2009年03月30日

4月の勉強会

4月の勉強会のお知らせ

こんどの勉強会は開催を迷っていたんですが、やっぱり行うことにしました。

4月末から5月初旬にかけてのゴールデンウィークのあたりで
予定が立ちにくい部分があったのと、多くの方のご都合を考慮して
開催を迷うところがあったんです。

そこで今回は、より密度の濃い実習をしてみようと考えました。
それぞれの方によって興味の対象は違うところだと思いますので
実習によって経験を深めたい部分を意識しながらフォローする予定です。

内容としては、これまでに扱ってきた技法的な復習と
理論の全体像を重ねるようにして体験学習をして頂きます。

一言でテーマを言い表すと「変化の技法」というところでしょうか。

人間がどのように生きて、どのように自分自身を形作っているのか。
そして、その自分自身を変化させるには、どういったアプローチがあるのか。

それは体系立てて説明できることです。

もちろん、一人一人の現状によってどのようなアプローチを選択するかは
異なってきますが、そこにはある程度の原則があるわけです。

NLPは、人間の変化に対するアプローチとして効果的な方法を示しています。
ただ、一般的に伝えられるNLPには方法があっても、
方法を用いるべき体系が示されていないところがあるようにも思えます。
また、その方法が何を狙ったものかも詳しくは説明されません。


今回の勉強会では、人の変化ということに対して
全体像としての理論的な枠組みを示しながら、
その上でどのようなアプローチを選択していくかという一連の流れを扱います。

この流れは全てのコミュニケーションに活用できるものだと考えます。
状況が違えばコミュニケーションの結論は変わりますが、
そこに至るまでのプロセスには共通する流れがあるんです。

相手との交流を通じて自分が何をするか。
その流れです。

例えば、職場の同僚が愚痴を言ってきたとします。
そこで起きるコミュニケーションのゴールを何に設定するか。
・相手の話に共感して、なぐさめて、気分を楽にしてもらうことがゴールになる場合。
・相手の話を聞きながら、悩みの部分をリフレーミングしてスッキリしてもらう場合。
・問題を明確にして、解決のための行動を考えてもらう場合。
・NLPのワークを使って問題を解決しようとする場合。
色々なゴールがあります。

もしかすると、その同僚が異性だったりしたら、人によっては
愚痴を聞くことを通じて仲良くなるのがゴールになるかもしれません。

コミュニケーションのゴールをどこに設定するかは相互の意図によって決まりますが、
どのようなゴールであれ、そこに至るまでの流れには原則があるということです。

一時的に気持ちが楽になるというのも変化の1つです。
二度と、そのことで悩みを感じなくなるというのも変化の1つです。
どの変化を目的に設定し、そのためのアプローチとして何を使うか。
そこが今回の勉強会のテーマと言えます。


その意味では総論的に様々な内容を扱うことにもなりますし、
それぞれの方法論同士の関連性や、どの方法をどういう場面で用いるか
という具体的な部分も扱うことになります。

コミュニケーションの技法として語られる多くの内容を
1つの流れの中に組み込むようなイメージと言っても良いかもしれません。

コーチングなのかカウンセリングなのか、傾聴なのかリフレーミングなのか。
流れの中で選択すべき技法を整理しようということです。

また、余裕があれば、NLPやコーチングとは違ったアプローチも紹介します。
家族療法的なやり方に近いはずです。


ということで、今回の勉強会では「変化の技法」ということをテーマにして、
・人の変化に関する理論的な説明
・コミュニケーションにおいて設定されるゴールとしての変化
・ゴールまでのコミュニケーションの流れ
・変化のための具体的な手法

のあたりを扱っていきます。

1つ1つの内容を丁寧に扱えば、かなりの時間がかかるものですから
総論的な雰囲気があるかもしれません。

だからこそ、その中での実習は密度の濃いものにしたいと考えています。

午前・午後いずれかのご参加も可能です。
全体像の説明は両方に組み込むようにします。
午前と午後では、詳しく扱う内容が異なるとご理解ください。

ゴールデンウィークの始まりの時期です。
新年度が始まったばかりでお忙しい方もいるかもしれませんし、
長期連休を取ってリフレッシュされる方、逆に仕事が忙しくなる方もいるかもしれません。

ご興味とご都合が合いましたら、是非お越し下さい。



※最近は多くの方からお申し込みを頂いています。
 定員を設けていますので、ご注意ください。
 定員を超える場合には先着順での受付とさせて頂きますのでご了承下さい。




詳細は以下のとおりです。



※勉強会の趣旨に関しましては
勉強会070725 ( http://rikei.livedoor.biz/archives/50205495.html )をご覧下さい。


【勉強会の詳細】


【日時】 4月29日(水・祝)

     ◆午前の部 10:00〜12:30  
     ◆午後の部 13:30〜16:30


     ★午前、午後いずれかのご参加も可能です。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅東口より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅北口より徒歩10分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)


【参加費】当日、会場にてお支払いください。
     
     ◆午前の部 ・・・4,000円
     ◆午後の部 ・・・5,000円  
     ◆午前・午後両方ご参加の場合 ・・・7,000円

    
    
テーマ: 『変化の技法』



*多くの方にご興味を抱いて頂けるようになってきましたので、
 学びの密度を考えて、一定数で募集を打ち切らせていただくことがあります。
 ご了承ください。



コミュニケーションを学ぼうとすると、特定の技法に行きつく。
コーチングであったり、カウンセリングであったり、セラピーであったり、
アサーションであったり、ロジカルシンキングであったり…。

それが現状のような気がします。

しかしながら、コミュニケーションは多くの場面で行われることです。
1つの技法は特定の状況で活用できる方法として生み出されたものです。

多くのコミュニケーション技法は専門家の方法なんです。

その中の特定の部分は、多くの場面で活用できる方法になるでしょうが、
どの部分、どの方法を、日常で活用すればいいかは
本人のセンスに頼ってしまっているところがあるようです。

もちろん、中にはそうした技法を、特定の場面で利用できるように
「〜のためのコミュニケーション術」というような方法を伝える人もいます。

そうした方法は親切ですが、応用性には欠けてしまう側面は避けられません。

コミュニケーションで大切なのは、場面に応じて
適切な関わり方を自分が選択するということだと思います。

そのためにも人が変化するプロセスを理解しておくことが重要なはずです。

人は誰かと関われば、関わる前には戻れないんです。
関わりがあれば、必ず何かの変化が起きるんです。

大きな変化が起きることもあれば、小さな変化が起こることもあります。
些細な変化が重要な時もあるんです。

だからこそ、自分が相手と関わるときに
どんな影響を与えるかを意識することも大切だというわけです。

コミュニケーションの目的意識をハッキリさせるためにも
今回のテーマは無駄にはならないのではないでしょうか。


参加をご希望される方はこちらのフォームに入力してください。
(*は必須項目です)


終了しました

トレーニングには色々あります。
無意識にアプローチする手法であれば、一度の取り組みで効果が出る場合も多々あります。
一方、話術や聞く技術のように、地道なトレーニングによって効果を発揮するものもあります。
この勉強会では地道なトレーニングが主体と考えていただいて良いかもしれません。


是非、お互いの頭を上手く利用し合いましょう。

今後、参加者のご様子を伺いながら、徐々にクローズドな会合にしていく方針です。
ご興味がおありの方は、お早めに一度ご参加下さいますことをお勧めいたします。

いずれの回からのご参加でも、初めて起こしになるときはお試し価格を適用いたします。
その旨をお伝えください。


また、お気軽にお友達やお知り合いをお誘いいただけると喜ばしいです。
学びの幅が広がるとともに、勉強会が新たな学びの機会となっていただけることを
心から願っているためです。


【その他のご連絡事項】
ご自分の学びのアウトプットとして、勉強会で発表したいことがある方は
申し込みフォームの「ご意見など」の欄にご記入ください。
お時間などの相談をさせていただきます。


勉強会の最中には、質問をお気軽にドンドンして下さい。
話題を遮っていただいて構いません。

その時によって、どんな情報が関連して出てくるかは分かりません。
質問に答える側としても、その時間は非常に有意義なものです。

また、テーマに関して事前にご関心の強い点がありましたら
申し込みフォームの「ご意見など」の欄にご記入ください。

調査して勉強会にあたります。



それでは当日お会いできることを楽しみにしています

cozyharada at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!セミナー情報 | NLP

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード