2011年11月11日

頭の中に情報を保持できる量

中学校や高校の英語の授業のときだったか、
何かの本で読んだのかは思い出せませんが、
 「英語は結論が先に来て、日本語は結論が後に来る」
というような話を耳にしたことがあります。

文章の構造の話です。

英語では、主語と動詞を先に言ってしまって、後から情報が加わっていく。
日本語では、動詞が最後にやってきて、最後まで意味が分からない、と。

なんとなく、そんな感じかと思っていましたが、
伝えたいメッセージの順番に関していえば、
話し手が意識を向けているものが文頭に出てくるはずですし、
後から出てくる内容を付け加えることで意味を確実にしていくという点では
どちらも似たところがあると思います。

確かに、否定文なのか肯定文なのか、疑問文なのかというのは
日本語では文末まで分かりません。
英語では文頭で示されます。

この違いは大きそうです。


本質的には、どちらにおいても
「先に聞いた情報を頭の中に保持しておかなければならない」
という点で共通しています。

先に聞いた部分が抜けていってしまうと、完全な文章として残らないので
文章が長くなるほど理解が難しくなっていくことになります。

文章の構造が複雑なほど(それに伴って自然と長くなりますが)
理解力や読解力が問われるようになるということでしょう。

一般に外国語学習においては、文章の構造が複雑なほど
いわゆるリーディングの力が要求されるそうです。

実際、英語のテスト問題などで出題されるのは
複雑な構造の文章の意味を説明するような内容になっています。

この点は、国語力と関係しているようで、外国語の習得度とは少し離れます。

翻訳や通訳の仕事ができるような、海外経験が長くて外国語ペラペラの人でも
複雑な構文の文章を整理する能力は、別問題として残るようです。

通訳の場合は、通常、覚えられる範囲の短いフレーズで区切りながら
意味を逐次的に変換していきますから、文章の構造的な理解は二の次です。

文章が長くなってきたときに、その意味と構造を頭の中に留めておくのが
国語力の1つとして要求されるようです。

この能力には年齢に伴った発達段階が関係するようですから、
頭の中に情報を留めておく能力は年齢とともに発達すると言えそうです。

「アメリカ人なら子供だって英語が話せる」という意見もありますが、
小学生の話している英語と政治家の話している英語は質が違うわけです。


ただ、日本語と英語では、その留めておく方法に違いがあるんです。

日本語は、説明されている内容を『付け足していく』感じ。
説明を聞くほどに、頭の中で情報が組み立てられていって、
文章の最後の段階で、全てをキッチリとまとめ上げるイメージでしょうか。

話し手にしてみれば、頭の中に浮かんでくる順番に沿って言葉にしますから
話して、話して、話して…、とやっていって、最後の最後で全体をまとめれば良いんです。

正確な文章として残しておくためには、途中経過を全て保持しておく必要がありますが、
まぁ、日常会話では一文として完成していなくても伝わる内容には差が小さいでしょう。

よく結婚式のスピーチや朝礼の挨拶などで、
「〜ですが、〜になりますが、〜なのですが、…」などと
「が」という逆接の接続詞で文章を長々と続けて話す人がいます。

もう、その場合、逆接ではないんです。
前置きを話すときに「〜ですが」という使い方もするので、
それが続いていってしまっている、といえます。

一文としては正確な構造をしていないのに、
文章の中身として、意味が付け加えられていくために
聞いているほうとしては内容が掴めるわけです。

日本語では、聞いた内容を付け足していって
詳しくなってきた情報から意味を抽出する作業が行われるのが
自然な流れだということです。

その意味では、本当に伝えたいメッセージを1つの文章として発しなくても
思いついた順番に話していって、ニュアンスが伝われば良いことになります。

浮かんでくる順番に沿って言語化し、ただ情報を付け加えていく。
聞いているほうも、出てきた内容を付け加えて中身を詳しくしていくスタイル。

当然、思考の流れも、この形に沿ったものになるはずです。

一文単位で理解するときでも情報を付け加えていく形式なんですから
文章が組み合わさったときにも、同様の理解のされ方をするのが自然です。

同じ意味合いを伝えるのに、1つの文章になるか、複数の文章になるかは
その話し手が、どのタイミングで文章を切るかの問題ですから。

浮かんでくるものを、ただ口にしていけば良いという点では
日本語のコミュニケーションは、『話し手にとって』楽なんです。

ビジネスの場面になると「結論から先に」なんて言われるのは、
この楽な話し方では聞き手に負担がかかることと関係するのでしょう。


一方、英語の場合は、この順序が変わります。

英語のネイティブであっても、頭に浮かんだ内容から口にするのは同じに見えます。

しかし、それをやってしまうと、英語の文章構造では伝えるのが難しいようです。

英語では、先に文章の構造が示されます。
まず、肯定文なのか、否定文なのか、疑問文なのか、からでしょうか。

実際には、あとから否定の意味に変えるフレーズもありますが、
まぁ、一般的には文章の展開を先に伝えておくようです。

ここが英語全般に共通する重要な性質だと思われます。

『予測させる』ということです。

まず、「このあと話す内容は否定文ですよ」と言っておく。
関係代名詞を使って、「この後続くフレーズは前の単語の補足ですよ」、
前置詞を使って、「この後に出てくる単語で意味を追加しますよ」などと
文章構造上で聞き手に予測をさせる形になっています。

ネイティブの感覚では、この予測が重要だそうです。
比較級の形容詞が出てきたら、あとで比較対象が出てくるだろう、と。
「 give 」と聞いたら、「〜を…に」という2つの目的語が入ってくるだろう、と
次の展開を予測しながら聞いているはずです。

話す側としては、思いつくままに言葉に出してしまいたいけれども
聞き手は予測をすることで理解する準備をしていますから、
話し手側が言語化の段階で工夫をする必要があるんです。

つまり、聞く側が予測しやすいように話す必要があるということです。

長い文章を聞いて理解するためには、
この予測の感覚を保持しておかなければいけません。

予測するために保持しておかなければいけない情報が多いほど
聞き手には負担がかかってくることになります。

なので、英語の分かりやすい話し方として説明されるのが
「先に結論を伝えておく」という形になるんでしょう。

「私の主張は〜です。
 その理由は…です。
 それを3つの例で説明します。
 1つ目の例は○○です。
 2つ目の例は、……」
と、あまりにも決まり切った形に思える説明が英語で好まれるのは
聞き手側が予測を続けるために保持しておくための
負担を減らせるからだと考えられます。

ここが、英語が『話者に依存する言語』と呼ばれる理由でしょう。

聞き手は、絶えず予測しなければいけないので
話す側が説明を完結させられるようにする義務があるんだそうです。


この作業は、一般的に頭に浮かんでくる順番とは異なるはずです。

日常会話であれば、思いついたことから口を出てくるのが当然だと思います。

その範囲で、聞き手の負担を減らし、話し手自身も聞き手への配慮を減らして
楽をしてコミュニケーションするためには、一文は短いほうが良い。

なので、ネイティブの日常会話は、比較的1つの文章が短めになるんでしょう。
長い文章を保持しながら聞いて理解するのも、
長い文章の構造を意識しながら発話するのも負担が大きいはずですから。

日本人は、思いついたことを続けて口にしていくだけで
長い文章が作れてしまいます。

その感覚で英語の説明をしようとすると、かなり複雑な構造を作る必要が出てきて
保持させておく情報量が増えてしまうため、大変な思いをするようです。

日本語でなら1文で言えてしまうことも、英語の時は複数の文章に分けるようにする。
それが英語を話すコツだと説明するものにも出会ったことがあります。

逆に言えば、ネイティブの高度な英語を理解するためには、発音を聞きとれるだけでなく
日本語とは違う形で内容を保持していく能力が求められるということです。

実は、日本人は英語教育の中で、文章を読む場合には
この作業ができるように訓練された人もいるはずなんです。

しかし、文章の場合は、保持できていなくても前の部分を見に戻ることができます。
視野の中に入れておくこともできます。

それに比べ、聞いて理解する場合は戻れないので、保持していなければいけない。

ここは結構大きな壁だと思いますが、この訓練法について見たことはありません。

英語の教育法では、求められる能力ごとのトレーニングが不完全な印象を受けます。
いかに効率的に『慣れていく』かを工夫しているものは多いようですが。

体系立てられたら面白いと思います。
そんなことも視野に入れながらトレーニング法も工夫してみるつもりです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード