2011年06月16日

影響を受けた言葉

僕には大きな影響を受けた言葉がいくつかあります。

その中でも、自ら切り開くという意味で大きかったのは
いずれも行動を促してくれるものでした。

最初に影響を受けたのは、中村文昭氏の言葉。

まだ、会社で研究職をしていた頃でした。


当時は研究に一生懸命なところがあって
英語の論文を早く沢山読みたかったんです。

それで速読に通い始めました。
フォトリーディングではありません。

毎週一回、読むスピードを上げるための訓練をしていました。
池袋の教室に通って、帰りにジュンク堂で本を買い込む。

その前から自己啓発書やビジネス書は好きでしたから、
本を読む習慣には、速読のトレーニング的な意味合いがありました。

そこで偶然に出会ったのが、中村文昭氏の本だった記憶があります。

初めて、本を読んで感動したんじゃなかったかと思います。
熱く生きようと思ったものです。

いくつも影響を受けたメッセージがありました。

言葉として心に残り、それを意識して過ごすことになったのは
 「0.2秒で『Yes』」
 「頼まれごとは、試されごと」
の2つでしょうか。

セミナーの仕事に進んでいくプロセスでも
この言葉が重要な意味を持ちました。

自分の能力や経験など無視して、
得られる見返りも無視して、
全ての気軽な依頼にも、即答で「Yes」でした。

その結果、自分自身が経験を積むことができて、
少しずつ評価を得られるようになっていった気がします。

ガムシャラに頑張る時期に、この言葉が必要だったのでしょう。


思えば、その速読教室が、自分のお金で勉強に行った
最初の場所だったんです。

そして、初めて自分の意志で講演を聞きに行ったのが
中村文昭氏でした。

そこから色々と勉強が始まっていったんです。

その意味でも、重要なタイミングだったんだと思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード