2010年12月14日

次の模倣へ

作品を提出して一区切りつけたので
別の古典を臨書することになりました。

こっちが、これまでやっていたもの。

福而長今































そして、これからは、こういう感じを練習することになります。

夏候泰初






























筆の使い方には共通点もありますが、
違う雰囲気を出すのは楽しいものですね。

しっかりと基本を身につけたいところです。
底に流れる共通点が、受け継がれてきたものだろうと思いますから。

幅を広げつつ、中心にあるもののトレーニングを続ける。

古典の臨書をするというのは、妥協のないモデリングに近いのかもしれません。

尊敬する誰かをモデリングしようというときに限って、
自分が尊敬する好きな部分ばかりを真似してしまいがちです。

部分は、部分として存在しているのではありません。
全体と繋がって意味を持つんです。

古典を模倣する臨書では、出来る限り細かく真似しようとします。

出来る限り同じことを経験して、
自然に自分の中で抽象化された技術が洗練されていくのを待つ。

そういった学び方も有効だというのを実感します。

効率的ではないかもしれませんが、
いつまでも意義のあるトレーニングだと思います。

カウンセリングを学ぶというのであれば、
傾聴のセミナーに出るのではなく、
ロジャースのビデオを徹底的に研究するということでしょうか。


まぁ、実際には僕の場合、先生の筆使いを通して学んでいるわけですから、
新たな達人の歴史が吹き込まれたものを体験していることになります。

徹底的に古典の臨書をした達人の中には
先人たちの歴史が結晶化しているんだろうという気がします。

その結晶を学びつつ、古典を学ぶ。

抽出されたエッセンス、
過去の偉大なオリジナル、
両方の組み合わせが、技術を磨くのに大切でしょうという話です。

cozyharada at 23:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!NLP | 全般

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード