2012年05月16日

ゼミ形式の勉強会について

詳しくは、こちらに書きましたが
ゼミ形式の勉強会(『研究会』)について
ご意見を聞かせて下さい。

机に向かっての意識的な学習が多くなります。
ディスカッションが中心ですから、あまり長時間は大変かと思います。

なので、最大でも3時間ぐらいのつもりです。


余裕があれば月に2回ぐらい、少なくとも月1回は開催したいものです。

1回は、勉強会の日に重ねてしまうかもしれません。
その場合は、頭脳労働が一番”張り切って”やる必要があると思いますから
午前中にゼミ形式、午後にワークショップ形式の勉強会、夜間に実践練習
…といった感じでしょうか。

勉強会とは別で開催する場合には、
‥斃貌の夜
∧親の夜
を考えています。

ということで、ちょっとご意見を教えて下さい。

メールアドレスをご存知の方は、
直接、メールで教えてくださっても助かります。

時間帯は夜間(18:30ぐらい〜)で考えていますので、
・ご興味について
・参加可能な曜日
を教えて下さい。

「もう絶対に参加したい!でも、この曜日じゃないと…」
といったようなご要望がありましたら、別途ご記入ください。

もちろん、全ての方のご要望にはお応えするのは難しいでしょうから
その点はご了承ください。

ご関心があれば、是非ご一報をお願いします。

終了しました

こちらのスタイルでは教材を元に、頭での理解を深めるのが中心となります。

特に、逐語になっているものや、実際のセラピーのやり取りなどを分析して
ディスカッションしていく作業は面白いと思います。

福祉系だと「事例検討会」が良く行われるようです。
これが、コミュニケーションの流れを理解したり、
全体の目的を意識して取り組めるようになったり、
”結果オーライ”にまとめる能力を養ったりするのに効果的だと言えます。

…これをゼミ形式の『研究会』で、やろうということです。

また、実際の個別技術の練習はトレーニングとして行うのが効果的です。
個人の傾向や特徴に応じて、使い分けられる振る舞い方を広げていって
より幅広い状況、様々な相手にも、効果的に関われるようにしていくわけです。

…こちらは、練習の場として『実践トレーニング』で行う、と。

その上で、個々の技術や、特定のコミュニケーションの側面について
ポイントをまとめて、整理して、枠組みとして理解していくことができると、
状況に応じて最適な方法を選びやすくなります。

…こちらが、今までの勉強会で扱っていたスタイル。
例えば、”リフレーミング”なら、”リフレーミング”について理論的に整理をして、
効果的な”リフレーミング”で必要なポイントをピックアップした「枠組み」を紹介、
その「枠組み」を実感できるように実習をしていく。

こうしたものが組み合わさると、より実際に使いやすいものとして
定着しやすくなるだろうと思います。


実際のコミュニケーションは流れの中で進んでいきます。
ですから、流れを捉える視点が必要です。

どんな場面で、どんな意図を持って、どんな関わりをするか。
それを意識できるようにすると、自分自身のコミュニケーションに対しても
流れの中で理解していくことがしやすくなるはずです。

すると、自分の本当の目的に向けて、
自分のコミュニケーションの中身を選択していけるようになります。

例えば、自分の一時的な不満を解消するために
相手に向かって直接、不満を爆発させたメッセージを発したとします。
それは、その場における本当の目的には沿っていないかもしれません。

もし、その相手と良好な関係を望んでいて、
望んでいるからこそ、自分のことを分かって欲しいと期待していて、
その期待が叶わないことで不満が沸いていたのだとしたら…。

そのコミュニケーションの目的は、
一時的な不満の感情を発散することではないでしょう。

そのやり方は、目的としている「良好な関係」には不適切かもしれません。

ハッキリと自分のコミュニケーションの目的を理解していて
その場のコミュニケーションの流れを自覚できていれば、
目的に沿ったやり方を意識的に選択することができる可能性が高まります。

だからこそ、コミュニケーションの流れを頭で理解できるようになることも
役に立つ要素だと言えるわけです。

それが”ゼミ形式”の1つの利点です。


しかし、頭で分かっていても、実際にどうやって対応したら良いか分からない。

そこで必要になるのが、技術の習得です。

「こんな場面では、こういう技術が使えるんじゃないか」と思い浮かぶようにする。
そして、その技術の使い方のポイントを理解しておく。

そのためには、通常の勉強会でポイントを掴んでおくのが役立つと考えています。

もちろん、技術を使いこなすためにはポイントを押さえながら練習をするのが有効です。
『実践トレーニング』で、数を練習することで、
”スムーズに”できるように経験を積んでいくと良いと思います。

実際には、コミュニケーションですから、経験そのものは日々を意識して過ごせば
経験を積むための場面は多々あるはずですが、
練習の場には、練習特有のメリットがあります。

それは、「結果を恐れずに、やってみても大丈夫」ということです。
日常だったらリスクが大きそうなことも、練習でなら試せることもあります。

そうやって、幅広いコミュニケーションの方法で経験を積んでいく、と。

すると”技術のポイント”と”実体験としての経験値”が重なってきます。

闇雲な経験には指標がありませんから、結局のところ
「なんとなく」とか「降ってくる」とか「思いつき」とかでの対応になるでしょう。

そこで”技術のポイント”や”枠組み”を整理しておくと
経験を理解する上での指標が生まれてきます。

エッセンスが定着してきて、その枠組みを「利用して」
その技術を使えるようになっていくわけです。

この”枠組みの理解”と”経験値の蓄積”の相互作用が
『勉強会』と『実践トレーニング』の意図です。


そうやって技術が身についてきて、流れを意識できるようになれば
自分の目的に応じて、技術を使い分けられるようになる、ということです。

アンケートで伺いたいのは、この「流れを意識できるようになる」のに効果的な
”ゼミ形式”の学びの場について、です。

もちろん、単純に興味があるから、でも結構でしょうし、
自分で本を読むのはチョット…という理由でも良いと思います。

一回出てみて様子を見ていただくのも良いかもしれません。

どうぞ気軽に検討してみて下さい。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード