2016年03月26日

出来るようになるために

たとえば「英語を話せる」ことの基準は
人によって随分と違うものです。

日本人の英語学習者がネイティブと比べれば
どこか見劣りする部分があるのは仕方のないことかもしれません。

出来るようになってくるほど、
今まで出来ていなかった部分に気づけるだけの着眼点も身につく。
いつまで経ってもネイティブには追いつけない気がするんでしょう。

一方、「私は英語をまったく話せません」という人であっても
実際には日本人なら相当な英語を知っています。

ゆっくり時間をかければ不自然でも文法どおりに文章を作れたり
単語さえ辞書で調べればコミュニケーションできることも多いはずです。

少なくともそのレベルは、アラビア語やスウェーデン語のように
文字通りまったく知らない言葉を「話せない」というのとは意味が違います。

何をもってして「出来る」と呼ぶかは
比較対象や判断基準の量によっても
かなり異なってくるようです。


出来ていないのに「出来ている」と思ってしまえば伸びません。

探せば多くの改善の余地が見つかって
そこをトレーニングすればもっと上達できる。
そういう場合でも「出来ている」つもりの状態からだと
出来ていない部分を探すのが難しくなってしまうみたいです。

内面的に見ても、自信があるから出来ていると思ってしまうようでいて、
実は、出来ていないことを謙虚に受け止める自信がない可能性もあります。

自信があるからこそ、出来ていないことを受け止め、
もっと出来るようにしていこうと思えてくることもあるでしょう。


反対に、出来ているのに「出来ていない」と思っても上達しにくい。

出来ているところを認めるから、それを定着させられるし、
出来るところ増やすために次の課題に集中できます。

出来ているところを見つけるから上達の喜びが感じられて
続けていくだけのヤル気も高まります。

内面的には、自信のなさが「まだまだだ」という視点を生み出すこともあれば
逆の場合もあるかもしれません。

限界を知ったり、さらなる高みを知ったりすれば
頑張った見返りが不十分に感じられてショックを受けることもあります。

最初から「出来ていない」と思っておけば
「せっかく頑張ったのに…」というショックは受けなくて済みます。

「出来ていない」と判断するのが謙虚なようでいて、実は
自信や期待の高さと関係していることもあります。

高い理想を見ているから「出来ていない」と感じるのだとしたら
その高い理想地点に辿り着ける可能性を認めてもいるわけです。

たとえば英語のネイティブと比較して「英語が話せない」と判断するのなら
ネイティブと同じようになれる可能性を否定はしていない、ということです。

最初から「ネイティブと同等にはなれない」と諦めていれば
そこと比べる発想が出ないのではないでしょうか。

さらにいえば、もっと出来る人と比較をするときに
その高みへ辿り着くまでの努力の量を考慮していない場合もあります。

出来るまでの道筋を踏まえることなく「出来ない」と言っているのだとしたら
自分の努力の量について見ていないのかもしれません。


出来ているところと、出来ていないところをニュートラルに見る。
目指す到達点として、辿り着けそうな範囲を設定する。
そこへ到達するまでに必要な努力を知る。

いずれも客観的に捉えられると
上達の効率も高くなるのではないかと思われます。

cozyharada at 23:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!NLP | 心理学

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード