2011年04月24日

スライト・オブ・マウス

以前に、「スライト・オブ・マウス」と呼ばれる言語パターンについて
概略とベースになる発想を説明しました。(スライト・オブ・マウス

話し手の中で「思い込み」として一般化された考え、つまり
その人にとっての経験則を「ビリーフ」と呼び、
その「ビリーフ」の思い込みの強さを弱めていく趣旨と言えます。

凝り固まった思い込みを緩める、というのがポイントです。

ですから、凝り固まっていない相手に使っても効果が薄いことがあります。
一瞬でビリーフが変わって人生が一変するということも、
滅多に起きることではないはずです。

凝り固まって柔軟な発想ができなくなっていたときに
ふと、それが緩んで、今までにない考えが生まれる。
そういう効果は期待できます。


スライト・オブ・マウスはパターン集なので、
適用するための型が求められます。

基本は「因果」の形です。

「因果」とは、「〜すると…になる」という形。
「〜」が原因、「…」が結果です。

「等価」でも良いとされますが、根底にある発想は
「因果」が強調されると「等価」になるというものです。

「等価」は、「〜とは…ということだ」という形。
「〜だということ」と「…だということ」を同じと考えるものです。

例を挙げると
「遅刻をされると、粗末に扱われた気がする」が「因果」の形で、
「遅刻してくるのは、私を粗末に扱う行為だ」が「等価」の形。

等価のほうが、発想が強調されているというか、
より凝り固まっているというか、決めつけの感じが強いわけです。

両者の違いは、その強さの程度であって、
意味する中身の元は「因果」のほうにあるのですから、
型としては「因果」に揃えたほうが無難でしょう。

「因果」の形に整えた言い回しに対して
スライト・オブ・マウスのパターンを練習するのが標準的だと言えます。


ということで、今回は「因果」の例として
 『好きなことをすると、お金にならない』
という言い回しに対して
14パターンの例を挙げてみます。

個別の詳しい解説は後ほどにして、まずは
どんなパターンで介入するのかというのを紹介する、ということです。

『好きなことをすると、お金にならない』の意味合いとしては
仕事に関しての話の流れを想像して下さい。

言い回しは「因果」の形になっています。
(ちなみに、この言葉はセミナー中に出てきた例です)

これに対して、スライト・オブ・マウスは14パターンの発想で
言語的な介入を行います。

僕が考えた例は、以下のようなもの。



 〜『好きなことをすると、お金にならない』に対して〜


1.意図
 「生活のためにはお金が大切でしょうが、
  お金がないと好きなこともできないのではないですか?」



2.再定義
 「多くの人からもらう感謝の印
  収入につながるのではないでしょうか?」

   (「お金」→「感謝の印」と再定義)

 「同じ仕事内容ならば、イキイキと取り組む人に
  依頼する人は多いものだと思いますよ。」

   (「好きなことをする」→「イキイキと取り組む」と再定義)


3.結末
 「この後、仕事を受ける時間を考えたら、その考えが
  残りの人生をつまらなくしてしまうのではないですか?」

 「お金が足りなくなると、
  いずれ好きなこともできなくなるかもしれませんよ。」



4.チャンクダウン

 「好きじゃない仕事の中には、好きな部分は少しもありませんか?」



5.チャンクアップ

 「自分の気持ちに従うと、
  思い通りにいかないということが多いですか?」



6.類推/喩え(アナロジー)

 「お金は水の流れに似ていますね
  雨が沢山降るときもあれば、日照りが続くときもある。
  川の水が少なくなったら、どうしたら良いと思いますか?
  雨を祈りますか?
  誰かがダムを開くのを待ちますか?
  ダムを開くように頼みますか?
  下流をせき止めて水かさを増しますか?」

 「お金の流れが川の流れだとしたとき
  あなたの理想の川はどんな川でしょうか?
  水が多くても、よどんだ川でしょうか?
  荒れ狂うような濁流でしょうか?
  それとも綺麗な小川のせせらぎのようなものでしょうか?」



7.フレームサイズを変える

 「あなたが好きなことをすることで幸せになった人達は、
  将来あなたに豊かさを返してくれる気がします。」

   (時間のフレームを変える)


8.別のアウトカム

 「大切なのは、お金を沢山もらうことではなく
  お金を役に立てることでしょう。」



9.世間のモデル

 「世の中の大金持ちの多くは、たとえばスポーツ選手など、
  好きなことを仕事にした人達だと思いませんか?」



10.リアリティ・ストラテジー

 「『好きなことをすると、お金にならない」』というのは、
  具体的にどんな過程で起きるのですか
  好きな仕事をするときには、経費がかさんでしまうのですか?
  それとも、単価の低い仕事のほうが、
  あなたの好みに合うということですか?
  あなたの好きなことは世の中に人気がなくて、
  ニーズがないということでしょうか?」



11.例外

 「好きな仕事で良い収入をもらった経験は一度もありませんか?」



12.価値基準の階層

 「お金を稼ぐことよりも、幸せを感じられる日々のほうが
  大切じゃないでしょうか?」



13.それ自体への適用

 「好きなことなのに好きなようにできないなんて、つらいでしょうね。」

 「厳しい言い方をすると、それは少し貧しい発想のような気がします。
  豊かな発想で仕事を考えたとき、
  何かアイデアは出てきそうにはありませんか?」

  (「お金にならない」→「貧しい」)


14.メタフレーム

 「悩みとして抱えることは、乗り越えられる課題なものです。」



それぞれの詳しい解説は、またの機会にします。

スライト・オブ・マウスをリフレーミングと一緒にするのは
少し乱暴だと思いますから、元の意味を尊重しながら考えました。
むしろ、上の例ではリフレーミングになっているものは少ないはずです。

リフレーミングをすると、例えば
 「お金には変えられないものを得ているからこそ
  その仕事が好きなんですね」
という感じでしょうか。

これはスライト・オブ・マウスの14パターンには当てはまりませんが
リフレーミングだとは言えます。

ですから、スライト・オブ・マウスは、そういう14パターンのものとして
独立で考えたほうが役立つだろうと思います。

また、上記の例は、日本人の感性に沿えるように
マイルドな言い回しを心がけた部分があります。

表現の仕方が、相手と自分の個性によって変わってくるのも
言語パターンを扱う上での注意事項でしょう。


解説の続きは、また今度。

cozyharada at 23:40│Comments(2)clip!NLP | コミュニケーション

この記事へのコメント

1. Posted by 絵里   2018年04月03日 17:45
5 NLP初学者です。
1つの事例にこれだけのスライトオブマウスの質問パタンを示して下さること自体非常に稀であり貴重です。

更新楽しみにしています。
2. Posted by 原田   2018年04月04日 12:06
ありがとうございます。
日本にはスライトオブマウスの情報が少ないですね。
原著の翻訳もされないみたいですし。

折を見て例を追加することもあると思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード