2008年10月27日

好みの味わい

趣味とか、好きな事とか、最近の関心事とか、
初対面の時に聞かれることがありますね。

好みが合うと、人としても気が合いそうな印象があるのかもしれません。

僕はその人の何気ない行動を見ているほうが、相手を理解するのには役立つと思いますが、
人の行動から内面を知ろうとする習慣を持っている人は多くないのでしょう。

趣味や関心事についても、表面的な共通点探しとしてではなく、
無意識的な意味合いを考えるようにすると非常に面白いテーマになります。

無意識というものの性質を前提にしておくと、
人を見ていて飽きることは無さそうです。

そういう点で言えば、僕の趣味は人を見ることなのかもしれませんが、
僕の仕事の本質も同じく、人を見ることだと思っているので
明確に趣味とか関心事とかとは言えない気がします。

本を読むのも好きですが、小説とかではないので、文学ではなく勉強なんです。
それもやっぱり仕事と関連します。

僕の中で全ての情報は関連付けられて統合的なネットワークを形成していたいので、
趣味とか仕事とか切り分けるのが難しいのかもしれません。

体を動かすようなことも最近では少なくなってしまって
趣味らしいものから離れてしまったように感じていましたが、
関心事という部分ではありました。

飲食物です。

普段は意識しないので当たり前のままに過ぎてしまっていますが、
ふと最近気づいたんです。

気軽な食べ物、飲み物の好みが移り変わっている。
ブームというほどではないものの、変わるものなんですね。

僕は以前、コンビニのおにぎりは海苔がパリパリのほうが好きだったんです。
パンには見向きもせず、サンドウィッチなんて論外でした。
大学くらいまでだったでしょうか。

それがいつからか、おにぎり離れが始まってパンに移っていきました。
で、パンの中でも移り変わりがあって、サンドウィッチを好んだ時期もありました。

サンドウィッチの時期は短く、その後再び、パンを選ぶ時期が長く続きました。
たまに、おにぎりの時もありましたが、かなりパン寄りだったんです。

いつ頃からか、おにぎりでも手巻きタイプの
海苔がしっとりしたヤツを食べるようになりました。

この変化は意外と大きかったですね。
以前の僕の中では海苔がパリパリでないのは受け入れられませんでしたから。

しっとりした海苔にも慣れてくると、むしろ海苔以外の部分で
おにぎりの好みのバリエーションが出てきました。

ご飯の感じがポイントのようです。

海苔がパリパリじゃなくて丸い形のヤツとか、
海苔で巻いていない炊き込みご飯・混ぜご飯タイプのヤツとかのほうが、
ご飯がギュウギュウに詰まった感じがありますね。

あの歯ごたえが気に入っているみたいです。

最近はパンから離れつつあって、おにぎりを好み始めていることに気づいたんです。
海苔しっとりタイプの歯ごたえを求めているようです。
会社にいた頃は全然食べなかったのに不思議です。

飲み物でも、缶コーヒーを飲む機会が減ってきたのにも気づきました。

きっと無意識のレベルでは何か意味があるんだろうと思います。

おにぎりの無意識的意味は何となく気づきました。
「飲み込む」感じと「塩味」の感じが重要みたいです。
「満足感」とか「切り替え」とかに繋がります。
…不満に対する発散のアクションなんでしょう。


ちなみに、最近の食べ物の好みとして「干し梅」があります。

色々な種類の梅干しタイプのお菓子がありますが、
僕はセブンイレブンの「干し梅」の甘くないほうが好みですね。

もちろん、これも無意識のさせることだろうという予感はありますが…。
意識化させるのは止めておこうと思います。

cozyharada at 23:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード