2013年11月04日

【セミナー】セラピー技法ダイジェスト

ご案内: 11月24日(日)開催

 カウンセリング講座・応用編
 《セラピー技法ダイジェスト》



この講座の目的は、各種心理療法の技術を
実習を通じて網羅的に知ることです。

様々な技法を体験しながら、
それぞれのメリットや使いどころを整理します。

特に重要になるのが、
 どういう場面で、どういうときに、どの技法を使うか
という判断です。

カウンセリングのプロセスを通じて
クライアントが取り組みたいテーマが絞り込まれます。

その上で、どういう「お手伝い」をしたら良いか。
どういう技法を使うと、その「お手伝い」になるか。
…この部分が実際のポイントです。

その際、技法を選ぶためには技法の効果を把握している必要があります。
「こういう変化が必要なわけだから、この技法が良いだろう」
といった判断をするには、「どんな変化が起きるか」を知っている必要がある。

覚えていたいわけです。
それには体験しておくのが効果的です。


流れとしては、
 ・技法を紹介する
 ・やり方を整理する
 ・実際に練習してみる
 ・どういう効果があって、どういう目的に適しているかを振り返る
 ・使えそうな事例を考えてみる
といったものを予定しています。

こうすることで応用の対象が染みつくはずです。

ご案内の段階で、具体的な技法の名称までは紹介しませんが
大まかな整理の仕方はお伝えしておきます。

仝方を変える
行動や反応パターンを変える
4蕎陲鮴依する
の着眼点を中心とします。

,鰐簑蠅悗琉嫐づけを変えるだけで解消されるもの。
リフレーミングを引き起こすために何をするか、という技法となります。

△蓮具体的な行動や反応パターンを変えたいとき。
気づきを促したり、アンカーを変えたり、対処法はいくつかあります。

は問題と関連した感情を直接的に扱うものです。
´△帆箸濆腓錣気辰燭蝓△修料阿亡蕎陲鮴依しておくときに使われます。

いずれにせよ、クライアントの「お手伝い」の方向性を
・見方を変えることで問題が解消されるのか
・具体的な行動や反応を変えることで解決されるのか
・感情を整理することが最優先なのか
といった観点で分類できれば、対処の仕方も見えてくるようになるでしょう。

「〜療法」といったものに興味のある方も
この観点で整理してみると全体的な理解が可能になるはずです。

とはいえ、今回は実習を通じて、体験レベルで納得するのが目的です。

一部の方法は専門的な援助の関係性でないと不自然かもしれませんが
日常的な人間関係でも使えそうな方法も紹介する予定です。

「どういうときに使えばいいか」を念頭において体験されるようお勧めします。

かなり迷いは減るだろうと期待されます。


また、夜間の実践練習も、これらの技法の体験が中心になると思います。
体験の量も大切な要素ですから、お時間が合えば併せてご参加ください。

カウンセリング講座へご参加くださった方、
心理療法の技法にご興味のある方、
他者の悩み解決の支援に関心のある方など、
お越しをお待ちしています。



◆今回の講座で得られるもの

●様々なセラピーの技法の紹介

●各種技法の効果と目的の整理

●”お手伝い”を前提とした問題の分類の仕方

●問題の種類とクライアントの希望に応じた技法の選び方

●技法の性質の体験的な理解

●結果をまとめ上げる力



◆録音・録画に関しまして

個人的なご使用でしたら、録音や録画はご自由にどうぞ。
復習にご利用いただくのも良いかと思います。

特に今回は、総括的な内容となりますので
復習によって理解が定着しやすいものと考えられます。

工夫してご活用ください。




講座の詳細は以下の通りです。



【セミナーの詳細】

≪カウンセリング講座・応用編〜セラピー技法ダイジェスト〜≫
 (併設:『ホンネを引き出すカウンセリング』講座・実践練習)

【日時】  11月24日(日)
     《日中:セラピー技法ダイジェスト》   10:00〜17:00

     《夜間:カウンセリング講座:実践練習》  18:30〜21:30
 

       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。
       ★申し込みフォームに、ご希望の時間帯(日中/夜間)をご記入ください。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)

【参加費】 
      《日中:セラピー技法ダイジェスト》 ・・・15,000円 
      《夜間:カウンセリング講座:実践練習》 ・・・5,000円

       ★日中の講座にご参加の方は、無料で夜間の実践練習へご参加頂けます

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

クライアントに同じ人は二人といませんし、
同じクライアントでも全く同じ問題を扱うことはあり得ません。

その意味で、全てのセラピーは毎回違うわけです。

しかし共通するプロセスは見出せます。
それがあるから、エキスパートほど簡単そうにやってのけるんでしょう。

しかも、クライアントを理解する能力が高く、経験を知恵に昇華し、
クリエイティブな感性も磨いてきたカウンセラーや心理療法家の場合、
その手法のバリエーションは無限にあるように見えるものです。

「どういう着眼点から、その手法になったのか?」と
見ている人からは想像もできないようなこともあったりします。

多くの場合、それはクライアントに合わせられるから起きるバリエーションです。
クライアントの個性に合わせる。
クライアントの置かれている状況に応じる。
クライアントのペースに同調する。

そうすることで最適な対応が毎回違ったものになるんです。

ですから、学習する側としては厄介です。
なかなか意図が見えてこない。

沢山経験していくうちに、分かってくるプロセスもあります。
型のようなものが見つかってくる所までは充分に起こりえる。
人間には、そういうパターン抽出能力がありますから。

ですが、「どういう意図でその型を使ったのか」や
「クライアントの何に注目して、その発想に至ったのか」
「同じような種類の問題なのに、さっきと違う型を選ぶ目的は何か」
といった『型の選び方』に関しては、見出すのが大変です。

質問しても「なんとなくです」、「直観です」などの答えしか返ってこないもの。

そうすると、見よう見真似で経験を積んでいくうちに、
型を使いこなす度合いではエキスパートと同じように”見える”のに
奥にある意図が全く違っていて、ポイントを逃してしまうことも起きてきます。

パッと見は凄そうに見えるんです。
その場で柔軟に対応して、上手くやっているようにも見えます。
クライアントの側にも、やっている以上は満足感が得られるものです。

どの型も、どのような問題にだって適用できますから
そもそも1つのやり方を通すことだって可能なんです。

ですから、やってみれば表面的に上手くいっているようには見える、と。

ただ、『クライアントの望む変化に沿っているかどうか』に疑問が残ります。

…もっとも、その疑問を持たずに活動している人たちからすれば
 エキスパートの技術と同じものを使っていると解釈されるわけですが。

だからこそ、
 クライアントに対して、どういう効果を引き出せば
 その問題が解決されて、本人の望む方向に進むか
を把握するトレーニングに価値があるといえます。

そのためには、それぞれの技法の効果を理解しておいて、
お手伝いの内容と対応させておくのが効果的です。

それをやる講座です。
特に今回は体験を重視する予定。
「ここを変えたいとのことだから、このアプローチが良さそうだ」
と判断するための土台作りだといえます。

量稽古については、今後の「実践練習」もご活用ください。

とても大切な内容だと思います。

色々なセラピーを受けたり、様々なセミナーに行ったりする際にも
この着眼点で見ることができれば多くのものが得られるはずです。

人の支援に興味のある方は、是非お越しください。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード