2013年03月12日

【セミナー】カウンセリング講座(3月・実践編)

ご案内: 『ホンネを引き出すカウンセリング』講座

 【3月の追加日程】 実践練習:3月24日(日・夜間)



カウンセリング講座も第四回:『”まとめと変化の技術”編』を開催しましたから
メインの技術の内容としては全てを紹介したことになります。

あとは実践の中で、詳細に技術を磨いていったり
状況別の効果的な対応を身につけていく段階と言えるでしょう。

特に、「変化の技術」に関しては、全てを一度に紹介することは不可能ですし、
また、そうしたところで全体を整理できるものでもないと思います。

こうした実践形式を積み重ねながら徐々にパターンを捉えていただいて、
しばらくした頃に、技術の種類を整理していくのが堅実ではないでしょうか。


ということで、今回の実践練習は、これまでの全てのトレーニングとなります。

○ペーシング (非言語メッセージへのフィードバックを中心に)
○焦点化 (話の方向性のコントロールと確認を中心に)
○明確化 (クライアントの状態と、サービスの内容に対する情報の必要性に応じて)
○力づけ (クライアントの状態に応じて)
○変化の技術 (個別の状況に応じて)

…以上を統合的に扱います。

原則的に実践形式と考えていますが、特別なリクエストがあれば
ある一部の技術のレベルを上げるためのトレーニングをすることも可能です。

そのあたりは、当日にお知らせいください。
臨機応変に実習を組み立てて取り組んでいきましょう。

ご要望があれば、通しでデモンストレーションをやっても良いかもしれません。

技術向上のチャンスは、至るところに溢れています。
楽しみながら積極的に取り組んで下さい。


今後も実践練習は継続していく予定です。

ご都合が合えば、是非、繰り返しトレーニングにご参加ください。



 ◆今回の講座で得られるもの

●非言語メッセージに対する観察力

●感情に対する言葉がけのバリエーション

●会話の方向性をコントロールする技術

●クライアントの取り組みを強化する言葉がけ

●状況把握と内容整理のための質問力

●内容整理の”型”

●クライアントに合わせたカウンセリング・スタイルの選び方

●カウンセリングの流れにおいてポイントを捉える着眼点




◆お持ちいただくと役立つもの

 ●ICレコーダー
 
 必須ではありませんが、ICレコーダーのような録音機材をご持参いただくと
 振り返りの作業が効果的になります。

 ご自身の実習の模様を録音して、振り返るのが目的です。

 ビデオをお持ちいただいても構いません。

 現時点では、全体の中で収録した内容を使うことを目的としていませんが、
 自分自身が何を言ったか、どのような展開だったかを思い出すためにも
 利用価値の高いツールだと言えます。

 もちろん、復習としても役立ちます。





講座の詳細は以下の通りです。



【セミナーの詳細】

≪『ホンネを引き出すカウンセリング』講座≫【実践練習−2】

【日時】  3月24日(日) 
     《夜間:実践練習》 18:30〜21:30
 

       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。

【場所】 北とぴあ 806会議室
    (JR京浜東北線・王子駅北口より徒歩2分)
    (東京メトロ南北線・王子駅5番出口直結)

【参加費】 
      《夜間:実践練習》 ・・・5,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました


カウンセリングのトレーニングをグループで進めていくメリットに
お互いの取り組み方から学べる部分が挙げられます。

自分のやり方を他人と比較する。
他の人のアイデアを模倣する。
人それぞれの持ち味を知っていく。

こうした相互の学びが習得のスピードを速めるようです。

そして、他者のやり方を見ているときには、
自然と客観的な見方をするようになります。

コミュニケーションそのものに対して客観的になれるんです。

さらに自分の技術と比較しようとした場合には
自分のコミュニケーションにも客観的になります。

また、カウンセリング中に自分が発するメッセージに対しても
意図を持って選択できるようにトレーニングをしていきますから、
こちらでも自分のコミュニケーションを客観的に捉えられるようになります。

多くの時間でコミュニケーションそのものを良く考えるようになり、
「何をすると、どういう反応が返ってくるのか」という”流れ”が意識されてくる。

すると、結果を予測することができるようになっていきます。
この予測が基準となって、「どんなメッセージを発するか」が選択されるわけです。

つまり、自分のしているコミュニケーションに対しても
他人のしているコミュニケーションに対しても、流れを捉えながら
技術を意図的に使えるようになっていく、ということです。

その効果は、カウンセリングの技術そのものに留まりません。

コミュニケーションへ意図的になることで、
日常の様々な場面において自らの関わり方に工夫ができるようになります。

自動的に、適当に、普段通り何も考えずに対応することが減るんです。

それだけで、日々のコミュニケーションが変わっていくはずです。

ひとたび、この「コミュニケーションに対する客観性と意図的な選択」を身につけると
身の回りの全てのコミュニケーションが貴重な学びの材料となります。

学びを活かし、予測を立てて、効果的な対応を常に選択できる。
かなりの場面でコミュニケーションの結果が変わってくると思います。

そんな副次的な効果もあるんです。

言ってみれば、自分のコミュニケーションをどこまでも追及していくための
土台を作り上げるトレーニングだというところです。

そんな土台ができてくると、様々なコミュニケーションが
これまでよりも楽しいものに思えてくるかもしれません。

もちろん、そのような形でコミュニケーションを捉えることだけが
人間関係の楽しみ方ではないと思います。

ただ、人との関わりが溢れている日々だからこそ、
こういうトレーニングが生み出す効果もまた
毎日を楽しむための1つの要素になる気がするんです。

せっかく毎日体験する人間関係なんですから、
楽しんでみても良いんじゃないでしょうか。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード