2012年03月17日

初対面で人を判断する

最近、面接というかオーディションというか、
そういった人材選抜の作業の仕事をしました。

とはいえ、僕の一存で、僕が必要とする人材を選ぶ作業ではなく、
あるプロジェクトのために求められる人を選抜するプロセスに携わった
といったほうがいいかもしれません。

率直な感想として、面白いものでした。
こういう作業を手伝う仕事も良いかなぁと思うぐらい。

かなり、お役にたてる気がします。


今回は自分の中に選抜の意図が含まれていましたから判断がしやすいですが、
どこかの組織を手伝うということになると、方法が少し変わると思いました。

何より、事前打ち合わせで、その集団の求める人材像を明確化する必要がありますし。

場合によっては、家族療法的な視点で組織を把握しながらカウンセリングをして、
必要に応じてコンサルティングの要素も入れながら人材像を決定、
それから人材採用のプロセスに進むような形になるでしょう。


まぁ、それはさておき、やりながら自分のしていることに気づいたのは
かなり色々な技術を同時に使い分けていたことでした。

かなり膨大な情報を処理する感じです。

特に今回は、専門性の高い人材に協力を依頼しようという趣旨でしたから
その専門技術を判別するところが中心ではあります。

一方で、人間関係として見ていく部分もあり
技術面以外の特性にも注目するところが多々ありました。

実際の仕事の場面で、どういった関係性が作られるか。
実際の仕事に対して、どういった取り組み方が予測されるか。

とりわけ実際の場面で想定される困難な状況に対する反応を予測するのは重要でしょう。

…というよりも、自分がそこを知らず知らずのうちに重視していたのに気づいたので
リスクマネジメントの観点からの重要性は見逃せないと思ったんですが。

最も優先したい、必要としている能力に目を向けるのと同時に、
最も避けたい事態を招く可能性がないかどうかに目を向けるのも
同じぐらい重要なことだろうと考えられます。

プライド、素直さ、自信、柔軟性、粘り強さ。
注目していた部分を言語化すると、このぐらいの要素でしょうか。


ただ、僕の場合、「人材を選ぶ」作業をするときに邪魔になるものもあります。

それは一言でいうと「その人の人生を考えてしまう」というところです。

持ち味としての向き不向き。
これまでの経緯と、これから先の展開。

それほど強く感情移入することはありませんが、
せっかくだから応援したいぐらいの気持ちにはなります。

厳しく言えば、この専門性で将来も活躍していく姿まではイメージできないものの、
この方向に希望を持って頑張ってきたのであれば、この先も苦節を繰り返す前に
ここで少しぐらい報われておいても良いんじゃないだろうか…
なんていう余計なお世話も沸いてしまいます。

逆に、この人は放っておいても、この道でいずれ活躍していくだろうから
今回は別の人にチャンスが回るように我慢してもらうか…と思うことも。

同時に、選抜の作業で悔しい思いをする人が沢山いることを想像するのも
実は少しやりにくいところではあります。
こちらの都合でドライに選ぶという立場にはなりきれません。

一日かけて30人弱とのオーディションでしたが
今もまだ、ほぼ全員の顔と特徴を思い出せます。

今回の結果が、その人にとってどんな体験となり、
どういう意味を持ち、どう今後に繋がっていくのかと思い浮かんでしまったものが
まだまだ胸の中から離れていないようです。

せめてもの想いとして、今回選ぶことにならなかった人たちに
それぞれ”色々な道で自分なりの”幸せを味わってもらいたいと願うばかりです。


こんな感じ方をしていては、人材採用には向かないのかもしれませんが…。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード