2012年02月17日

作業が「ギュウギュウ」でした

引っ越し作業に追われていました。
ようやく一区切りといった感じでしょうか。

普段しないような作業が多かったので肉体的に疲労が出ています。

何よりも、時間に追われての作業だったことが
睡眠時間を奪っていって、疲労感を倍増させる気分でした。

睡眠時間が少ないことを自覚しているので
布団に入ったら、すぐに眠りにつきたいわけだったんですが、
気持ちに焦りがあるので、それもままならず。


大体、眠くなるときというのは、頭の中で聞こえる声(内部対話)が
ゆっくりとしたテンポになっているもののようです。

他人の話を聞くと、その中身を頭の中で少し遅れて追いかけるように
内部対話としても音声を聞いている人がいると思います。

調べてはいませんが、結構、多いんじゃないかと推測します。

なので、ゆっくりとした話や単調なテンポの音声を聞いていると
そのリズムに頭の中の声が引っ張られていって眠くなってくる。

厳密には、「意識のレベルが低下してくる」と言ったほうがいいかもしれませんが。

それで葬式でお経を聞いていると眠くなってきたり、
退屈で眠たくなる授業とか、催眠誘導とかが起きたりするんでしょう。

それを踏まえると、逆に頭の中の声がスピーディーで速いテンポ、
さらに少し高めのトーンで流れていたとすると眠くなりにくいと考えられます。

実際、僕が寝付きの悪い時には、頭の中で多くの情報が駆け巡っています。


その上、僕はNLP的に言うと「スルータイム」の傾向が強く、
「忙しさ」というのは、文字通り「時間に追われる」というよりも、むしろ
隙間なく作業がギュウギュウに圧縮されて密度が高くなっている印象になります。

何かの作業をするときには、頭の中で予定が立ってから、
それを再現するように行動しているんです。

忙しい時は、その予定されている作業の量が多い分、
作業内容の動画イメージが沢山浮かんでくるようになります。

その動画が隙間なく、ずっと続いている感じが「ギュウギュウ」に思えるんでしょう。

どうやら、メンタルリハーサルをやる癖がついているみたいです。

ですから、忙しくなってくるほど、その後にする作業を常に予想しておくことになるんです。

就寝時間は時間で設定されているのではなく
作業の順番として設定されているだけですから、
「あれと、あれと、あれをやったら寝よう」という形で予定されていて、
作業に時間がかかって押してくると、睡眠の時間そのものが減っていきます。

作業をしながらも次の作業や、この後の流れなどを予測していて、
布団に入った後も、その続きのプロセスとして寝ようとしてしまうんでしょう。

なので慌ただしいときには、「布団に入る」とか「眠る」っていうのも
一連の流れの中の「一作業」として捉えているようなんです。

当然、「眠りにつく」という「作業」をしていても、「作業」中ですから、
その後にやる「作業」の流れが頭の中に浮かんできてしまいます。

そのときの内部対話のスピードは速く、いくつも入り乱れる感じ。

それは、もちろん、眠くなるときとは別物の状態です。

慌ただしいときほど頭の中が活性化したようになって
どんどん寝つきが悪くなっていく傾向があるわけです。

余計に寝られなくなるという悪循環。


内面的に「一区切りがついた」っていう状態になると
落ち着いて寝られるようになるみたいですから、
「一区切りがついた」感じに自分を調整すれば良いんだろうと思いました。

「一区切りがついた」っていうときと
「まだまだ、やることが沢山」っていうときとで
サブモダリティを比べれば良いんでしょう。

今度やってみようと思います。

cozyharada at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!NLP | 全般

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード