2012年12月28日

SF小説

この本は、とても面白かったです。

シュレ猫がいく! ブレーンワールドへの大冒険
シュレ猫がいく! ブレーンワールドへの大冒険


表紙の感じからすると、あまり真面目な感じには見えないかもしれませんが
内容は非常に刺激的です。

ジャンルとしてはSF小説なんでしょうか。
著者自身は謙遜して「サイエンス・ファンタジー」と呼んでいるようですけれど。
(SFは「サイエンス・フィクション」なので)

まず読み物としても面白いんです。
あまり小説を読まない僕がワクワクしながら読み進めました。

そして各章末についてくる素粒子物理や宇宙の話が好奇心をそそります。

サイエンス・ライターだからこそ、という感じの
難しい物理の話を分かりやすく説明してくれる部分が、
本文の小説と見事に対応しているんです。

「サイエンス・ファンタジー」ですから、現実には分かっていないことばかりで
空想上の話として物語が進みながらも、おそらく
そのような方向性が未来の科学として最も説得力があるんだろうと感じさせてくれる。

例えば、タイムマシンやワープなんかの話も
なんだか本当にあり得そうな雰囲気がしてきます。

タイムマシンについて良く言われる
 「タイムマシンが未来に開発されているとしたら
  誰かが未来からやって来ていても不思議ではない。
  でも誰も未来から来ていないのだから、
  それはこの先もずっとタイムマシンは生まれない、という意味だ」
といった話にも、矛盾なく物語が作られています。

もちろん、それは
 「タイムマシンで過去にやってきて誰かと接触すると
  未来が変わってしまう可能性がある。
  だから、未来から来ている人達は、コッソリと観察しているだけなんだ。」
というストーリーではありません。

この本では
 「タイムマシンは、タイムマシンが作られた時期までしか
  過去に戻ることができない」
という設定で進みます。


僕は物理に関して素人なので感心させられっぱなしでしたが
もしかしたら少しでも知識があれば当たり前のことなのかもしれません。

ですが、「あり得そうかどうか」を現在の物理の知識と照らし合わせて
その上で、もっともらしい空想の物語を作るのは、
専門知識のある人が素人に情報を伝える上で
とても有効なアプローチだと思います。

あくまでファンタジー(フィクション)だという体裁をとっていますから
「それは、現時点では言い過ぎじゃないか?」という専門家の指摘も受けにくい。

それでいて、正確さに固執するあまり面白みがないという事態も避けられます。

「もしかしたら、未来はこんな風になるのかも…」
と遊び心から興味を広げられるんだと思います。

分からないことは「分からない」としてファンタジーにする。
誠実な姿勢だと感じます。

何も信じる必要がないわけですから。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード