2014年01月30日

ちょっとイイ話をする会

最近、ちょっと計画していることがあります。

そろそろ本質的な内容に整理をしていっても良いかなぁ、と。


いきなり精神論の良い話で心構えを学び、
その心構えに沿って一生懸命に自律するのも1つの方向性ですが、
ともすると机上の空論になりかねない場合もあるように感じます。

あるいは、1つの考えにハマり込んで視野が狭くなり
逆に苦しくなっていってしまうようなケースや、
自分に嘘をつき、自分の受け入れられない部分を隠しながら
無理をして人と関わっていったりするケースもあるように見受けられます。

その点、変化のための技術やメカニズムの理解から入っていって
実際に自分で変化を起こす体験を繰り返していくと、
体験的に重要なことが掴めてくるのでしょう。

さらにカウンセリングによってニーズを把握して本題を絞り込めるようになると
「どういう考え方の傾向を持っている人に、どういう方法論が好まれるか」
も分かってくるようです。

そうなると、精神論や心構え、シンプルな理解の仕方に触れたときに
その中身を鵜呑みにせずに、深く洞察できるようになります。

「その話はこういうことだろうか?」と照らし合わせる実体験が豊富なんです。

ありがたい心構えを聞いて、それを自分なりに実践していく…のではなく、
話を聞いた段階で、
「あぁ、この話か。なるほど、それは上手く言い表しているなぁ。」
と納得できるわけです。

ポイントは、経験的には持っているという部分です。

経験していて、ことの重要性にも気づいている。
ただ、言葉として整理されていないから、自分のスタンスとして
自信を持って前に進めるものとまではなっていない。

そういうときに話を聞くと「あぁ、なるほど」と納得するんです。
新しく知るわけではありません。
知っていたことを整理し直してもらうだけ。

有意義なプロセスだと思います。


また、似たような進み方をしている人の中では
他の人の話を聞いておくことで安心できる場合もあります。

事前に注意をしておくこともできます。

体験や考えのシェアが大きな効果を発揮するのは
この辺りのタイミングなのではないでしょうか?

必ずしも自分の考えを正しいこととして固執しないでいられる。
お互いの体験や考えを尊重できるような状態。
否定するのではなく、別の可能性を示唆できるような。

相手を説得してやろうとかいうことではありません。

そのようなコミュニケーションの技術を磨き、かつ
自分自身と向き合ってきた経験から自他の違いを尊重できるようだと、
『話をする』というシンプルな作業が大きな効果を発揮する気がします。

それは一人で考えていても得られないものです。
お互いにインスパイアされる。

そういう場が役に立ちそうな人がいるように感じています。


ということで、座談会ではありませんが
会話を通じた交流そのものを役立てる機会を作ってみようかという話です。

理想的には、起きているコミュニケーションの形も意識しながら
リアルタイムでコミュニケーションにも工夫を入れていきたい。

内容そのものではなく、コミュニケーションの仕方や技術に関して、
後から振り返って、次の工夫へ活かせるようにしたいと考えています。

コミュニケーション技術のワークショップとしての側面と、
会話での交流を通じた自己探求の側面と、
本質的な内容を絞り込んでいくような側面。
…そのあたりを融合した取り組みです。

なお、お酒は入れません。
自覚しながらコミュニケーションをする能力が下がる可能性がありますから。

話の内容としての自己探求と
コミュニケーションの仕方としての技術の向上を
同時に行うためには、投入する意識の総量が多いほうが望ましいんです。

ですから、大人としての場を想定します。


身につけている技術や考え方などは人それぞれでしょうから、
幅広い交流の中でも工夫した関わりができるようになっていければ、
と期待しています。

詳しくはまた正式に案内を出します。

cozyharada at 23:21│clip!コミュニケーション | NLP
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード