2015年12月07日

残像が見えます

メガネ屋に行こうかと考えています。

数日前から左目の調子が少しおかしい気がします。
なんというか、左右の目で違うものを見ている感じ。

実感としては、かなり左目が使えてきているという印象なんです。
前は右目ばっかりを使っていたので。

左目で対角線に右視野を意識する度合いが高まっているようです。
体の左右バランスが良くなってきていることとも関係すると思います。


で、仕事の後、テレビを見ていて気づいたんです。
左目だけ残像が見えていて、テレビ画面がよく見えない。

光を長時間見ていたあと目の前に白い光のようなものが残りますが、
あのような感じで左目にだけ光が焼きついたみたいになるんです。

明るさのコントラストが強かったり、色のコントラストが強かったりすると
その部分が白くこびりついたようになります。

この間はセミナー中にホワイトボードに字を書いていたら
残像が見え始めてきて、とても見づらくて困りました。

休憩時間にトイレに行って鏡を見たところ
左右の目が見ている方向が若干違うように見えました。
左目が少し外を見ている状態。

網膜か視覚野の調整のせいで光のような残像が見えるんだと思いますが
問題は左目の運動のほうにあるような気がしています。

前はほとんど使っていなかった左目でも物を見るようになって
左目からインプットされる視覚情報の量が増えてきた。

反面、左目を使うことに慣れていないため
ピントを調整したり、目を動かしたりする筋肉が鍛えられていない。

結果として、左目ばかり同じものを見続けることになってしまって
残像ができてしまうのではないか、と。

とくにカウンセリングやセミナーの後では
左目の筋肉が疲れてさらに調整が効きにくくなって
夜中にテレビを見ようとすると画面がまともに見えない、
といったことが起きていると思われます。


僕は子供の頃からずっと右目に偏った見方をしていて
目が悪くなってきてからは左右の視力差が大きくなってしまいました。

ですから僕のメガネの度は左目のほうが強いんです。
左目を強めに補正している。

その状況で左目が使えてきていて、
もしかすると視力も回復してきているとなったら、
今は左目のほうが視力が良くなっているかもしれません。

だとしたら、使い慣れていない左目がハッキリ見え過ぎないように
少なくとも左右の視力バランスを調整するぐらいはしてもいい気がします。

そのためにメガネ屋にいって視力を検査してみようかということです。


眼科?
サードオピニオンぐらいで行くかもしれませんが
自信を持って答えられる状態なのかどうかで判断します。

cozyharada at 23:53│Comments(2)TrackBack(0)clip!全般 | NLP

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鳥井   2015年12月13日 20:46
私も左右の眼の視力の差が大きいので、すごく興味深いです。

もし、左目の視力が回復していることがハッキリわかったら、どうやったのか教えていただけるとありがたいです。

>右目に偏った見方をしていて
目が悪くなってきてからは左右の視力差が大きくなってしまいました。

ですから僕のメガネの度は左目のほうが強いんです。

ここがよくわかりません…。
右目を使い過ぎて、使わない左目の筋肉が衰えてきたから、ってことでしょうか?

2. Posted by 原田   2015年12月15日 08:54
鳥井さん

メガネ屋がデータを2年しか保存していないらしく、左目の視力が良くなったのか、右目が悪くなったのかを知る方法がないんです。メガネ屋は「目が良くなるはずはない」という前提があるようでしたから、当たり前のように「右目が進んでいる」と言われましたが。
ただ、両目の補正視力をそれほど強くしていないはずなので、最近の視力の数字は前よりも良くなっているのではないかと個人的には思いました。

視力の回復は定かではないですが、左目でも見るようになったのは、体の左右バランスが整ってきた影響があると思います。整体に行きだしてからです。腕の良い整体を受けると、目の偏りも小さくなるのかもしれません。

ちなみに、
目が悪くなってきたのは中学生のころからでした。当時から右目が利き目だという自覚があって、左目はあまり使っていなかったと思います。おっしゃる通り、左目を使っていなかったから左目の筋肉が衰えてきたんだろうと想像しています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード