2015年08月03日

飛行機頭痛

どうやら飛行機は偏頭痛によくないらしいです。

気圧が下がると血管が広がります。
偏頭痛の理由として説明されるのが
 拡張した頭の血管が三叉神経を圧迫して痛みを生む
ということですから、血管が広がる低気圧はよろしくない、と。

ペットボトルやお菓子の袋なんかでもパンパンに膨れ上がりますから
その広がりは大きいのかもしれません。

膨らんだペットボトルやお菓子の袋も、一度開封してしまえば
機内の気圧と同じになりますから、「膨らむ」ということはなくなります。

ということは頭にしても、上手く体の気圧を調整して
体内の気圧を機内と合わせてあげられれば負担は減るはずです。

そのため、耳抜きや鼻の通りが重要になるんだとか。

しかしながら、ちく膿や鼻炎を持っていると鼻腔内が埋まってしまって
頭の中の気圧調整がされにくくなるという話もあるようです。

僕は耳鼻科に行くと「ちく膿」だと言われますから
その点でも注意が必要なタイプなんでしょう。


案の定と言いますか、よく飛行機を利用していた会社員時代を思い返しても
飛行機の中で頭痛を感じることは多かったものです。

当時は長期休暇のときに東京へ戻ってきて体を休め
また実験三昧の日々へと帰っていくのがパターンでしたから
心身のバランスの変化も急激だったんでしょう。

偏頭痛はストレスとの関連も言われますし、
緊張が解けて血管が緩んだときに起きるという話も聞いたことがあります。

その意味では、最近、セミナーの関係で飛行機を利用するのは
偏頭痛が起きやすい状態なんだろうと考えられます。

セミナー中は観察や気配りの量が増えますから、
終了後には目や首の疲労が溜まっていることが多いんです。

まばたきの回数も減るみたいですし、酸欠気味にもなります。
とにかく注意を払う程度が高まっている状態です。

それが終わってからの帰りの移動では、緊張が急激にほどけます。
新幹線でも、都内の電車でも、強い睡魔に襲われるのも少なくありません。

この急激な緊張の緩みが偏頭痛を起こしやすくするのだとしたら、
そこに飛行機の移動が加わるのは偏頭痛の可能性は更に上がる。

緊張が緩むところへ、飛行機で気圧が下がる。
頭の血管は拡張して神経を圧迫し、偏頭痛を生む。
…そんな影響が伺えます。


おまけに、偏頭痛が起きるときには
光や騒音のような刺激が良くないそうです。

飛行機の中は常にエンジン音があり、振動も多いですし、
先日は、ずっと子供が全力で泣いていましたから、
偏頭痛はエスカレートしやすいと想像できます。

狭い座席で肩をすぼめ、身動きも取れずに体を固めるのも
肩や首の緊張を高めて頭の血流に影響を及ぼし、
頭に血がのぼったような状態が続きやすい感じがします。
そしてこのときに頭痛が長続きする。

ちく膿についても、思い当たるフシがありました。

セミナー中は水分の循環が普段と変わるようで、かなり多めに水を飲みます。
ですが、排出される程度が高いのか、脱水気味の状態になりがちです。
水をたくさん飲んでもトイレで出るほうが多いような感じ。

だから喉が渇きますし、鼻の中も渇いて
少し鼻が詰まった感じにもなりやすいんです。

鼻が詰まれば頭の中の気圧調整は妨げられます。
よろしくない。
偏頭痛を引き起こしやすかったみたいです。

混雑した飛行機でトイレに行きたくないからと、
搭乗前には水分を控えていたのも逆効果だったかもしれません。


色々と考えてみると、セミナーを終えてから飛行機で移動するのは
偏頭痛のリスクを非常に高めていたことがうかがえます。

実際、飛行機で戻ってきた日は、偏頭痛でうめくことが多かったものです。
飛行機と偏頭痛の関係を調べてみて、妙に納得するばかりでした。

最近は体のケアのおかげで偏頭痛の頻度が減っていたので
逆に安心して気にかけないでいたんですが、
飛行機に関しては注意が必要なんだろうと思います。

せめて鼻の通りを良くするために点鼻薬を使ってから飛行機に乗るとか
騒音対策で耳栓をするとか、メガネをはずしてアイマスクをつけるとか、
そういった工夫ぐらいはしても良いのかもしれません。

本当は非常用の酸素マスクを使わせてもらいたいぐらいです。

自分の都合では変えられない要素が多すぎるので
改善できる範囲での工夫が必要なんだろうと思います。

cozyharada at 23:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!全般 | 心理学

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード