2014年01月

2014年01月09日

弟子になるか

「〜の弟子」という肩書は、その師匠が有名なほど
世間一般では評判を得られやすいもののようです。

例えば、「ミルトン・エリクソンの弟子だった」といえば
その人自身ついての情報が全くないときでも
「ああ、あのエリクソンの弟子なのであれば…」
という想像を駆り立てるでしょう。

実際にどれだけの指導を得られたか、
どれだけのことを身につけたかは分かりませんが、
少なくとも、その師匠を間近で見てきたという体験談は得られますし、
何より、達人からは見よう見真似で影響を受ける部分もあるはずです。

ですから、専門的な技術を学ぶときに、弟子という立場は効果的だと思います。


その一方で、学問の世界でも有名な研究者の「弟子」という表現が使われます。

研究室の規模には差がありますから一概には言えませんが、
一般には学生の指導教官(研究のアドバイザー)という立場が「師匠」です。

大学で「〜の弟子」といえば、「博士論文の研究を指導してもらった」という意味。
最大でも数十人規模で研究室が運営されますから
それなりの近さで研究の指導をしてもらえると言って良いんじゃないでしょうか。

日本の場合は教授クラスになると一線で研究をせずに
学生に指示を出して取りまとめるスタイルになることもあるようですし、
海外でも教授の研究の一部を担当するだけという場合もあるそうなので、
そういうケースでは、まさに弟子としての下働きのような印象もあるかもしれません。

では何を指導してもらうかといえば、
研究の進め方であったり、論理展開であったり、実験的論証の方法であったり、
あるいは専門家としての豊富な知識からくるアイデアだったりするはずです。

このあたりは、とても重要だと感じます。
僕も研究職だった時期がありますが、成果そのものよりも
穴のない研究の進め方をできるかどうかは、研究者としての基盤でしょう。

しかし、こうした研究の基盤のトレーニングは
その指導教官が有名で、実績を出しているかどうかとは別問題です。

そうした基盤なしでは、どんなに斬新なアイデアでも
研究として形にすることができませんから、その部分の指導は欠かせない。

その一方で、『どういうアイデアを生み出すか』は指導できないと思われます。

つまり、その一流と評される研究者の弟子になったところで
同じように素晴らしい成果を出せるとは限らないわけです。

むしろ、その有名な研究者のアイデアを形にするための手足になったり、
その後継者として同じ方向の研究を続けていったりする可能性もある。

師匠のアイデアの延長線上でしか動けないかもしれないんです。


もちろん、研究にはお金がかかるものですから、
有名な研究者の弟子だと、潤沢な資金を使って研究ができるメリットはあります。
無名な研究室では、資金の面でやりたい研究ができないこともある。
この点は、有名な研究者の弟子になる意義の1つでしょう。

また、実験の側面が強い研究や、実社会への応用を意図した研究の場合、
研究者としての成果は、「実験が上手くいくか」によるところも大きいようです。

アイデアの斬新さよりも、それが実現できるかどうかが重要。
iPS細胞の最大の業績は、発想ではなく、「実際に作れた」ことだと考えられます。

役に立つ実験結果を沢山発表するほど、一流とされる研究分野もあるんです。
その場合には、有名な教授の研究室で業績を重ねるのはメリットになります。

多くの業績があるほど、どこかの研究所や大学で自分の研究をしやすくなる。
そのときには、自分自身が研究者として有名になるために
自分のアイデアで研究を始められることになります。

これは有名な教授の弟子になるメリットだと思いますが、
実際にそこまでの段階になったら「〜の弟子」という価値よりも
自分が研究者として残せた成果の価値のほうが高くなるわけです。

その意味では、「〜の弟子」を語る意味は薄れてしまうのではないでしょうか。


さらにこれが理論的な側面の強い分野、
…例えば、理論物理、理論化学、数学、あるいは心理学など文系寄りの分野
であれば、「弟子」の意味合いはもっと違ってきます。

ここでも研究の基礎は指導してもらうはずですが、
研究者として求められるのは、むしろ考えの打ちだし方のほうでしょう。

どういう風に理論を発展させるか、
今まで説明できなかったことをどのように実証していくか。

これは本人の思考として生まれてくる部分です。
技術ではありません。

可能性としては思考のやり方を指導できるかもしれませんが、
それを学問分野の研究者が「弟子」に対してやるとは考えにくいと思います。

つまり、「弟子」となる側の立場からすると期待しているのは
その有名な教授の理論に感銘を受けたので、それを詳しく勉強したい
という部分だろうと考えられます。

まず最初の動機は、知識レベルで「知りたい」というところにある。

もう少し進んだ場合には、
その理論を自分が発展させたい
という貢献の動機になるぐらい。

これがもし
「この理論は上手く説明できているが、ここに穴がある」
といった独自目線を持ち始めていたとしたら…。

これで「弟子」の立場を選んだとすると、
その有名な教授に研究を指導してもらいながら
その教授の理論に反論することになるわけです。

一般に、指導教授は学生の論文に自分の名前を連ねます。
言い換えれば、その研究内容に自分が賛同しているということです。

仮に学生が自分の理論の穴を指摘するような研究をやって発表するとしたら、
その指導教官は学生の考えを受けいれなければなりません。

不明瞭だった点を調べたぐらいであれば追加情報として発表できるでしょうが、
相反する内容だった場合には自ら過去の業績を否定しなくてはいけない。

教授の立場としてそれができるでしょうか?

既存の理論に反論したり、穴を指摘したり、新たな考えを提案したりするのなら、
その分野の有名な教授の「弟子」になるのは厳しいと思われます。

自分の考えを持ちながら、本当にその有名な研究者と関わりたいとしたら、
「弟子」になるのではなく、対等に議論し合える立場が必要でしょう。

学会で顔を合わせたり、論文を通して意見を交換したりする。
そういう切磋琢磨ができる「ライバル」になろうとするはずです。

理論的な側面の強い分野の研究者として
有名な人の弟子になるという選択には、
・よく知らないから、その分野の権威から知識を得たい、か
・尊敬する研究者の後を継いだり、その理論の発展に貢献したりしたい、か
のいずれかの動機が強い気がします。

どちらの場合も、研究者として自分の考えが生まれてきた場合には
「弟子」の立場を捨て、「ライバル」の立場に変わる必要がある。

弟子でいる限り、師匠に並ぶほどの画期的な成果は出せないかもしれません。


どのような分野であれ、学問の世界で「〜の弟子である」といったことは
あまり意味を持たないんじゃないかという話です。

学問の世界にいる限り、です。

一度その世界を離れ、世間一般に自分をアピールする必要が出てきたとき、
有名な教授の「弟子」だったという肩書が意味をなすんでしょう。

「きっとスゴイんだろう」という印象を与えるために。

2014年01月07日

書道の展覧会

今年も書道の展覧会に出品しました。

1月8日(水)〜20日(月)の期間に開催される
第62回独立書展

会場は六本木の国立新美術館で
時間は10時から18時です。

全部で2000点近い作品が陳列されます。

会員、準会員、一般・会友の3部門に分かれていて
僕は一般・会友のところです。

「会員」という言葉の一般的なイメージだと
入会さえすれば簡単になれそうな気がしますが、
書道の団体で会員になるのは大変なんだとか。

色々な作風で上位入賞を複数回した場合に、
やっと会員に推挙されるんだそうです。

その手前の準会員になるのでも、入賞の積み重ねが必要。

一般・会友の部では、独立賞、特選、準特選、秀作、佳作という賞があり、
毎年、会員のお偉方から選ばれる審査員によって評価が下されるとのこと。


僕が書道を始めたキッカケは、達人のモデリングをしたかった時期に
最も身近に達人から直接教わることのできるものとして書道があった、
というところにありますから、展覧会への思い入れはさほど強くありません。

むしろ、身近に達人の書きぶりを見ることができて、
そのやり方を模倣する機会が得られることが重要だったんです。

もちろん、技を習得するのも楽しいものですし、
「どういう風に筆を動かすと、どんな線質になるか」を
色々と試しながらコントロールできるようにするのも面白いものです。

字の形だけではない線の表現においても書の伝統に触れられるのは
僕にとって充実感のある体験なんです。

しかしながら、書道においては一文字の形や
そこに含まれる局所的な線質の美しさだけがポイントなのではなく、
全体の白黒のバランスにも「良さ」を決める重要な要素があります。

これに関しては、半紙に四文字程度を書くだけの日々の練習では
なかなか身につけにくいところがあるように感じていました。

そして、良い評価を得ている作品や、会員の部に陳列される作品には
この「全体感」がかなり重視されているように思えます。

僕は細かいところを気にする傾向が強いですし、だからこそ
達人のやり方の模倣を細かいところまで可能にしてきたつもりです。

筆使いや線質を再現するときの力の入れ具合など、
筆先の動きだけでなく体から細かいレベルで模倣しようとしてきました。

ところが、これが「全体感」を邪魔する傾向があったと考えられます。

細部に意識を向け、一文字の隅々まで注意を向けて字を書き上げると
全体の流れが途切れ途切れになりやすかったり、
文字のエッジがシャープになり過ぎて一文字ずつが切り離れて見えやすかったり。
あるいは縮こまった印象になることもあるようです。

そもそも審査は、かなり距離を置いたところから見て行われるそうですから
作品を仕上げる上では細かい部分の重要度は下がるはず。

ということで、今年は「全体感」を心がけて作品制作に取り組んだんです。

このような全体の白黒バランスへの考慮や
一枚の紙面としての印象のコントロールは、
普段の半紙の練習では出来ない部分ですから貴重な経験になりました。

先生からも全体感に対するフィードバックを貰いながら、
僕自身の細部へのコダワリの強さよりも
審査員が評価する全体としての印象を重視して
作品制作に取り組んだというわけです。

つまり、今回は
審査員の好みや評価対象を想定して
それに対応させる形で書いた
つもりだということです。

実際、これは僕の先生なら意図的に扱える部分のようですから
模倣して学ぶという意味でも、範囲を広げられたと思っています。


そして審査結果。

今年は準特選でした。

全体の2.3%。
準特選以上が4%ですから、一般・会友の部の930点中で
上位4%として評価してもらえたということ。

高く評価してもらえたとか、良い賞を貰ったとか、記念になるとか、
…そういった部分よりも、僕にとっては
「狙い通り、審査員の好みに合わせられた」
ということに満足感があります。

全体感を心がけて仕上げることで審査員の好みに沿ったものを書き上げる。
これまでには達人から学べていなかった部分を
今年は少し捉えることができたんじゃないかと感じています。

cozyharada at 23:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

2014年01月04日

走馬灯

年末年始の数日間、実家に行っていました。

去年もそうだったかは覚えていないんですが、
なぜか寝られない夜を過ごしました。

睡眠のリズムかもしれないし、環境の違いかもしれないし、
ノンビリし過ぎて疲れないからかもしれないし…
色々と理由は考えられますが、とにかく睡眠が浅い。

寝つくのにも時間がかかる上に、寝たと思っても1時間半ぐらいで目が覚める。
そしてもう寝つけない。

普段の生活では経験しないことでした。


どうも関係がありそうな気がしたのが頭の回転です。

普段と比べると聴覚的な思考の量が抑えられている感じがしました。
内部対話が少ない印象。

その一方で、内的体験として意識に上がる量が多い。

聴覚情報が少なくなっている分、視覚的に
色々なイメージが次々に沸き上がっているようだったんです。

そうしたイメージを引き出すキッカケになるものが
普段の生活状況と違うせいでしょう、
浮かぶイメージは過去の記憶が大半でした。

コミュニケーションや心の方面に向いている注意の度合いが
普段よりも低かったのかもしれません。
普段の生活では、見たもの、聞いたもの、体感したものを
様々な知識と関連づけて整理する作業を続けているんでしょう。

だから睡眠を通じて再編成すべき情報が沢山あるんじゃないでしょうか。

当然、思考として頭に浮かぶことも
心やコミュニケーションに関しての情報が多くなります。

それと比べると、”実家でノンビリ”という生活では
思考を進ませるようなキッカケになる体験が少ない。

つまり、新しい刺激が入っていないんだろうということです。
睡眠によって整理しないといけないことも少ないし、
起きている間にも思考として意識に上がるものも少ない。

「頭の働きが落ちている」というよりは
「新しいインプットがないために、頭を働かせる内容がない」という感じ。

逆に、見たり聞いたりして入ってくる刺激は
自分にとって懐かしいものばかりです。

過去の記憶を引き出すトリガーが沢山あるわけです。

外を歩いても、家の中にいても、両親と話をしても、
過去を思い出すキッカケになりやすかったんじゃないかと考えられます。

小学校に入る前のことから、学生生活、会社員時代まで
その頃の出来事や場面の記憶を引き出すものが沢山あったようです。

布団に入って頭に浮かんでくる視覚的イメージは
そうした懐かしい映像の洪水のようなものでした。

聴覚的な思考の量が下がっていたためか、
その分、視覚のイメージへの注意が上がっていたように思えます。

起きている間にも、うっすらとイメージの洪水は自覚されていました。
ハッキリと意識にあがって思い出される感じではないものの、
沢山の映像が流れているのが分かる感じだったんです。

それが夜、寝る前となると全部意識に上がり始める。
懐かしい思い出が早送りで同時に沢山流れていたのは、
そうしたことが関係していたのではないかと感じます。


新しいインプットがなく、思考の整理が進まない。
環境的にインプットの多くは過去の記憶を引き出すようなもの。
聴覚情報への注意が落ちて、その分、視覚に注意が集まる。
自然と引き出されていた過去の記憶のイメージが意識にあがる。

そして、その思い出のイメージの洪水が
まさに走馬灯のように頭の中を駆け巡っていたのでしょう。

寝つきの悪さや眠りの浅さには
新しいインプットが少ないことが大きく関わっていた気がしますが、
それに伴って、普段とは随分違った意識状態を体験していたようです。

ノンビリすることで気分転換されたものもあったとは思います。

それ以上に、僕の場合は新しいインプットが大事なんだと感じました。
それによって頭をグルグル使っている状態に馴染みがある。
これが快適。

思い出が蘇ってくるのは、暖かみのある体験です。

ただ、僕はもっと次の何かが欲しいみたいです。

cozyharada at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

2014年01月02日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2014年は、どんな一年になるんでしょうか?

どんなことが起きるのか?
どんなことをしていくのか?

どちらを楽しみにするにせよ、
これからの時間について気持ちを向けるところはあることと思います。


人生における時間をどのように捉えるかには
人それぞれ違いがあるようです。

NLPではこれをタイムラインと呼んで、線のようなイメージとして整理します。
時間軸を線として捉える、と。

ここで大きく2つに分けると、自分の人生の時間軸を
・時間軸上に立って、線の中に入っている(線の上にいる)ものとして捉える
・時間軸の線を横から眺めて、人生の移り変わりを眺めるように捉える
という違いが見えてきます。

前者をインタイム、後者をスルータイムと呼びますが、
これはタイプ分けではありません。

2通りしかないわけではありませんし、
その中間のタイプを追加して3通り存在するわけでもありません。

細かく色々な人のタイムラインを調べていくと、
それぞれはインタイムとスルータイムという両極の間で
アナログ的に皆、少しずつ違っていることが分かります。

完全に線の中に入り込んでいるインタイムの人もいれば、
片足だけ線の中に入っているような人も、
線のすぐ近くでナナメに線を眺めている人も、
ものすごく線から離れた場所から全体を眺めている人もいます。

喩えるなら、白と黒を両極として無限にグレーの濃淡があるようなものです。


一方、NLPの本には出てきませんが、実際にタイムラインを調べていくと
時間軸を「道」のように止まった線として捉えるか、
「(川の)流れ」のように動きのある線として捉えるか、
といった違いも見つかってきます。

これは、ただの見方の違いです。

新幹線に乗って東京に向かうとき、
車両に座っている自分からすると東京が近づいてきますが、
自分が東京へ移動しているという見方もできます。
相対性の問題だということです。

しかしながら、この相対性の違いは人生への全般的な態度に影響します。

道のように静止したものとして時間軸を捉えている人は、
自ら”道を切り開き”、”未来に向かって進んでいく”ように
積極的に自分の進む先を変えようとするようです。

一方、流れとして時間を捉えている人にとっては
”未来はやってくる”ものであって、起きる出来事に対してどう反応するか
といった部分に関心が高くなるように見受けられます。

どちらが良いとか悪いとかいうことではありません。
個性としての違いが表れる部分です。

「これからの一年をどのように”進んでいこう”」と思うのか
それとも
「これからの一年で”どんなことがやってくる(起きる)”のだろう」と思うのか。

新年で頭に浮かぶことにも、そんな違いがありそうです。

もちろん、どちらにおいても”望ましい未来にしたい”という願いは起きるようで、
どちらも自分の行動によって変えると考えられます。

未来への道を進んでいく場合であれば、歩き方や進む方向を変えることで
辿り着く未来が変わるというイメージになるでしょう。

未来が川の流れのように上流からやってくると捉える場合には、
自分の立っている場所や、どの流れの下流にいるかを変えることで
やってくる未来が変わるというイメージでしょうか。

いずれの場合も、望ましい未来に目を向けているわけです。
時間軸の先に存在するはずの望ましい未来のほうを見ている。

時間軸の”前方に目をやる”、と。

英語に直訳するなら「 look forward to 」。
そして「 look forward to 〜」は通常、
「〜を楽しみにする」という意味で使われます。

タイムラインと呼ばれる人生の時間軸上の望ましい未来に目を向けるのは
その未来を「楽しみにしている」感じと近いのかもしれません。


…そんなことを考えていると、
新年に抱負を立てることまでしなかったとしても、
望ましい未来のほうに目を向けることが、
これからやってくる未来を楽しみにしながら日々を過ごすのに
一役かっているような気がしてきます。

その望ましい未来が夢や目標として達成されるかどうかは分かりませんが、
毎日「次の瞬間を楽しみにしながら」今を過ごせるだけでも
悪くないんじゃないかと思います。

cozyharada at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!NLP | 全般
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード