2008年08月

2008年08月06日

内向型と外向型

血液型のようなタイプ分けとは違う考え方ですが、
人の特性を両極に分類して見ると特徴をつかみやすいところがあります。

例えば、情熱的と冷静というような特性は相反するところでしょうから、
同じ軸上の両極にあると見れば、その人の熱意を判断しやすくなるということです。

「冷静と情熱のあいだ」という小説が映画化されたこともあるようですが、
冷静100%の人というのは存在せず、情熱100%の人もいないわけなので
誰もが「冷静と情熱のあいだ」にいるのは間違いありません。
…まぁ、小説のタイトルが意味するところは別の内容でしょうが。

で、そういう特性の中には本人の意志で変えることが比較的容易なものと、
物凄く困難なものとがあるようです。

NLPでは、そういった個人の特性をメタプログラムと呼んで分類していますが、
どうやら膨大な数の分類ができてきているようです。
変えるのが容易なものも、困難なものも混ざっている印象を受けます。

プロファイリングのための個性の示し方として使うのであれば
そうやって分類して人のことを理解したつもりになるのも構わないでしょう。
ただ、よくよく内容を吟味してみると、
要素とは言えないような複雑な内容のものも混ざっているように感じます。

そうした特性は遺伝的な要因で決まるところもあるでしょうし、
生育過程で自然と身につけてきたところもあるでしょう。
魂が違うとかいう見方をする人もいるかもしれませんが、
どのような説明の仕方をするかよりも違いを受け止めることのほうが重要だと思います。

そして、そのような特性を自分で選択しながら、時として柔軟に変えていくこと、
これが大切なことではないかと思うわけです。

多くの特性は本人が意識できるものですから
知識として知っていれば状況に応じて逆方向の特性を発揮しようと
選択することも可能になってくるということです。


ところが、中には本当に無意識的な特性というのもあります。
極めて気づきずらい特性です。

その特性があることで生み出される表面的な傾向を
その人の特性だと思い込んでしまうこともあるぐらいに。
しかし、それは結果なんです。

もちろん、その結果として現れる特性でもって人を見ることも役立ちます。
が、それが根柢の特性だと判断するのは正確ではないだろうと思うんです。

そのような例に、意識の内向傾向と外向傾向の違いがあると考えられます。
誰かが言っていた理論というよりは実感として感じるものですから
何か別の呼び方をしている人もいるかもしれません。

メタプログラムにも「内向型」と「外向型」を分類するための
「関係性」という分類項目があって、似たところがあります。
これは「相手の非言語メッセージに注意が払えるか(外交型)、
自分に内側に気持ちを向けたままか(内向型)」という分類です。

その定義であれば意識の内向傾向と外向傾向と似ているわけですが、
メタプログラムとしてNLPで扱う時には過剰な情報が入ってきているのを感じます。

メタプログラムの内向型は「情報の内容にのみ反応し、感情を表に表さない。
他人の非言語メッセージに気づかない」というもの。
外向型は「他人の非言語メッセージに自然と反応し、うなずきが自然に出る」というもの。

そこまで詳しく説明されてしまうと、
僕には複数の要素が絡み合っている印象が感じられてくるんです。

つまり、「他人の非言語メッセージに自然と反応する」という特徴は
元の定義の「相手の非言語メッセージに注意が払えるか」という内容とは
一致していないように感じるということです。

このメタプログラムの説明には世間一般で言われる
「内向的な性格」「外向的な性格」という表現が混同されているように思います。
外向的な人は他人との関わりが得意だから相手の非言語メッセージにも
注意を払うことができるだろう、という発想が混ざっている気がするんです。

僕の考えでは、「他人の非言語メッセージに自然と反応する」人には、
「相手の非言語メッセージに注意を払った(外向)」結果として反応する人もいれば、
「自分の内側に気持ちを向けた(内向)」結果として反応する人もいる、となります。

「他人の非言語メッセージに自然と反応する」=「外向的」という結論は短絡的です。


意識の方向が外的になりやすいという傾向は、他人の言動に敏感だということです。
その傾向を活かして他人と積極的に関わり、
コミュニケーションを円滑に進めるタイプの人もいるでしょう。
世間一般で言う「外向的な人」というヤツです。

逆に、意識を自分の外に向け、他人の言動に敏感になった結果、
人の顔色を伺ってばかりで上手くコミュニケーションが取れない人もいるはずです。


その一方、意識の方向が内的になりやすく、
自分の内側に沸き起こる気持ちや身体反応に敏感な人は
自分の外側に意識を向けることが少なくなります。

そういう人が他人との関わりの少ない環境で生きてきたら、
コミュニケーションの際の緊張感や不安を感じ過ぎて苦手意識を持つでしょう。
世間一般で言う「内向的な人」というヤツですね。

逆に自分の内側に沸き起こるものに敏感な人が、他人との関わりの経験が多ければ
自分の気持ちを大切にしながら、他人を気にせず、あっけらかんとした
積極的なコミュニケーションをとるかもしれません。
世間一般では「明るい、活発、積極的、外向的」と言われるでしょう。


つまり、意識の方向と、コミュニケーションにおける特性は直結しないわけです。

本当の意味で「他人の非言語のメッセージに自然と反応する」人というのは
むしろ意識の方向が自分の内側を向いている「内向型」の人のはずです。

意識の方向が「内向型」の人が他人とラポールを形成し、ペースが合ってくると、
自分の内側にある身体反応を敏感に察知して、自然と相手に反応し始めます。

意識の方向が内側を向いているということは、目や耳で受け取る相手のメッセージは
無意識に処理されているわけです。
そこでペースが合っていると、相手のメッセージが自分の身体反応に現れてきます。
「内向型」の人は、それを敏感に察知できるわけです。

例えば、相手が悲しみに浸っているとします。
そのとき、意識が自分の外を向く「外向型」の人であれば、
「おや、どうもこの人は悲しそうな表情をしているぞ」と受け取ることになります。
反対に、意識が自分の内側に向く「内向型」の人であれば、
「この人を見ていたら、なんだか悲しくなってきた」となるわけです。

ただし、「内向型」の人が相手の気持ちを自分の身体を通じて感じるのは
相手とラポールが形成されているときに限ります。
ラポールができていなければ、悲しんでいる人を見て
「泣いている人の近くにいると困ってソワソワした感じが沸いてくる」となります。


そして、「外向型」の人が相手の非言語のメッセージを受け取ったとしても、
その結果をどのようにコミュニケーションに反映させるかは別です。
「悲しそうだ」と思って心配する人もいれば、自分には関係ないと思う人もいるわけです。

「内向型」の人は、相手とのペース合わせが上手く、ラポール形成に長けていれば、
相手の気持ちを自分の身体を通じて察し、自然な対応をします。
ペース合わせに慣れていなければ、自分の内側に籠りっぱなしになります。

いわゆる外向的な性格とされる、
他人とのコミュニケーションが積極的で他人の気持ちを察知できる、
という特性は、意識の内向・外向とは直接に結び付かないということです。

意識が内向しやすいか、外向しやすいかによって、
相手の気持ちを察してコミュニケーションするための方法が違うわけです。

なのに、そこを混同してしまいやすいのは、
それだけ意識が内向しやすいか、外向しやすいかという特性を
普段はあまり気にかけていないということを意味しているでしょう。


この特性を理解すると、コミュニケーション能力の磨き方にも違いが出てきます。
もちろん両方向で伸ばせれば、それに越したことはないでしょうが、
持ち味を活かすほうが早く上達しやすいわけです。

意識が外向しやすい人は、相手の表情や声から気持ちを察知するトレーニングをする。
意識が内向しやすい人は、ペース合わせの練習をして、
自分の身体を通じて相手の気持ちを察知するトレーニングをする。

その違いを理解しておくと便利ですね。

2008年08月04日

他人の中で

人は一人では生きられない。

そのことを正当化し過ぎると、誰かに依存的になってしまいがちな気がします。

一人では生きられないから、仲間が必要だ。
集団に属していると安心する。
他人から認められると安心する。

自分と同じだと思える相手を仲間と捉えるのかもしれません。
その前提には、自分と違うと判断する経験が必要だと思います。

生まれたての子供は自分と他人の区別がつきません。
全ては自分と一体だと感じる。
そこから自分と他人は違うんだと意識できるようになっていく。
それをアイデンティティと呼ぶわけです。


他人に認められたい。
分かってもらいたい。
愛されたい。
…そういう思いは、自分と他人が一緒だと思えるような、
他人の中に自分が受け入れられるような、
そんな思いであるように感じます。

それは他の存在との一体感を通じた安心感。

自分は自分であるとの認識は、ある意味で警戒心とも言えるわけです。
他と一体である安心感、安全であるといった感じを求めるのは
無意識的な作用なのかもしれません。

生まれたての子供が無意識のかたまりということとも通じるでしょう。


しかしながら、現実に他人は他人であって、自分を100%受け入れてはくれません。

他人に受け入れてもらう安心感に頼ることなく、
自分で自分を安心させられるようになること。
それが自立ということではないかと思います。

一人では生きられないことは分かった上で、
でも誰かに安心させてもらおうとはしない。

そのような自立ができてこそ、他人の存在を認められるようになると思うんです。
自分を安心させる存在として他人を利用しないで、
他人は他人として尊重できるようになるんじゃないでしょうか。

そうなって初めて、他人を仲間として受け入れられる気がします。


他人がいるから自分が安心できるのは依存的です。

自分が安心できるから、他人を受け入れられる。

僕の順番はそっちなのかもしれません。

2008年08月02日

なくさない

ミルトン・エリクソンは徹底的なまでに無意識を信頼していたと言います。

では、『意識』はどうでもいいかというと決してそんなことはなく、
人間の社会性を司り、人間の文化的生活を可能にしているのは
『意識』の重大な役割によるものです。

ですから、意識も大事、無意識も大事。
ただ、普通に生活していると無意識は放ったらかしにされやすいので、
多くの人にとって無意識を大切に扱うことが必要になるわけです。

無意識に意識を向けたとき、既に「無意識」という言い方では変になってしまいますが、
大切なのは「『無意識』という存在が自分自身を守っている」という考え方です。

無意識を擬人化し、そういうものがあるとして理解し、
人間はいつも無意識によって守られていると考えると都合がいいのです。
扱いやすいわけです。

NLPの創始者リチャード・バンドラーは時として過激な人物ですが、
あらゆる考え方を信じ込まないという点において素晴らしく合理的です。

バンドラーは正しいか、間違っているかよりも、
役に立つかどうかに指標として重きを置くように見受けられます。

『無意識』が自分自身を守っている、とか
自分の中には『パート』と呼ばれる分身のようなものがいる、とか
その仮説自体の正しさは無視して、利用しやすいかどうかで判断するわけです。

ある理論が80%の人に当てはまったとしても、目の前の人が残り20%の人であったら
その理論は目の前の人にとって役に立たないことは事実です。

人は皆、違う。
目の前の一人にとって有効な方法を活用する。
理論ではなく実用を考えたとき、その発想は重要なはずです。


そのように無意識を信頼する考え方が実用的に見て有効だと言えるのは、
何も深い心の悩みに限ったことではありません。

日常生活においても、無意識の性質を理解しておくことは役立ちます。

その際にポイントになる前提は、
「無意識にとっては、人の全ての行動に大切な意味がある」
という考え方です。

意識的に捉えると無駄であったり、嫌に感じるものであったとしても、
無意識の意味合いとしては自分にとって必要なものなんです。

それは、その行動そのものが大切なのではなく、
行動が持つ意味が大切だということです。

例えば、タバコを吸うというのは行動ですから、
無意識にとっては「タバコを吸う」行為自体が重要なのではありません。
タバコを吸うことの持つ意味が重要なんです。

タバコを吸うことで気持ちをリセットするのであれば、
無意識は気持ちのリセットを必要としていると考えるわけです。

別の例で言えば、食べ過ぎてしまうというのも行動です。
食べ過ぎること自体を無意識が必要としているのではありません。
食べるという行為が、親の愛情を確認するという意味を持っていたとしたら、
愛情を受け取りたくて食べ過ぎてしまうようになるんです。

それに対して、ダイエットのために無理やり食べるのを減らすと、
愛情を受け取ろうとして、別の行動が始まるものです。
体調を崩して心配してもらう、とか。


つまり、無意識にしている行動には全て大切な意味があるということです。
この考え方が実感として染みついてくると、世の中を見る目が変わってきます。

例えば、人前で話すときに上半身でリズムをとってしまう癖があったとします。
その癖を止めるために体の動きを無くすように頑張ると無理が出てくるわけです。
上半身の動きには意味があるからです。

しかしながら、人前で話すという行為だけを考えた場合、
上半身が動き過ぎると不安定に見えるから改善したいというケースもあるものです。
その時にも無意識における意味を考える必要があります。

その無意識の意味がリズムをとって快適に話すことにあるのなら
リズムを感じることが大切なわけですから、
別にリズムを感じられる行動を意識的にすればいいことになります。

具体的に言えば、目線の配り方にリズムを出すとか。
首から上だけを動かして、目線を動かす。
あまりキョロキョロしてもいけませんから、左側をリズムよく1、2、3、と3人見つめ、
それから右側で3人とアイコンタクトする。

そういうことをすれば、体でリズムを作り出すという無意識的な意味合いをカバーしつつ、
上半身が動き過ぎる癖に対応することができるわけです。


別の例で考えてみると、人前で話すときに体に力が入る人もいます。
緊張から肩に力が入る、というのもそうです。
それを抑えようとして、手を腰に強く当てるとか、片手でもう一方の腕を握るとか。

そこで力を抜こうとしても難しいんです。
無意識が力を入れているわけですから。

力を入れることの意味まで理解するには相応の取り組みが必要ですが、
「力を入れること」自体が重要だと判断できれば、
どこか別のところに力を入れて無意識の意味をカバーすることもできます。

例えば足先にそれを持ってくる、というのは非常に有効でしょう。
爪先で地面をギュッと握るように力を入れる。

すると逆に上半身の力は抜け、落着きとリラックス感、
そして下半身の安定感まで副作用的に表現することも可能になります。


無意識のメッセージを理解しようとすると、
ある規準において望ましくないような行動でも大切なことだと思えてきます。

すると、改善策の効果が変わってくるものです。

意識して何かをしている自分がいて、それが頑張ろうとしても上手くいかないのなら、
その努力は方向性を変えることが有効だということです。

頑張ることはできるわけですから、頑張る方向だけ変えればいいんです。

リズミカルな上半身の動きを止めようとすると難しいなら、
積極的にリズムをとる場所を作ればいいわけです。

体のどこかに力を込めていないと不安なのであれば、
足の指先に力をいれて地面をギュッと握りしめるようにする、とか。

そうやって、改善したい対象となる行動が持っていた意味を
別の行動で満たすように努力の方向を変えればいいんです。

こうしたやり方は非常に即効性があります。
というよりも、無意識の意味を無視したまま、新たな動きを練習しても
なかなか身につくものではありません。

「ここが良くない」
「ここをもっと変えたほうがいい」
そういう風に指摘するのは簡単です。

自分の知っている判断基準に照らし合わせて評価さえすればいいわけですから。

では、どうしたら変えられるのか。
一般的な学習法では、改善すべき点を意識してコントロールしていくわけです。

それはそれで重要です。
我慢する、制御する、といったことも社会性においては必要なことです。

ただ、ある要素は決して単独で存在していません。
何か他のことと密接に絡んでいます。

リズミカルな体の動きは、心地よいリズムで話すことと関係していたりするんです。
それなのに動きを止めてしまっては、話すこと自体に制限がかかってきてしまいます。

無意識の意味を考えて改善策を提示できれば、
「分かっちゃいるけど、できない」という事態を回避できるわけです。

エリクソンは積極的な指示を出すことも多くあったそうです。
それは行動療法的な「頑張ってやりなさい」という意味合いとは違います。

その人にとって自然で、とてもやりやすい行動を選んでいたんです。
相手の持ち味を活かし、無意識のメッセージに沿った指示だったんです。

無意識のメッセージを受け取れるようになると
他人の行動が違って見えるようになるのかもしれません。

おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード