2014年05月31日

7月の予告

7月の講座は「心の動きを理解する」というテーマの予定です。

開催日は
 7月27日(日) 10:00〜16:30
 滝野川会館304集会室
となります。

基本的にはNLPの視点を取り入れつつ、
心の動きをプログラムとして捉えるようにするものです。

当然、人の内面の動きは1つのプログラムで判断できるわけはなく
細かなプログラムが一度に沢山動いて全体としての表現になります。

日常的な言葉にすれば、
 「複雑に気持ちが入り組んでいる」
という感じ。

その入り組んだ心の動きを分けて捉える練習です。

この観点が有効なのは
 「人の本音」というものを1つのものと想定せずに
 一人の人間を複数の本音の集合体として捉えられる
ところにあります。

つまり
「一体、本音は何なんだ?」
と1つの答えを追い求めなくなる、ということです。

例えば、小さな子供が泣いているときの母親であれば
(最近、目撃したケースですが)
・言うことを聞かない子供に対する「苛立ち」
・自分にも非があったことを認めているための「申し訳なさ」
・泣いて訴える子供に対して「かわいそう」な気持ち
・ここで自分が慰めたら負けたような気になる「悔しさ」
などが同居する。

そのため
 泣き続ける我が子を黙って見続けながらイライラを高め
 同時に、「ごめんね」と謝りながら慰めたい衝動を
 負けず嫌いの意地で抑え込んで、何もせずに立ちつくす
といった様子が表面的に見て取れるわけです。

ここには1つの本音があるのではないでしょう。
沢山の気持ちが全て、その人の反応として表れているんです。

これを
 「〜だけど、…だ」という対立構造
として捉えずに、むしろ
 「〜だし、…でもある」という並列構造
として受け取るようにします。

すると、それぞれの反応に理由があると思えますし、
1つの答えを探して悩むことがなくなるため
「そんなものだ」と大らかでいられますから、
人間関係においても、自分の内面においても、
受容的で楽な態度になれると期待されます。

また、カウンセリングのような援助的コミュニケーションにおいても
日常における複雑な人間関係においても、
細やかな心の動きを読み取れるようになるはずです。

1つの言葉に集中して話の主題を理解するスタンスは
論理的な話し合いには有効かもしれませんが、
心の機微に対応するのには相性が良くないようです。

言葉の端々に表れる複数の気持ち、
非言語メッセージへ同時に表れる様々な感情を
一連の心の動きとして把握できれば、
幅広く気持ちをケアすることができるでしょう。

1つの職場を「一人の人物」と喩えるなら、
一番大声でよく話すひとだけと会話をするのではなく、
無口な人も含めて、全員の意見に耳を傾けるようなものです。

そのようにして人の心の動きを捉えるのがテーマ。

今のところ、そういう予定でいます。

cozyharada at 23:58│Comments(2)TrackBack(0)clip!セミナー情報 | NLP

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よしお   2014年06月01日 08:45
素敵。
私はこれに興味があるので、是非参加したいです。
日程が近くなったらご連絡させて頂きますね。
ところで難易度はどれくらいでしょうか?
2. Posted by 原田   2014年06月04日 09:31
こちらの講座は、NLPの基本的なところから進める予定ですので、理論的には取りかかりやすいものだと思います。
実習としても、自分の内面を理解する部分については、すぐに慣れられるものと考えています。

他者の心の動きを読む段階になると、観察力のところで作業のスムーズさには個人差が出そうですが、着眼点は掴みやすいのではないでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード