2010年09月10日

痛烈なメッセージ

今の住居は壁が薄いんだか、窓が音を拾うんだか、
外の話し声が鮮明に聞こえてきてしまう場所です。

小道を挟んで向かい側には居酒屋が二軒。
どちらも深夜3時ぐらいまで営業しているので
真夜中でも酔っ払いの話し声が耳元で聞こえてくるような感じになります。

わりと住宅街の部類でしょうから、大通り沿いのような車の騒音や
線路際のような電車の騒音などは少ない。

しかしながら、道を歩く人たちの話し声は、まるで部屋の中で話しているかぐらいに
鮮明に、かつ大音量で拾われてしまいます。

となりで話し声がすると本を読むのに集中できなくなる僕としては
この環境は何をするにも不便だったりします。

朝は、5時・6時ぐらいから散歩を始める高齢者たちの会話が聞こえ、
しばらくすると通学の小学生の賑やかな叫び声が聞こえる。

そこから後は、合計4社ぐらいの不用品回収業者の車が
スピーカーを使ってグルグル走り回ります。
そんなに毎日、不用品は出ないもんだと思うんですが…。

そして夕方になると小学生の下校が始まり、居酒屋タイムと重なっていきます。

決して、つねに声が聞こえているわけではなく、
賑やかな時間帯の中でも静かになっている時はありますが、
「この時間帯は絶対に静か」というのが24時間のうちに、ほとんど無いんです。


そんな中で、よく聞こえてくるのが小さな子供の泣き声。

生まれたばかりの子供から、小学校低学年ぐらいまででしょうか。

数年前までは、泣き声に対して、あまり注目をしていませんでしたから
「泣いているなぁ」と思うだけだったり、
忙しければ「ウルサイなぁ」と思ったり、その程度でした。

どんな泣き声も「泣いている」のに違いを意識していなかったんです。

それが最近は、コミュニケーションと向き合う量と質が高まってきたことと、
実際に泣き声そのものを耳にするケースが増えてきたことで
泣き声の違いで受け取るメッセージが変わってきました。

小さい時期の泣き方は、意外とシンプルに聞こえます。
というよりも、細かい差でメッセージに違いがあるんでしょうが
表現の仕方としてはストレートな印象があります。

また、小学校に入るぐらいの時期になると、色々と分別も付き始めているでしょうし、
言葉を使った意思表示が上手くなってきているからだろうと推測されますが、
泣く機会そのものが減ってくると考えられます。

そして、そういう時期で泣くとなると、意味が限られてくる。
ここもシンプルなメッセージに感じられます。

大人に近づいていくにつれて、泣くことの意味も
大人のものと同じになっていくようです。

以前に目撃した小学校一年生ぐらいの男の子は
自転車で張り切った感じの曲芸に取り組んでいました。
お母さんに見てもらおうとしていたように見えました。

そしてコケた。
かなり酷い転びかたで、骨や関節の柔らかい子供だから骨折せずに済んだような状態。

痛みと驚きで泣いたんだと思います。
それは少し精神年齢を戻って、小さな子どもとして母親を呼ぼうとするようでした。
いたってシンプルなんです。
「痛い、怖い、不安だ、助けて」
助けを求める感じでした。

ところがこれが、もう少し幼い時期、
生まれたばかりでもなく、小学校に上がるほどでもない、中間の頃になると
事情が異なっていることが多いみたいです。

もちろん、話すことはできるようになっている時期ですが、
自分の内側に沸き起こる状態を言語化するのに慣れていないと考えられます。
それが衝動的なほど、言語よりも非言語のメッセージに表わしてしまいやすい。
動物的な反応になりやすいということです。

同時に、様々な知恵もつき、体も発達して
色々なことが自分で出来るようになっていますから
多くのことを思い通りにしたいというワガママな感じが高まります。

ワガママになり始めるのは、再接近期と呼ばれる2歳ぐらいで、
そこから色々と我慢をすることを通じて、意識で自分をコントロールするという
社会生活に必要なルールへの順応を学んでいきます。

小学校に入るぐらいになれば、一般的にはコントロールの度合いが高まってきますが、
その前、社会性を学んでいる時期に我慢をしている感じが常日頃から蓄積していたり、
家庭の要因などで不満が蓄積していたりすると、
ふとしたキッカケでワガママっぷりが再発動するようです。

どこかに頭をぶつけたとか、ちょっと嫌なことがあったとか、
そういうときに近くにいる親に対してメッセージを発信するんです。
同時に複数を。

ひとつは単純に、ぶつけたときの痛みへの反応でしょう。
小さい頃に泣いていたときと同じ、そして、
小学校になってからでも泣くときのパターンと同じ部類の反応です。
「痛い、怖い、助けて」というもの。

この我慢を覚えている時期の子供でも、一人でいるときであれば
同様のシンプルな泣き方をして親の元へ帰っていくのかもしれません。

ですが、親がいる前だと事情が違うみたいです。
そこに強烈な「不満」のメッセージと、
親を「自分の思い通りに動かそうとする」ワガママなメッセージが加わります。

時折、声を強く出しながら、駄々をこねるような泣き方と言えばいいでしょうか。

外から聞こえてくる、その種の泣き声は、まるで
「もっと心配しろよ、もっと大事に扱えよ、安心させろよ、バカ」
とでも言っているかのように感じられます。

泣いているんですが、親を責めている雰囲気があるんです。


この他人を責めるメッセージが、間接的な形で表現されているというのは
受け取る側としてみると不快なことが多いんじゃないでしょうか。

別に、僕に向けられた非難ではないんですが、
そのメッセージの質そのものは心地良くはありません。
騒音に対する不満とは違った種類の感じが出てきます。

おそらく、子供が痛みを感じて泣き始めた瞬間に
親が「関心を向けている」というメッセージを伝えていれば
そこまで非難めいた泣き方にはならなかったんじゃないかと思います。

そこですべき理想の対応というのは、存在しないはずです。

仮に、そういう小さなトラブルの場面で、親がいつも気持ちを汲み取ってくれていたら
その子供は、そういうものだとして学習していくでしょう。
大人になっても、トラブルの場面で誰かの助けを期待するかもしれません。

仮に、親が「頑張れ、泣かないの!」と言っていたら
その子供は、自分の力で頑張り、他人には頼らないということを続けるかもしれません。

全ての対応は、ある部分では不完全なんです。
それは仕方ないところでしょう。

だからといって、好き放題に泣かせっぱなしにされると
それを聞かなくてはいけない立場の側からすると、困りものですけど。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード