2015年05月22日

大人気の講師になるには

ある考え方や状態に辿りついて、
それによって気持ちがとても楽になったとします。

「なんだ、こんなことだったんだ!」
「最初からこうやって考えていれば良かった」
そんな印象が生まれる感じ。

そして考えます。
「みんな、こういう風に考えれば楽になれるのに…」と。

それで、その考え方のコツのようなものを柱においた教えを広める。
メッセージとして発信したり、セミナーを開いたり。


しかし、自分の中に結論があったとしても
他の人がその結論に辿り着くかどうかは不明です。
当然、どういうプロセスでその結論に辿り着くかも不明です。

一般的には自分が結論に辿り着いたのと同じプロセスを推奨したり、
結論となる考え方を心がけるように指導したりすることが多いようですが、
その結論に至るタイミングやプロセスに個人差があるわけですから
教えに納得できるまでに要する時間にも差が出てきます。

場合によっては、その個人差の部分で納得ができず
教えに対して不満を感じる人もいるでしょう。

それで不満をキッカケにして離れていけば、どこか別の機会に
その人にあった手法や考え方に出会えるかもしれませんし、
あるいは、もうすっかり気にしなくなったところで、あの考え方が腑に落ちた…
なんていう場合もあるかもしれません。

そんな風に、求めた教えを離れられるだけの元気があれば
必要以上に苦しむこともないと思われます。

「合わない」とか「違う」などと感じたときに離れていけるのは
「自分に役立つものを利用しよう」という、ある意味でのワガママさというか
芯の強さというか、最終的には自分を拠り所にするだけの強さがあるんです。
ある程度の自信がある。

ところが、そもそも結論となる考え方を指導するスタイル
(「こうやって考えれば良いんです」、「こうしていれば大丈夫」といった教えなど)
には、その”答え”の明確さに惹かれる人がも集まりやすい傾向があります。

ハッキリと1つの結論を示してくれたほうが分かりやすいんです。
「それだけやっていれば大丈夫なんだ」と期待しやすいんです。
「これで自分も楽になれるかも…」と、その先に光を見出しやすいんです。

言い換えると、その教えに頼ったり、すがったりしたくなる。
そこだけが希望に見えやすくなる。

「1つの発想として取り入れてみよう」なんていうスタンスの人ではなく、
「そこに頼る以外にはもう他に何もない」といった深刻さや
自分を救ってくれそうな教えにすがりたい気持ちが強い状況の人もいるんです。

そういう状態にある人たちも、タイミングよく結論に納得できたり、
取り組み方が本人に合っていて上手く納得に至れたりすればラッキーでしょう。

また納得できなくても、答えを示してもらうことで希望が生まれ
それによって楽になれる人もいると思います。

それが運の悪いことに、タイミングではなく、取り組みのプロセスも合わず、
納得ができないままに心がけを変えようと取り組み続けている…
といったことが重なると、苦しさばかりが募る可能性があります。

しかも、自信が低めなほうが頼りたい気持ちも強くなりがちなところ、
そういう風に1つの結論を示してくれるところは人気も出るので
他の人たちが「ありがとうございます!やっと気づきました!」などと
納得できて楽になれる様子を目にする機会も多くなるようです。

すると「他の人はあんなに楽になっているのに、なんで私は…?」のように
比較をして自信を更に下げてしまうケースも想像できます。

そもそもタイミングが良かっただけとか、
本人のこれまでの思考パターンと心がけの方向性とが良い相性だっただけとか、
そういう可能性が高いにもかかわらず、自信を下げる要因にしてしまう。

もっといえば、「納得した」、「楽になった」という『良い報告』は
上手くいった人だけがするのであって、
上手くいくまでは報告しない場合も多いわけですから
『良い報告』ばかりが目につくのも自然なことなんです。

しかしながら、すがりたい状況にある人にとっては
これらの『良い報告』の背景が目につきにくいみたいです。

結果として、すがりたいほどの状況の人ほど、
合わなかったときに余計に苦しい思いをする場合があるといえそうです。


1つの考え方や発想が、重要な結論になるのは無理のないことかもしれません。
それだけその人にとっては大きなターニングポイントだったのでしょう。

そして同じような苦しみ方をしてきた人たちにとっても
同様に重要なターニングポイントとなる可能性が高い。

実際に、自分の見出した結論によって楽になる人たちを沢山見てくれば
その内容を自らの教えの柱にすえていくようになるのは自然な流れだと思います。

実際、多くの人に効果があった、ということになりますから。

ただし、
「この結論に納得できたとき、すごく楽になります」
というタイプの教えは、
効果の実感できるタイミングも劇的なんです。

そのタイミングが来れば楽になる。
それまでは悶々とする時期を続けつつ、地道に心がけを続ける。

タイミングや相性には個人差がありますから一概に確率は言えませんが、
喩えるなら、「サイコロを投げて1の目が出たらアタリ」のような印象があります。

一回サイコロを投げただけでアタリが出る人もいれば
何度も投げ続けなくてはならない人もいます。

そして何度も投げ続けるのは根気が要ります。

もしかすると投げ続けているうちに、サイコロの目が変わって
1の目が三面、6の面が三面のように確率が上がっているのかもしれません。
それが日々の心がけの効果として起きている可能性はあります。

しかし、それでも「納得がいくかどうか」という2択で大きな転機を迎える以上、
「アタリ」が出るタイミングまでは、納得がいかないまま続けるしかないんです。

取り組んでみようと思う人は、
そういう性質だということを知っておいたほうが
取り組むプロセスでの苦しさは減らせるかもしれません。

スタンスは明確なんです。
「地道に心がけ続けて、納得するタイミングを待つ」。

なかなかタイミングが訪れずに不満が溜まってくる人もいることでしょう。
そして「私はダメなんでしょうか?」なんて質問したくなったり。
そこに希望を見つけて、すがるように取り組み始めたのに
なかなか楽にならない、というのであれば無理もありません。

そうした苦しい状況に対する教えも、やっぱり明確みたいです。

「考え方の癖がとても強いので、発想が変わるまでには時間がかかります。
 諦めないで地道に取り組んでください。」と。

シンプルにいえば、「合わない」んです。

一気にターニングポイントを迎えて楽になるような種類の方針ではなく、
少しずつ楽になっていくような方針のトレーニングであれば
こういうもどかしさは起きにくいものですが、仕方ありません。

「結論となる考え方を先に伝えて、
 それが納得いくまで心構えを変えるように取り組む」
というのが、その教えの根幹なんですから。

誰に対しても同じ。
ブレない。

シンプルで明確な方針を出すことによって
相性やタイミングの違いはあっても万人向けにすることができます。

多くの人に対して発信していくには必要なことなんでしょう。

相性とタイミングが合わない人は
「なかなか効果の出ない厄介な人」として見なされます。
合わせるのは、取り組む本人の責任ということです。

目の前のクライアントに合ったやり方で援助するスタンスとは反対なんです。
こちらは、取り組む本人に、カウンセラーが合わせるわけです。

クライアントに合わせるスタンスのカウンセラーであれば
「厄介なクライアント」といった捉えからはしません。
クライアントに合わせた対応が上手くできない自分の技量に注目するでしょう。

個人差に合わせないスタンスを保つからこそ『教え』になって、
教えの根幹となる結論を伝え続けられるんだという話です。

それが万人向けの教えに求められる要素だと感じます。

僕が見たり聞いたりしてきた、多くの人に人気の教えは
ほとんどが、シンプルで明確かつブレないスタンスを取っています。

(「ほとんど」と書きましたが、思いつく範囲では「全て」に思えます)

自覚して決めたスタンスだったのかは分かりませんが
多くの人への影響を考えた場合、ブレない結論が求められるのかもしれません。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
育むコミュニケーション


【日時】 
  2018年12月23日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は1月〜2月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード