのものは日本の至るところに溢れていますし、
小学校の時にもローマ字を習っているので、全くの初見ではない。

その状態から勉強し直すところも含みつつ、最初の授業を迎える…
これなら心理的なハードルが高くありません。


また、中学校の英語の場合、進みが早くないのも救いの1つでしょう。
3年間じっくりかけて初級文法をカバーする。

一方で、大人になってからの語学だと
初級文法の一通りぐらいは一冊のテキストに含まれてしまいます。

入門書でさえもある程度の範囲はカバーしますし、
語学学校の入門コースの進行予定を見ても
かなりの項目を扱うように設定されています。

確かに内容のレベルとしては入門なんです。
そこをどれぐらいしっかりと覚えて土台を作るか。

初級、中級となると文法にも複雑なものは追加されてきますが
依然としてメインで使われる文法事項は入門レベルのものです。
入門レベルの文法を使いこなすのが先の段階になる、ということ。

言い換えると、入門から初級に進もうが、中級になろうが、
復習の度合いが大きく、さほど新しいことが増えていくわけではない…
ボキャブラリーの数が増えたり、文章の内容が複雑になったり、
意見を聞くような内容が増えたりするのがレベルの高さのようです。

使いこなす必要のある文法事項そのものは、大部分を
入門レベルでカバーしてしまうことも少なくなさそうなんです。

ここまでくると、母国語で文法を理解していれば、
辞書を使いながら文章が読める段階だとはいえるんじゃないでしょうか。

語学学校のペースでいくと、進みの早いところであれば
週一回か二回の授業によって半年で入門コースが終わり
初級文法の大部分が紹介されてしまいます。

少なくとも一年通うと入門の段階が終わって
初級文法の一通りを知ることができる。
そういう設定がスタンダードなように見えます。


これは意外と早いと思うんです。

もちろん本気で勉強していたら全然早くありません。

しかし大人になってからの語学の大半は
仕事の空き時間だったり、趣味の一環としての度合いが大きく
毎回の宿題をハードにこなすような意欲とは違います。

分からない単語ぐらいは辞書で調べたとしても
出てきた単語を全て暗記するようなスタンスではなさそうです。

まして学校のようなテストがあるわけではないですから
なんとなく授業を受けているだけでも先に進んでいってしまう。

ここで初期段階の学習内容をどれだけ記憶できているかが問われます。

「あれ、これってなんだっけ…?」と思っている間にも
授業は新しい項目の紹介を次々に進めていきます。
覚えているか・いないかに関わらず。

しかも語学の初期段階は基本単語が一気に登場しますから
覚えておくべき情報量は多いはずです。

それなのに授業や本の進行は、以前に紹介したものは
当然の前提として次の項目へと進んでいきます。

復習や暗記は本人の努力に委ねられていると思われます。
中学校のときのように大量の練習問題をやって
少しずつ記憶に定着させるようなことはありません。

覚えきっていない状態でも容赦なく先に進みますから
負債が溜まった感じで進んでいくのは苦痛でもあります。

だからこそ初期段階をじっくり時間をかけて繰り返すか
自分で丁寧に暗記して負債を抱えないようにするか、
入門のレベルの時こそ努力するポイントがあるように感じます。

ということで、僕はまずロシア語の入り口を
しっかり固めることにしました。

それから入門レベルの講座に通ってみます。
できれば2回ぐらい、違う場所でやってみようかと考え中。

手を抜かずに単語の暗記もやった方が良いんでしょうが、
それをどれぐらいヤル気になれるか…。

まぁ、言語習得のプロセスについて理解する目的でも
試しながら取り組んでみるつもりです。

cozyharada at 23:09|Permalinkclip!NLP | コミュニケーション

2017年08月08日

だいぶ良くなってきました

捻挫もだいぶ良くなってきました。
施術をしてもらって大いに回復した感じです。

まだチョットあぐらをかくと痛いですが
そこまで大きく足首を伸ばさない限り、痛みは出ません。

むしろ過剰にかばってしまわないように
気をつけて動いておきたいものです。


施術を受けて驚いたのが、左右バランスの偏りの酷さでした。

ある程度は偏るだろうとは想像していましたし、
まっすぐに立てない度合いが大きくなって
歪んだ姿勢も自覚していました。

それでも実際に施術を受けてみると、
自覚しないままでも右足をかばうように動いていたらしく
左足側が相当に固まっていました。

ここまで大きな影響が出るのかと痛感した次第です。

たった3週間でこれですから、もしこのまま
こういった調整を受けないで過ごしていたら
一年もする頃には歪みも激しくなっていただろうと想像します。

自宅近所には高齢者が大勢いますが、
かなりの人が体の一部の痛みをかばうようにして
大きく歪んだ姿勢で歩いているのを見かけます。

どの部分の痛みがキッカケだったのかは定かではないですが
一部の痛みが歪みを引き起こし、かばう動作が歪みを強め
さらにあちこちに痛みを生み出している…
といった悪循環がありそうです。

プロスポーツ選手でも一度ケガをした後には
何度もケガをして苦労するケースが多いように見受けられますが、
ケガからくる体の歪みが新たなケガを生むのかもしれません。


同時に、心理的な影響も実感できました。

右足首をかばう動作が無自覚だっただけでなく
右足首に体重をかけるような動作に対して
小さな恐怖感があるのにも気づきました。

「恐れ」があったんです。
文字通り、おそるおそる動く感じ。

実際に起きる痛みの程度はもう大したことがないのに
痛みが出そうな体重のかけ方は避ける。
そういう癖がついてしまっていたようです。

このまま放置しておくと右足の動作だけ少し遠慮する感じの
微妙な動作が習慣化しそうな気がしました。

こういう小さな恐れの感覚も、きっと
繊細な運動調整を行うスポーツ選手であれば
大きな影響を及ぼす要因になるんだろうと感じます。

今までよりも関節を伸ばしきれないというか
縮こまった動作になりがちなんじゃないでしょうか。

ケガがキッカケでイップスになる、なんていう話も
捻挫をしてみて納得できるところです。


心理的に見て興味深かったのは、
全身の中から右足首だけが切り離されたような印象です。

かばっているんだから当然かもしれませんが、
気持ちのレベルでいうと仲間外れになっているような
ちょっとした寂しさもあるように感じられました。

全身の残りの部分でカバーしようとしていたわけですが
右足首だけが全身の連動から切り離される感じは、
「除け者」扱いにも近いところがあるのかもしれません。

皆からかばってもらう、特別扱いされる、腫物扱いされる…
そんな種類の体験は、優しさや遠慮から生まれるものだったとしても
孤立感・孤独感を生み出しやすいものなんでしょうか。

右足首に意識を集中したときに感じられた寂しさは
どことなく仲間外れになっているような気分に思えました。

過剰な恐れを取り除くための「恐怖症ケア」のワークや
全身から切り離された部分を全体に再統合するためのワークなど、
心理的な面からもアプローチをしておくと良さそうです。


一口にケガといっても、
外科的に治療するだけが全てではないのかもしれません。

身体のバランスや心理面の影響なども含めて
幅広くケアして初めて「回復」と呼べそうな気もしました。

cozyharada at 23:58|Permalinkclip!NLP | 心理学

2017年08月05日

追加の価値を高めることで

いろいろなホテルに泊まっていると、
ときどき”上等な”ホテルをリーズナブルな価格で利用できることがあります。
(今回は夏休みで人気の時期らしく狭いホテル)

それぞれに特色があって、サービスやビジネスの観点から見ても発見が沢山。

狭い部屋の中をどう使うかなんかは特に個性が出る印象です。

例えば…。
ベッド側を狭くして広めで使いやすいバスルームを配置し、
テーブルは最小限にする。
空間は動作を妨げないように余計なものをなくし、
部屋で何かをするというよりも、ただ「泊まる」ことに特化した感じ。

一方、
バスルームを狭くしてベッド側の空間に余裕を作り、
テーブルやテレビを大型にする。
クローゼットのスペースも取らず壁にハンガーラックをつけるだけにしたり、
とにかく床面積の大部分を「室内で何かをする」ための設備に充てる感じ。
窮屈だけど利便性はあるような設定。

あるいは、必要最小限に徹することで安価に抑えるスタイルもあれば、
内装を綺麗にしたり細々したサービス
(無料コーヒーとか空気清浄機とかペットボトルの水とか)
をつけたりして”高級感”や”お得感”を出すスタイルもあったり。


ホテルに何を求めるかは利用客の好みによるところでしょうが、
僕は空間を求めているようです。

そもそも地球上で人間の生息可能なスペースは限られていますし、
同じ広さの空間に何人を収容するかによって
利用客数が変わってくるわけですから、ビジネス的にも重要なはずです。

電車やバス、飛行機、船などの交通機関でも
無尽蔵に大きなものを動かしていれば乗客数に制限はありませんが、
実際には大きいほど建造費や運用費もかかりますし
大きなものに数人しか乗っていないというのは勿体なくもあります。

シンプルにいっても、安定して利益を維持しようとしたら
運賃×利用客数がコストよりも多い必要があると考えられます。

同じ大きさのもので乗客を運ぶことを想定した場合
(コストが同じだと仮定すると)、
一人の利用客でも利益を出そうとしたら一人当たりの料金が高くなり
大勢の利用客であれば一人当たりの料金が安くなる。

空間を占有する人数(想定利用客数)で想定売上高を割った分が
一人当たりの料金になる、というのが単純計算でしょう。

一人で広い面積を占める、つまり一回の運搬あたりの客数を抑えたら
その分だけ一人当たりの運賃は高くなる。
一人当たりの面積を小さくして大勢の乗客を詰め込めば
一人当たりの価格は安くなる。

そこが交通機関のベースだと思うんです。

新幹線のグリーン車が普通の指定席より高いのは、
グリーン車のほうが一両当たりの座席数が少なく
その分だけ大きなシートを使って一人当たりの空間が広いから。

椅子の座り心地や付属のサービス部分がコストに占める割合は
それほど大きくないと思われます。

新幹線のグリーン車料金は、一車両当たりの席数で計算すると…。
おおよそのグリーン車の席数が一両当たり0.7倍。
東京ー新大阪の普通料金14,450円が、グリーン車料金19,230円の0.75倍。
だいたい同じぐらいの比率になっています。

席数基準でいえばグリーン料金20,600円に相当しますから
若干割安なぐらいだといえそうです。

一人当たりのスペースの広さ(座席の広さ)以外にも得られる
シートの快適さや車両内の静かさ、少しコストをかけた内装、
若干の追加サービス(電源設備、おしぼり、雑誌など)も加味したら
むしろお得だといえるのかもしれません。

普通車が満席の時でもグリーン車には余裕があったりもしますから、
収益の観点からするとJR側としてはグリーン車より普通車のほうが
儲けを生み出してくれているぐらいじゃないかと想像できます。

そして、ホテルも同様だと思うんです。
土地と建物の都合から、総床面積が決まっている。
一泊当たりの収容客数を少なくすれば部屋は広くなり、値段も上がる。

それが単純な原則だと思われます。

もちろん土地の値段が関係しますから、駅に近いとか都心に近いとか
立地に応じた値段の変動もあって当然でしょうが、
似たような立地条件であれば一部屋が広いほうが値段は上がりやすい、と。

あとは管理のための人件費も大きいでしょう。
概して安いホテルほど従業員数が少ない。


そう考えると、理屈で考えても空間の広さが
ホテルの提供するサービスの中心だという気がしてくるんです。

特に土地の価値が高い日本では、土地が広いアメリカの地方都市などとは違い、
空間の広さがコストを占める割合も高いと考えられます。
その意味でも部屋の広さが土台のように思うんです。

そのうえ僕の場合、何かを避けながら移動するとか
ぶつからないように動作をコントロールするとか、
そういう周囲への警戒の度合いがストレスに感じられます。

のびのびとできないというか、制約されている感じがあるというか、
警戒している分だけリラックスもできませんし、
空間的な圧迫感を覚えると体が固まる感じも出てきます。

もっと体の大きい人だったら、なおのこと広さに求めるものは上がりそうです。

なんとなく空間そのものにホテルの価値を求めたくなってしまう、
という話です。

その意味で、狭いホテルがどういう工夫をしているかという部分は
かなり戦略的で、個性が表れやすい部分のようにも思えます。

広くてゆったりしていて高い…だったらシンプルですから。

「狭い、けど○○だから価値がある」
そういう仕組みで宿泊料を上げて利益を出す、と。

狭さを補う部分をどうやって生み出しているのか、
どうやってコストを抑えて利益を高めているのか?

そんなことを考えさせられるキッカケになります。

cozyharada at 23:45|Permalinkclip!コミュニケーション | 全般

2017年08月01日

【セミナー】メッセージを受け取ってもらう技術

ご案内: 8月20日(日)開催

   コミュニケーション講座 〜受け取ってもらいやすいメッセージ〜


もう8月に入ってしまいました。

6月は「自分の気持ちをいかに言葉にするか」をポイントとしましたが、
8月は「どうすれば相手に受け取ってもらえるか」をテーマにします。

一般的に表現すると言葉を発するときには…

  気持ちを自覚する
 →それを適切な言葉に変換する
 →その言葉を伝えるかどうか判断する
 (→言葉が相手の耳に入って内容として届く)
 →相手が言葉の意味を解釈する
 →相手が内容に納得する
 →相手が意見に賛同して行動を起こす

といった流れが起こります。

相手の耳に言葉が入ってから後は
すべて相手の頭の中でプロセスが進みますから、
そのあとは話し手側にはコントロールができません。

相手が自分と違った言葉の定義をしていれば
同じ単語を使って説明しても誤解が起こります。

言葉の定義として正確に内容が伝わったとしても
文章の作り方として相手が納得できるだけの説得材料がなければ
話は理解してもらっても納得はしてもらえません。

そして内容が伝わって「理にかなっている」と納得してもらっても
相手の価値観に響かなければ動を起こすだけの動機づけには至りません。

教育であれ、指示であれ、依頼であれ、勧誘であれ、説得であれ、
形は違えど『聞き手に行動を起こしてもらう』ことが狙いになるケースは多く、
しかもそこが非常に難しいことは多くの人が体験済みのことでしょう。

どんなに自分の気持ちを的確に表現できても
相手が納得できなければ、相手の行動には繋がりません。

相手が「分かりやすかった!」と納得してくれても
そこから一歩を踏み出すかどうかは別問題です。

どれだけ素晴らしい提案でも、どれだけそれが分かりやすく届いても、
その提案を受け入れるかどうかは相手次第だといえます。

しかしそこを「じゃあ何をやっても仕方ない」と諦めたら
工夫の余地はなにもなくなってしまいます。
かといって無理強いをして空回りしたり、
関係性が悪くなったりしても困りものです。

だからこそ、ただ分かりやすく適切に表現するだけでなく、
相手を動機づけやすい伝え方を工夫する価値があるわけです。

言葉を聞いて「なるほど、確かにそうだな」と受け取ってもらう。
そして「それは良さそうだ、”ちょっと”やってみようかな」と
一歩を踏み出してみやすくなる。

この”ちょっと”がポイントです。
必ずしも最終的に期待したところまで進むかは分かりませんが
少なくとも一歩を踏み出さなければ何も始まりませんから。

提案に対して「ちょっとだけ試してみよう」と思ってもらう。
そこぐらいまでの工夫であれば、結構できることがあるようです。


こうした工夫が役に立つのは、
指導、指示、依頼、勧誘、説得などが活用される
教育の場面、上司部下の人間関係、親しい間柄でのお願いごと、
親しい関係づくりに向けたお誘い、ビジネス上の交渉や営業…
などだけではありません。

言葉を受け取ってもらうかどうか、という観点でいえば
こちらの意図が相手の奥底にまで届いてもらいたいコミュニケーション、
つまりカウンセリングやセラピー、コーチングなどでも効果的です。

クライアントの苦しみを和らげるための「ねぎらい」、
クライアントに新しい物の見方を提示する「リフレーミング」、
クライアントの自信を高めるための「称賛」や「フィードバック」、
クライアントの内面に深く入り込むような「質問」。

こうしたカウンセリング技術でも、
こちら側の意図が空回りしてしまわないようにする工夫、
意図したとおりに反応してもらいやすくする工夫が可能です。

もっと身近なところでいえば、感謝の言葉1つとっても
相手の心への響きやすさが変わるはずです。

かなり幅広い範囲で工夫できる内容だろうと思います。


コミュニケーション技術というと、
傾聴や質問などに代表される「聞き役」としての技術か
話し方教室やボイストレーニングなどの「表現者」としての技術、
あるいは言語パターンなどの個別のテクニックが多いようです。

相手の解釈の仕方に合わせて
受け取ってもらいやすい伝え方を調整する
という発想に基づいた技術はマイナーかもしれません。

ですが、だからこそ工夫の余地が残っているとも言えそうです。

どういうメッセージにしたら受け取ってもらいやすいか。
どういう伝え方だったら気持ちを動かしてもらえるか。
どういう視点を追加したら一歩を踏み出してもらいやすいか。

そのあたりを
・相手を動機づけるのに必要な内容のレベル
・相手に合わせた些細な言い回しのレベル
・拒絶しにくい内容の組み合わせ方のレベル
・相手の心理的距離に入り込む非言語メッセージのレベル
などで工夫するトレーニングを予定しています。

一日で技術をマスターする趣旨ではありませんが、
工夫するためのポイントと手順を練習しますので
日常で心がけることで効果は出やすいものと期待しています。

心理的距離を心がけた非言語メッセージについては
講座中にコツを掴めば即効性もあるように思っています。

派手さのある技法ではありませんが
コミュニケーションに最善を尽くしたい方にはオススメです。

関心とご都合が合いましたら、どうぞお越しください。



◆録音/録画、再生機材に関しまして
講座全体の内容は、ICレコーダーやビデオなどで
記録いただいても構いませんが、あくまで
個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【セミナーの詳細】

≪コミュニケーション講座 〜受け取ってもらいやすいメッセージ〜≫

【日時】  2017年 8月20日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。








コミュニケーションやNLPのトレーニングを積んでから
他者の発言の意図を汲み取ることには慣れてきた気がします。

その視点でトレーナーをしていると、
セミナールームで起こっている会話の大部分から
発言の意図を推測することは可能だと感じます。

裏を返すと受講生同士の会話や
サポートメンバーからのコメントなど、
「意図を汲み取れはするものの、もったいない」形で
表現されたメッセージがあるようです。

せっかくの意図が空回りして伝わっていないケース、
言い回しの問題で相手から反発が出てしまっているケース、
表現された内容に誤解があって、すれ違いが生じるケース…。

相手のためを思っての発言が
意図した通りには相手に届かない。

メッセージを発した側も、受け取った側も
どちらも残念な状態かもしれません。

そういう場面でできる工夫があるんです。
それをやろうということです。

コミュニケーションの講座なのだから
そのあたりの技術も触れられたら良いのかもしれませんが…。
内容と時間には制約があるのも実情。

せめてこういう機会にやってみようかという話です。

人をサポートする立場の人、
何かを伝える場面のある人、
他者への影響力を高めたい人などはご検討ください。

本当は心がけてもらいたい気持ちもあるんです。
居心地の良さと関係する技術だと思いますから。

2017年07月29日

人というサービス

これまで札幌出張の時には、飛行機とホテルを別々で予約していました。

今回はツアーでセットの予約をしてみたんです。

そうしたら繁忙期にもかかわらず(繁忙期だから?)
別々に予約するよりも安価に収まる結果となりました。

普段だったら予算に収まらないようなクラスのホテルが
ツアーでセットになったときには、
むしろ普段よく使うホテルよりも低い値段で宿泊できたんです。

かなりお得な感じ。


しかもツアーにした場合、なぜかホテルごとの差額が小さくなるようで
普段利用のビジネスホテルとさほど変わらない価格で
大型の有名どころにも宿泊できるみたいです。

早めの時期に埋まってしまうのと、数が多くないのと、
キャンセルが効かないのと、先払いなのと、
飛行機の変更もできなくなってしまうぐらいが制約でしょうか。

ちゃんと予定が確定できて、不安定な要素を省くことができれば
問題なくお得な形の利用ができそうです。


今回のホテルは築年数の古い伝統的な有名どころのようですが
リフォームがされていたり綺麗に管理されていたりする印象で快適です。

部屋の広さやアメニティなどの点では標準的。
バスルームは広めで使いやすいものの、
これぐらいの規模は札幌ならビジネスホテルでも見受けられます。

収容人数が多いためレストランは広い。
とはいえ、朝食が豪華というほどでもない感じです。
もっと豪華な朝食のホテルに泊まったこともあります。

そのあたりに力を注いでいるわけではないんでしょう。

そう考えると、特筆すべきは人の部分。
働いている人たちのサービスが丁寧です。

アメリカだったら毎回チップを渡さなければいけないような
丁寧な対応を色々な人がしてくれます。

部屋数から考えれば従業員数も増えて当然かもしれませんが、
それ以上に人員に余裕があるように見えます。

話しかける候補が大勢いるんです。
そして手がふさがっていない。

接客のトレーニングも行き届いているようですし、もしかしたら
採用の時点からコミュニケーションを重視している可能性もありそうです。

とにかく人の対応が丁寧で、こちらが恐縮してしまいそうなほど。

人によるサービスに力を入れているんだと思われます。
こういうのをホスピタリティと呼ぶんでしょうか。

物や利便性とは別のところで、
「どのように人から接してもらうか」
というのも印象に強く残るものだと実感します。

思い出に残りやすそうです。
また来たいと思わせる要因として、人のサービスは大きいものかもしれません。

cozyharada at 23:28|Permalinkclip!コミュニケーション | NLP

2017年07月26日

無意識について考える難しさ

捻挫は思いのほかシッカリとやっていたようです。
まだ痛みがあります。

というよりも日によって強まったりもする感じ。

特に気にすることなく歩いてはいますが
痛みはずっと続いているような状態です。

ジムの運動をどうしようか迷い中。


さて、最近は今週末の札幌での講座に向けて
資料の準備で慌ただしくしていました。

無意識とのコミュニケーションがテーマで
トランスを扱いはするものの、メインは催眠ではない
という構成です。

催眠だけだったら催眠用語だけで伝統に従って進められますが、
「無意識とのコミュニケーション」というテーマとなると
催眠を利用せずに無意識レベルに働きかける部分が入ってくるので
もっと厳密に心の仕組みを理解する必要が出てきます。

ですから「そもそも意識・無意識とは何なのか?」を
理解するところから扱う必要がありそうなんです。

そのための資料がなかなか重厚な感じになってしまいました。

まぁ、2日間で扱う内容なので何とか収まりはすると予想していますが。
技術的な習得には時間がかかる分野だと思いますから
種植えが主目的のトレーニングになりそうです。


それにしても意識というのは本当にややこしい分野です。

哲学でも脳科学でも医学でも心理学でも、
同じ学問の中でも定義がバラバラだったり
違う概念について研究しながら議論が進んでいたりもします。

そこには主観的な体験としての意識を
客観的に議論する難しさがあるとは思われます。

が、それ以上に、意識についての考えを深めていくと
「そもそも自分とは何なんだ?」という不確定さが高まり、
これまで自分として当たり前にしてきたことが崩れそうな、
自分”の存在が脅かされる感じの印象が出てくる。

それがハッキリと自覚されなくても
なんとなく「この先は踏み込みたくない感じ」になったり
感情的な反発をして論理から外れしまったりして
純粋に客観的な議論が行えないこともあるように見受けられます。

意識ということが人にとって、あまりにも当たり前で
「意識」の感じが社会的に共有までされているからこそ
わざわざ理解しようとしなくなっているのでしょう。

そして馴染みのある意識のほうが当然のことだと考えるため、
意識の範囲外の「無意識」のほうを特別視して
無意識を何とかしようとしたり、理解しようとしたりする方向になる。

おそらく実態は、無意識のほうが当たり前なんです。
無意識こそがベース。
世の中のすべては無意識を土台にして進んでいる。

そこに意識という特殊な活動が加わって、
人の内面の活動を複雑なものにしている。

「意識」というものが苦悩を生み出し
人間を他とは違った特殊な存在にしているのかもしれません。

その辺を土台にすると、自然な無意識の状態に戻る時間、
つまり催眠やトランスそのものが
苦悩から離れ、心を楽にするということにも頷けます。

エリクソンが「無意識を信頼する」と言っていたもの
自然に委ねる感じを意味していたような気がします。

ちなみに、以前の僕は「無意識を信頼する!」と意気込んで
実際のところ「無意識に期待をする」ことをしていましたが…。

cozyharada at 23:00|Permalinkclip!NLP | 心理学

2017年07月22日

捻挫しました

ふとしたことで足首を捻挫しました。

階段を降りるときに数段分を勘違いして降りてしまって
足首を伸ばす形で着地してしまったようです。

で、右足首にグニッと体重がかかる。

とはいえ、痛みを感知した瞬間に体重を左足へ移し替え、
左前方に片足でジャンプするように移動したらしく、
そのまま右足首に体重をかけつつ転ぶまではいきませんでした。

そこはギリギリ堪えたところのようです。


しかし足首は腫れ、いわゆる捻挫の状態になった様子。

捻挫をしたのは小学校以来じゃないかと思います。

関節を捻ってしまうことぐらいはあっても
腫れるぐらいになったのは久しぶりです。

時間経過とともに回復はしてきている印象ですが
まだ多少の痛みはあります。

運悪く、捻挫の翌日から出張でセミナーの予定で
移動やら講座やらで負荷はかかったのかもしれません。

ひねってしまった当日は、体重をかけるのも怖い感じで
なんとなく足首が脆くなったような感じがしていました。

ちょっとでも横に重心が移るとピリッと鋭い痛みが出る感じ。

時間が経ったら痛みの程度が下がり、ジワジワと鈍い違和感、
ちょっと熱を帯びたような感じが続くようになりました。

足首の安定感は戻ってきているので快方かとは思われますが、
単純に一日のセミナーで負荷がかかった可能性もありそうです。

やはり安静にしておくのが大事なんでしょう。


以前、座禅会に参加したとき、準備体操で足首を回していて
自分の足首の動きが悪いことは自覚していました。

固さがあって、均一な動きにならない。
どこかで引っかかる感じがありました。

関節の固さ、支える筋肉・筋膜の固まり、
何よりも、足首を回す動作に対して意識が向いていないこと。

手首や指の動きと比較して、圧倒的に不器用な状態だったんです。

「これは日々のケアと運動で、
 足首を意識内に取り戻す必要がありそうだ」
と思っていたところでした。

そうは思いながら、取り立てて何もすることなく
(まぁ、ジムでエアロバイクぐらいは乗っていましたが)
相変わらずの生活を続けていたんです。

そんな矢先での足首の捻挫。
やっぱり未熟さの表れかと反省しました。

もっと足元も上手く操れるようになりたいものです。

痛みがなくなったら、リハビリと練習が大事になりそうなところ。

cozyharada at 23:33|Permalinkclip!全般 | NLP

2017年07月20日

枕探し

枕を買おうかと検討中です。

施術を受けたり、体のメンテナンスをしたりするようになって
姿勢が良くなってきた自覚はあるんですが、反面
枕が合わない印象が強まってきました。

もともと合っていなかったのに気づけなかったのか、
以前は合っていたのに姿勢の変化に伴って合わなくなったのか…。
とにかく枕への不満が高まってきました。

寝て起きると首が痛いんです。

身体の状態が良いと感じながら寝た日でも
次の日に起きるとやはり首が痛い。
これは勿体ない、と。


今の枕は柔らかすぎる気がしているんです。

その前に使っていたのも残っていますが、
こちらは固いもののチョット高すぎるんです。

姿勢の変化に伴って高すぎるのが負担になって
低い枕に変えたところ、柔らかさが合わない気がしてきた次第。

固めで低めの枕が欲しいと思っています。

低反発は沈み込んでしまって好きじゃないので
チップか高反発か、そのあたりが良い気がしています。

近々、デパートや東急ハンズなどに足を運んで触ってみるつもりです。

マニフレックスとかエアウィーヴとかでしょうか。
ちょっと高級ですが、毎日長時間使うものですので
費用対効果は大きいんじゃないかという期待。

もしかしたら意外と好みのものが見つかる可能性もありますし。

cozyharada at 23:05|Permalinkclip!全般 | 心理学
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
〜受け取ってもらう伝え方〜


【日時】 2017年8月20日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    304集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


詳細はこちら>>
次回開催は9/10 & 9/24の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード