2011年11月17日

魅力的なプレゼン

youtubeってスゴイですね。
色々な勉強ができます。

海外の有名大学の授業なんかも動画で見れてしまう。

もちろん内容も興味深いですが、
日本の学校教育に慣れている側からすると
人気のある教授のプレゼン能力の高さに驚かされます。

僕の記憶の中にある学校の先生の一部は
催眠誘導をしているかのようだったものですが、
海外の教授にはエンターテイナーが沢山いる気がします。

スピード感があって、笑いを取りながら、熱意をこめて
話を面白くする工夫に満ちているようです。


こういうのを見ていると、自分がアメリカに
トレーナーコースを受けに行った時点を思い出します。

その頃は、人前で話をするということの楽しさを知って
それに熱中しかけていた時期でしたし、
バンドラーやアンソニー・ロビンスなどのプレゼンを聞いて
『魅力的なプレゼン』というのに意識が向いていたものです。

なので、トレーナーコースで体験してきたプレゼンの練習も楽しく
いかに影響力のあるプレゼンをするかというのを心がけて
一生懸命に頑張っていたんです。

ただ、当時はプレゼンの表面的な型の部分に目が向いていましたから
それなりに大げさな見せ方というのを意識していた気がします。

しかしながら、そのやり方は、いかにもアメリカ文化の中で成り立つもので
一般的な日本の環境においては異質でワザとらしい感じもしました。

その辺から、徐々に日本の中で自然な感じになるようにスタイルが変わり始め
表面的な見せ方ではない本質の部分へと、心がける内容が移って行きました。

今、改めて当時に憧れていたタイプのカッコいいプレゼンを見ると
もう少し違った形でそれを取り入れられそうな印象も受けます。

日本語でも自然に、かつ影響力を持ち合わせながら。
そんな可能性を感じながら動画を見ていると、様々な角度から勉強になりそうです。


こちらの動画は、スタンフォード大のティナ・シーリグによる講義です。
http://www.youtube.com/watch?v=v_w7b419pxw&feature=related(字幕付き)

躍動感やリズム、声のトーンの使い方の素晴らしさに加えて
内容の展開の仕方も興味深く構成されています。

6分そこらですが、たったこれだけで「なるほど!」と感じてしまいました。

内容は聞いてみれば当たり前と思えるほどシンプルで本質的ですが、
それを伝え方で学びの大きなものに変えているように思えます。

ビジネスやってみようかな?という気にさえなりましたから。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

次回は10/21です

《コミュニケーション講座》
丁寧なストレスの取り扱い方


【日時】 
  2018年9月9日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年10月21(日)


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード