2010年02月21日

味のキッカケ

駄菓子屋でお馴染み「チェリオ」のライフガードに新製品が出たようです。
「ライフガード・ブラック」。

ライフガード


























これまでのライフガードは「オロナミンC」などの栄養炭酸飲料に近い味でしたが、
この「ブラック」は全くの別物。
コーヒー味の炭酸飲料です。

ただ、コーヒー味というのは正確ではなくて、
炭酸のジュースにコーヒー風味を追加した感じ。

コーラとコーヒーを混ぜたような味なんです。

僕にとっては懐かしい味わいでした。


今から10年近く前、プロ野球・西武ライオンズに
カブレラという野手が入団しました。

入団一年目から50本近いホームランを打ち、
二年目にはホームラン55本で本塁打王(年間最多本塁打タイ記録)、
三年めにも50本という華々しい成績を残しました。

今も日本でプレーをしていますが、全盛期ほどではないにせよ、
安定した成績を残し、ドーム球場の天井に打球を当てるパワーは健在です。

そのカブレラが名前を轟かせていたころ、
スポーツニュースで彼の生活パターンなども取り上げられていたんです。

カブレラの出身地はベネズエラ。
カリブ海に面した国です。

で、このカリブ海のあたりでは、ポピュラーな飲み物として
コーラとコーヒーを混ぜたドリンクがあるという話を見たわけです。

カブレラは、コーヒー&コーラ・ブレンドが好きだと。

で、味覚の好奇心が旺盛な僕は、それを実際にやってみました。
コーヒーにコーラを混ぜる。
半分ずつぐらいを中心に、比率を変えながら試しました。

口に含んだ感じはコーラに近いんですが、口の中に広がる匂いはコーヒーのもの。
後味はコーヒーをメインに、コーラ特有の香料が追加されたようになります。
この後味はチョット癖がある感じ。

なので、コーヒーが3割、コーラが7割ぐらいの比率が飲みやすいと思います。


このライフガード・ブラックを飲んだとき、
当時に味わったコーヒーとコーラを混ぜた飲み物を思い出しました。

そして、それを飲んでいた場所、コップ、そのときに一緒に過ごしていた人たち…。
多くの記憶が蘇ってきます。

顔も名前も声も、意外と覚えているもんですね。
今は何をしているのだろう、なんて思ったり。

このような記憶の繋がりのことをNLPではアンカーと呼びますが、
アンカーは嗅覚で強く起こりやすいと言われます。

嗅覚が原始的な感覚だとか、他の感覚刺激とは情報処理のルートが違うとか、
色々な特徴が説明されていますが、アンカーが強く形成されやすい理由としては
いささか説明が不十分な印象を受けます。

僕自身の実感としては、アンカーとして特定の記憶を引きだす作用が強いのは、
その感覚情報の記憶が意識化されていない場合ではないかと考えています。

自分で触った触覚刺激でアンカーを作ったり、
特定の音楽で意識的にアンカーを作ろうとしたりしても、
意外と難しさを訴えるケースがあるんです。

それに比べると、日常生活の中で普通に出来てしまっているアンカーのパターンは
BGMや何かの匂い、ある背景の景色など、
意識の前面に上がらずに関連情報として整理されたものであるケースが多いようです。

おそらく、正確にはアンカーが成立しやすいかどうかよりも、
意識が向いている感覚情報とアンカーされた記憶は
意識的に思い出すプロセスと似た印象を感じやすいために、
「アンカーで記憶が戻ってきた」という感じ方になりにくいのではないでしょうか。

常日頃は意識していないような感覚情報を受け取ったときに、
ふと、それに関連していた記憶が蘇ってくるということです。

普段は意識してないから、予想外の記憶が出てきて不思議な感じを味わう、と。

一度ある記憶を思い出せたら、その周辺にある記憶は引き出しやすくなるはずです。
山口にいた頃の景色が頭の中に次々と浮かんできます。

随分と変わっているのかもしれませんね。

そういえば、「パレス愛」というホストクラブみたいな名前のホテルがありましたが、
今はどうなっているんでしょう。

色々なことを思い出して、チョットしんみりした感じになりました。

cozyharada at 01:35│Comments(0)TrackBack(0)clip!NLP | 全般

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード