2010年02月

2010年02月07日

三角形の構図

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵の中でも、特に僕が好きな1枚として
『聖アンナと聖母子』という作品があります。

好きな理由は、その構図の美しさと人物の表情でしょうか。

 画像はこちら。(http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~fujikawa/より)
 大きく見たい場合にはこちらも。(http://transnews.exblog.jp/3468627/より)

この絵の中では、羊と戯れる幼きイエスの姿を聖母マリアが抱えようとして
その様子を後ろからマリアの母・アンナが眺めている場面が描かれていると言います。

ですが、僕には何というか、その表情や振る舞いから
人の一生や成長の過程のようなものが感じられます。
…多分、それは僕がその部分に興味を持っているからというところがあるでしょうけど。

それが想起されるのは、全体像としての三角形の構図にも理由があると思います。
上に向けて進んでいく印象が感じられるんです。

その上向きの流れには、世代的・年齢的な進み方も重なります。


上に行くほど精神的、下のほうほど現世的というように見ていけば
 羊と戯れる幼い子供は「エゴ」の象徴、
 中央の母親は「セルフ」、
 上から見下ろす祖母の目線は「ハイアーセルフ」の象徴、
というようにも感じられます。

マズローになぞらえれば、
 羊が「生理的欲求」と「安全の欲求」という動物的な欲求の部分、
 母に抱えられようとする幼い子供が「所属と愛の欲求」を、
 祖母に見守られながら子供を抱きかかえようとする母親が「承認の欲求」を、
 そして、ただ全てを見守る祖母が「自己実現の欲求」を
反映しているようにも思えます。

人間の発達段階と照らし合わせても、
「他者からの承認を求めなくなって、ただ全てを愛で包みこめるような段階」
というのが想定されますが、聖アンヌのイメージは
まさにそんな様子のようでもあります。

そこで象徴的なのが背景の部分じゃないかと思うんです。
聖アンヌの顔の奥に見える荒涼とした光景。
それは寂しげで殺風景にも見えます。

全てを見守るという、その視点が持つ一歩引いた立ち位置は
ともすると、人との関わりを必要としない孤独な世界のようでもあるのかもしれません。
仙人が住む山のような印象。
荒涼とした山々からは、そんな孤独感に似たものも感じます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの描く絵の背景には
こうした荒涼とした世界が何度も登場しますが、
そこには彼の抱えていた心境が反映されていたのかもしれない。
そんなことを思ったりもします。

また、科学の目で世の中を眺めてきたレオナルド・ダ・ヴィンチの目線を
現世的な人間同士の関わり(母子の関係)を眺めている聖アンヌになぞらえれば、
人の生きる世の中を愛しながらも一歩引いて生きてきた自分自身の人生への
寂しさが表れているようにも思えてくる。

そう考えると、終生、彼がこの絵を手放さなかったことも分かるような気がします。

宗教的な意味合いを考える見方もあるのでしょうが、
僕には、この絵の中に込められた人の心が意識されてしまいます。

cozyharada at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

2010年02月05日

風邪を治すもの

最近、風邪を引いて熱を出したこともあって
解熱・鎮痛剤に関してインターネットで色々と調べてみました。
頭痛になる機会は風邪以外でも結構ありますので。

プロスタグランジンとかシクロオキシゲナーゼとか
学生時代に勉強した部分を復習したようで、チョット懐かしかったです。

いわゆる頭痛薬や、医者でもらう頓服薬に含まれる成分の効き目と
その作用機構を少し知ったので、薬局で頭痛薬を買うことになっても
これからは自信を持って選べそうな予感がします。

なんだか無駄に薬局に行って頭痛薬の裏書きを読んでみたくなる気分です。


今でこそ、風邪薬が色々な種類があって、
それぞれの成分に違いがあることも理解してきていますが、
幼少期には家に置いてある薬こそが「風邪薬」だったものです。

ウチの場合には、頭痛には「バファリン」、下痢には「ビオフェルミン」、
ヒドイ下痢は「正露丸・糖衣A」、風邪には「ルル」というのが定番。

バファリンもビオフェルミンも医者で処方されることもある薬ですが、
薬局に行くと色々な製品が置かれていることに気づきます。

僕は化学系で仕事をしていた時期がありますから
自然と医薬品の成分にも興味が沸いてきて、裏書きを読むのが当然になっていますが、
そこまで気にして薬を選ぶ人は一般的にあまり多くないのではないでしょうか。

持ち前の好奇心も手伝ってか、僕は色々な薬を試してみたりしますが、
僕の実家は相変わらず「バファリン」と「ルル」と「ビオフェルミン」です。

プラセボも考慮すれば、「頭痛には、この薬」と決まっているほうが
意外と安心して使えて、効果も感じやすいのかもしれません。

…ちなみに、僕のプラセボは、「成分的には、これが一番効くはずだ」と
 理由を考えて飲むことで初めて効果を発揮しているのでしょう。


風邪を引いたときに、どのように対処するかというのは
それぞれの家庭によって結構違うものだと思うんです。

我が家は、症状に合わせて市販薬を選び、
なぜかリンゴを食べることが多かったです。

お粥は好きでなかったので、消化に良いものとしては、うどんがメイン。
そしてリンゴ。

入院のお見舞いのイメージにもリンゴが付きまといます。

ビタミンCのことを考えれば、ミカンとかのほうが良いのでしょうけれど
僕の中では、風邪とリンゴは密接に関係したものになっています。

そして、もう1つが「生姜湯」でしょうか。
生姜の絞り汁に砂糖を加えて、お湯で割って飲む。

体を温める目的だったんだろうと思います。

レモン汁でも同じようにしていた思い出がありますが、
お湯を入れたらビタミンCは壊れてしまうので、生姜湯に軍配といったところ。

味はレモンのほうが好きでした。
懐かしいものですね。

そうした味も、家庭独特の風邪対策も懐かしいところですし、
何よりも、風邪のときに普段と違う対応をしてくれるのが嬉しかったものです。

生姜湯でも体が温まりましたが、リンゴでも心が温まったということろでしょうか。
恵まれていたと思います。


そんな思い出の生姜湯の味を思い返させてくれるお菓子がこちら。

ドライジンジャー


























見た目はオレンジピールみたい。
寿司屋のガリを甘くしたような味とも言えます。

そこそこ鮮烈な生姜の風味を楽しめます。

僕の場合には、小学校の頃の記憶が蘇ってきました。

2010年02月03日

セザンヌのリアリティ

セザンヌは凄い。

おバカキャラで有名なのはスザンヌ。
僕が言いたいのは、画家のポール・セザンヌです。

芸術家は一般的に、人が一般化の作用によって作り上げている
強調されたパターン記憶の特徴をサブモダリティのレベルで捉えるのが上手いですが、
セザンヌも例外ではありません。

(一般化で強調されるサブモダリティに関しては、ここでは省略しますが、
 「無意識に訴えかける特徴付けが上手い」というようなニュアンスです)

セザンヌの場合には、画面の中に遠近感を閉じ込めるのが圧倒的なようです。

といっても、一点消失をベースにしたような明確な遠近法が見て取れるようでもなく、
レオナルド・ダ・ヴィンチによって生み出された空気遠近法
(遠くのものが青白くボヤけて見える)を使っているのでもありません。

どちらかというと、ザックリした描き方。
リアリティを追求した細かい描き込みではありません。

でも、その画面には強烈な奥行きが感じられます。


それは認知科学的に解釈すると、人間が奥行きを感じるために利用している
見た目の特徴づけの仕方が絵の中に反映されているからと言えます。

遠近法というのは、まさにその奥行きを判別するために
人間が一般化して作り出した見分け方の基準を
平面である絵の中に反映させたものと考えられます。

セザンヌは、まさに自分の目の中に映った景色を
そのままキャンバスに移し替えたような描き方をしているように見えるんです。

その見え方のポイントは、中心視野と周辺視野の描き分けにあるはずです。

セザンヌの絵は、見ていると画面の中心に目がいくような動きを感じます。
自然と画面の中心を見てしまう感じ。
そこには画家の視界がそのまま表れているようです。

一般的に絵を描こうとすると、キャンバスの範囲を全て目で追いかけて、
部分部分を集めてキャンバス全体の絵が出来上がるものでしょう。
多くの画家の絵は、そのように描かれています。

つまり、一般的には画面全体を中心視野(視界の中心)で追いかけて
目を色々な範囲に動かしながら細部を描き込んでいく手順をとるわけです。
人物画を描くのであれば、手を描くときには手の部分に注目し、
首を描くときには首の部分に注目する、というように。

ところが、セザンヌは違います。
セザンヌの絵からは画面の中心だけに視点があって、
画面の周囲は周辺視野で見られたままに描かれている雰囲気があるんです。

まるで目に映った一瞬を切り取ったように。

セザンヌは、肖像画を描くときにはモデルが動くことを極度に嫌ったそうですが、
一瞬の視野に映った映像をキャンバスに移し替えるには当然のような気もします。


それが、どのような描き方に表れているかを考えるには
先に自分自身の視野に映るものに注意を向ける必要がありそうです。

普通、視野の中心はピントが合って、明るく鮮明に見えるはずです。
そして目線を動かさずに視野の端のほうに注意を向けると
周辺にいくほど映像はボヤけて形もハッキリしなくなり、
色も薄ボケた感じがしてくるものだと思います。

中心部に円に近い形でハッキリした領域があり、
それが放射線状に見ずらい領域が広がっていく感じと言えば良いでしょうか。

その中心視野と周辺視野の見え方の違いは、中心視野に意識を集める、
つまり何かを凝視するほど強調されてくるようです。
ズームインして見る感じにすると、他の部分と見え方が違うことに気づけるでしょう。

セザンヌの絵には、このような中心部と周辺部の描き分けがあるように見えるんです。

画面の中心を凝視するようにズームインしていくと、
画面全体が急に奥行き感を伴ってリアルに感じられてくる。

そして同心円上を広がっていくように不鮮明になっていく具合も
周辺視野での見え方を感じさせます。

セザンヌの絵は詳細には描かれていませんが、
視力の悪い僕がメガネをかけずに同じ景色を見たら
まさに絵の通りのような見え方をするのではないかと思えます。


特徴が顕著に出ているものを紹介します。

 ブログで他のサイトの画像を転載していいものか、僕には分かりませんので
 念のためリンクをはるまでに留めておきますから
 是非、リンク先の画像をご覧いただきたいものです。


まずは、こちらの絵
セザンヌが良く描いた「サント・ヴィクトワール山」です。
(http://www.mets-art.com/blog/2009/10/blog-post_12.htmlより)

山を見たくなるようですが、山よりも少し手前の画面中央に視点を合わせて
その部分を凝視してズームインするような気持ちになると奥行きが深まると思います。

僕の場合には、過去に自分が見てきた山の見える光景が自然に脳裏によみがえり
広大な景色を見たときに感じる胸の広がる感覚まで戻ってきます。

ある山の景色の中に、山の見える広大な景色に共通する特徴が盛り込まれているために
見ている人の中の景色の記憶が引き出されると考えられます。

そして、次がこちらの絵
「ペール・ラクロワの家」として知られる風景画です。
(http://jcapacity1.exblog.jp/i5/2/より)

これは、もう典型的なズームインの視点で描かれたものでしょう。
中央部に黒く塗りつぶされた窓がありますが、そこを凝視していると
その中を覗き込もうとしているような気分になってきます。

なんだか、その家の中にいる誰かのことを想っているような、
そんな雰囲気さえ感じられるのではないでしょうか。
画面の中の世界に吸いこまれていきそうな気がします。

どちらの絵も、画面中央部の色合いや明るさ、鮮明度が
画面周辺に行くほど微妙に落ちていくことが見て取れると思います。

ハッキリ見えている部分はハッキリと描き、
ハッキリ見えていない部分はハッキリと描かない。

このシンプルな描き分けが、現実的に我々が目にしている世界の見え方を
そのままにキャンバス上に移し替える技術だったんだろうと考えられます。


最近では、テレビゲームなどでプレイヤー目線の三次元スクロールのものがありますが
(「バイオハザード」シリーズの中にもあるようです。シューティングゲーム・タイプ)
これは、画面全体が中心視野のように鮮明になり過ぎているので
実際の見え方と違っている印象がぬぐいきれません。

どんなに画面に映り込む映像をリアルにしても、リアリティが無いんです。
画面が激しく動くと酔ってしまうような感じになるのも
全部が中心視野だけの鮮明な見え方で表現されているからです。

人間は目をスピーディーに動かすと、視野の中心部分は速く動いても
周辺部分は意外とゆっくりというか、動きが少なく見えるものです。
そういう補正が働いている。

本を読むときに目で文字を追っても、本の位置が上下して見えないのは
この周辺視野部分が動きにくいように補正されているからです。

プレイヤー目線をリアルに表現したいのであれば
画面に写る範囲を思い切って広げ、その代わりに周辺視野部分の鮮明度を落とす
というような工夫が効果的でしょう。

自分たちが、実際にどのように世界を見ているのか。
当たり前に見ているだけの状態では気づかないことに意識を向けられる人は、
描写できるもののリアリティが上がっていくはずです。

リアリティは、細かく描くだけで伝わるものではないんです。
細かさはリアリティを感じさせる要因の1つではあります。

リアリティを感じさせる要因をどのくらい盛り込んで表現できるかが、
見ている人に、その世界の中をリアルに感じさせるポイントなわけです。

2010年02月01日

大失態

えーと。
やってしまいました。
大トチリです。

Suica や免許証、健康保険証、それに諸々の会員証やポイントカードなどを入れていた
パスケースを紛失してしまいました。

前日ぐらいには使った記憶があったのですが、
気づいたら、いつも置いてある部屋の中に見当たらない。
出かけようとした時に、無いことに気づいたんです。

焦って探しましたが見つからず、仕方なく予定を変更して
とりあえず交番に遺失物の届を出しに行きました。

身分証明証として使えるものが数点入っていましたから
悪用されたりしないかと心配だったので、引き続き対処のために奔走することに。

とりあえず近くで対応できた健康保険証の再発行申請をして、
そのあとで江東区の運転免許試験場まで免許証の再交付に行きました。

出張の前で時間が間に合うかなどを計算して
バタバタしながらも何とか最低限のところまで対応をしたつもりです。


…と、ここまで冷静に対処したように書きましたが、
実際には内心落ち着かず、頭の中は目まぐるしく動き続けて
気持ちとしても不安や焦り、反省なども混ざっていたんです。

とにかく、自分にできる対処をこなすことに集中しているうちに
自然と気持ちは落ち着いてきますから、ひとしきりのことを終えて
自宅に戻ってくるころには、かなり気持ちの整理がついてきていました。
「やれやれ」といった感じでしょうか。

今後はパスケース無しでいくべきか、なんてことを考えながら
とりあえず直近で安全に配慮して財布などを持ち歩くために
カード類の整理などもしてみたあたりのタイミング。

「では、出張の準備でも…」と思って部屋の中を見たときに
椅子の上に置いてある座布団が気になったんです。
「そういえば、先日、座布団を外していたときがあったな…」と。

ガバッと座布団を取ってみました。
もしかしたら、座布団の下に挟まっていたのでは?と考えて。

そうしたら。

結局、何もありませんでした。


ただ、そのとき、黒いものが視野の端に入ったんです。
そこに目をやると、なんとパスケースが。

いつもの置き場所から転げ落ちていたようです。

椅子の肘かけの隙間に挟まっていました。

部屋の中にある可能性も考えて色々と探したつもりでしたが、
完全に盲点になっていました。
死角でもあったと思います。

まさに「やっちまった」感じの出来事ですが、
どちらかというと見つかった安心感のほうが大きかったでしょうか。

無駄足になった行動、無駄遣いになった時間と再交付費用。
バカバカしく感じる気持ちもありました。
それでも、ホッとして気分が楽になるのを感じました。


必死で探した時には見つからなかったパスケースが見つかったのは
死角になっていたところを別の角度から見れたからというのもあったと考えられますが、
それ以上に内面の状態が大きく関わっていると思います。

焦りと必死さに取りつかれたような状態では
視野は狭まり、部分的にしか見ることができなかったはずです。

もしかすると視野に入った時もあったかもしれませんが、
だとしても、その違和感に気づけなかったのでしょう。

それが、自分にできる対応を終えて、気持ちが楽になったとき
それまでとは違う冷静さと視野の広さとリラックス感を得ることができたようです。

そして、自分の内面に沸き起こった違和感に気づくことができた。
気持ちの変化があったから見つかったのだろうと思います。

保険証やら免許証やらを再発行して安心したから見つかったと考えています。
諦めずに頑張って部屋の中を探し続けていたとしても、
内面の状態が変わらなければ見つからなかったような気がします。


なんともお騒がせな出来事になってしまいました。
色々と反省する気分です。

古い免許証と保険証は、時期を見て返却に行かないといけません。
さすがに当日に行くのはチョット気がひけますので。

探し物が見つからずに焦っている自分に気づいたら、
誰か他の冷静な人に探してもらうのが一番早く探せる方法かもしれません。

「見つからない、おかしい」と感じた瞬間に
探し物に必要な内面の状態から離れてしまっているようですから。

おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード