2010年02月09日

本物らしさ

名古屋出張も、かなり馴染んできた感じがあります。
土産物コーナーを見ていた時期が懐かしい。

それでも土地ごとの味というのは興味深いもので、
名古屋らしい食べ物には今でも少し心が引かれる部分があるようです。

名古屋に来たから名古屋名物を食べようという観光気分とは少し違う感じです。
なんというか、普通に選択肢の一部として組み込まれている印象。

それはフランチャイズの店であっても、コンビニであっても同様で、
興味を引かれたものを手に取っている気がします。


そんな中、先日コンビニで見かけた商品がこちら。
小倉バター味の飴です。

小倉バター





















名古屋といえば「小倉マーガリン」発祥の地ですから、
それと似たような雰囲気でしょうか。

小倉あんの味とバター飴の味が混ざった感じです。

まぁ、良くも悪くも予想通り。
僕にとっては、いたって普通な味わいでした。

強いて言うと、バターの風味というのはマーガリンよりも強いらしく
ちょっと脂っぽい匂いが好みではないかもしれません。

小倉あんは「生どら」に代表されるように生クリームとも相性が良いので、
バターよりもミルク感が強いほうが好きな気がします。

目を引くデザインと、チョット意外に思える味の組み合わせで
名古屋土産としては良さそうです。

今まで一番ビックリしたのは「手羽先風味キャラメル」でしょうか。
手羽先の匂いと甘辛いタレの味とピリッとした黒コショウの風味が独特でした。

多分、小倉バター飴も、キャラメルにしたらクオリティが上がるように思います。
小倉あんの味を再現するには堅い飴は不利な気がするので。


香料と調味料の組み合わせだけで、何かの味を再現するのは難しい作業なんでしょう。
おそらく本物よりも本物っぽくしないといけないでしょうから。

本当に手羽先と同じ味わいで、同じ歯ごたえのガムか何かを作ったら
きっと不満のほうが大きくなってしまうと思います。

そのものの特徴は、本物よりも強調されて印象に残るものです。

本物っぽさを感じさせる要因をピックアップするセンスと
全体の味わいのバランスを取るセンス。
両方が求められるわけです。

似顔絵で人を感動させるのに近い難しさがあるような気がします。

cozyharada at 22:55│Comments(0)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード