2017年01月09日

【セミナー】心の動きを捉えるコミュニケーション

ご案内: 2月5日(日)開催

   コミュニケーション講座 〜心の動きを捉えるコミュニケーション〜



2月の講座のご案内です。
内容はコミュニケーション。
テーマは『心の動き』とします。

拙著「心を読み解く技術」の内容の一部を
コミュニケーションで実践的に練習するような形ともいえそうです。

NLPでいうと「パート」の概念に対応しますが、
一般的なNLPのセミナーで扱うやり方とは異なります。

悩みを解消する”スキル”の1つとしてイメージワークをするのではなく、
「パート」という概念を用いた会話的なアプローチを行います。

会話の中で相手の『心の動き』を捉える。
そのときに「パート」という概念を採用する。
もっと日常的な場面で、普段から頻繁に活用できるようにする狙いです。

NLPでも、セラピーでも、カウンセリングでも、心理療法でも、催眠でも、
様々な手法・スキルが扱われますが、その大部分は実際のところ
セラピーやカウンセリングという専門的な場面で使われるのが大半です。
言い換えると、オフィスや喫茶店で使うには不自然なものも多い、と。

その点、パートの考え方を元に相手の心の動きを理解する方法は
日常のコミュニケーションで気軽に使える種類ものです。

NLPを知らない人でも説明を聞けば直感的に納得しやすく、
技術としてトレーニングするにも取りかかりやすいでしょう。

そういう意味でもオススメの内容です。
以下に講座内容のポイントを解説しておきます。



どなたにも実感はあると思いますが、
心は一定の固定されたものではありません。

むしろコロコロとそのときどきで移り変わります。
考えとして浮かぶものも火によって時間によって違いますし、
感情が移ろいでいくことも多いでしょう。

他人を理解するのが難しい理由の1つが
この「心の動き」にあるのではないでしょうか。

実際のところ、「自分」という認識は非常に柔軟です。
自分の中に起きて意識されるものを一通りまとめて「自分」と捉える。
ですから考えや感情に変化があっても、そこまで含めて「自分」となります。

一方、他人は人のことを見えている範囲でしか理解しません。
しかも見えているところを、本人の経験と照らし合わせて評価する。
その人自身の捉え方と、外から見ている他人の捉え方とでは
大きく異なってしまうのが一般的です。

だから他人からすると「誰かのことを誤解」していたり
予想外の対応を受けて「裏切られた」と感じたり、
「なんで急にそんなことをするのか分からない」と思ったりするのでしょう。

その人自身の中では、ごく普通の「自分の心の動き」でしかないものが
他人からすると一貫性の無いものに見えて理解ができない。
「こんな人だとは思わなかった」という事態になるわけです。

他者と関わるときにも、その人の『心の動き』を把握しようとすると
このあたりの理解の幅が広がります。
その人の中の色々な側面が移り変わっていることに気づけます。
その人を一部から捉えるのではなく、全体として把握できるようになります。

まずはここがポイントです。


その次のポイントが「分かってはいるけれど…」という心の状態。

頭では分かっているつもりなのに気持ちが乗らない、
行動に移せない、気が引けてしまう、何か引っかかる…、など。

こうなってくると、その人自身でさえ「自分」に一貫性がないと感じます。

他人からしたら「それなら、こうすればいいじゃないか」と言いたくなりがちですが
その人自身の中だって、何が起きているのか分かっていないのです。
心の中に整理がついていない状態です。

こうした場合も、『心の動き』として捉えていくと理解がスムーズになります。

悩み相談の多くには、このような複雑な心の動きが含まれているものです。
ですから相手の話を聞きながら、その心の動きを捉えられると
相手に共感的な理解をしやすいだけでなく、
悩みを話しているほうも「分かってもらえた」と感じやすいはずです。

悩みの中でモヤモヤと霞がかかったような心の中を
まずはスッキリと見やすくする。
すると話している本人にも、何をしたいのかが気づきやすくなります。

対人コミュニケーションの技術として、このように
相手の心の複雑な動きを言語化し、共感的なメッセージにするわけです。

このとき、複雑な心の動きを許容的に伝えるのが重要です。
「〜な気持ちもあるし、…な気持ちもある」といった感じ。

心の中には、常識的には相容れないような気持ち・考えが
同時に共存していることが当たり前にあるものなんです。

この点を納得できるようにトレーニングしていきます。

それによって相手の話を聞きながら、相手の複雑な気持ちを
どれか1つの考えに偏ったりすることなく均等に受け止められるようになります。
相手を全面的に許容しやすくなるということです。

例えば、「苦しさを分かってもらいたい」気持ちがあるのと同時に
「簡単にこの苦しさを分かったつもりになってもらいたくはない」
という気持ちも共存していたりする。

「自分を変えて、もっと良くなりたい」気持ちがあるのと同時に
「今のままの自分を受け入れたい」気持ちがある。

そういう複雑な心の動きを受容できるように、
・相手の心の動きを捉える練習
・複雑な心の動きを効果的な形で伝え返す練習
とを行います。


さらに、実際の心の動きを「流れ」や「変化」として捉えるトレーニングもします。

どのタイミングで、どんな気持ちが動いたのか?
何をキッカケに気持ちが入れ替わったのか?

ちょうど舞台演劇を見ているように、
心という舞台で役をやっている登場人物たちのやりとりを捉えるイメージです。

誰がこんなことを言うと、次にこのタイミングで別の人が舞台に出てきて
するとさっきまで黙っていた誰かが話しだして…といった感じ。

そんな風に心の中の動きを、「様々な気持ち同士のやりとり」として捉える。
このときに順序やタイミングが重要になってくるんです。

タイミングや順序を捉えられると、それぞれの気持ちを分けて見られます。
区別して捉えることができるわけです。

前述の「〜な気持ちもあるし、…な気持ちもあるし」といったような場合も、
折り合いのついていない2つとして区別しながらピックアップできれば、
それぞれの気持ちごとに考えを深めていくこともできます。

「〜な気持ち」について集中的に事情を聞き、考えの根拠を探れます。
最初に気持ちの種類を区別しておくから、
そちらの気持ちについてのみで話を進められるということです。

一般的な会話のように区別しないままだと
「〜な気持ちもあるし、でも…だし。
 ○○かなぁとも思うけど、そうすると△△になってしまうから、
 やっぱり●●のほう良いかとも思う。
 なのに▲▲を気にすると、イマイチ気持ちが乗らなくて。」
のように、話が行ったり来たりするものです。

複雑な心の動きがあるときには、話があちこち飛びやすい、と。
聞いている側としても、相手の言いたいことがハッキリせず混乱しやすい。

そこで最初から気持ちの種類を区別しておいて、
1つの気持ちごとに聞いていけば、聞いていて理解しやすいだけでなく、
話しているほうとしても集中的に自分の気持ちを探れますから
普段よりも深いレベルの気づきが起きやすくなるんです。


ということで、
 心の中で起きていることを
 「さまざまな気持ちが共存している」という発想のもとで的確に区別し、
 それぞれの気持ちごとに理解を深めていく…

のが講座の中心となります。

そのうえで、複雑な気持ち、相容れない気持ち同士で
どうやって折り合いをつけていくのかもトレーニングします。


一度この観点のコツを掴んでおけば、
他の人が何かの作業をしていたり、会話をしていたりする場面は全て
トレーニングの題材として活用できるようになります。

クレームを言っている人を見かければ、
何が火に油を注ぐポイントだったのかも見えてくるでしょう。

よく言われる「地雷」(逆鱗に触れるところ、怒らせてしまうキッカケ)も、
格段に予想をつけやすくなるはずです。
他の人からすると「地雷がよく分からない」ような人物に対しても
パターンが掴めてくると期待されます。

もしかしたら認知症のようなケースでも
一見すると脈絡のない行動が、心の動きとして理解できるかもしれません。

慣れてくると、揉め事の仲裁などには、かなりの効果を発揮すると思います。

コミュニケーションの技術として活用する上でも、
人の「心」というものの性質を理解するうえでも、
実用的なテーマではないでしょうか。

座学は少なく、少人数制の参加型・体験型ワークショップとなります。
グループで意見交換や、コミュニケーション技術の練習をしたりします。


気軽なスタンスで積極的に取り組んで頂ければ幸いです。



◆録音/録画、再生機材に関しまして
講座全体の内容は、ICレコーダーやビデオなどで
記録いただいても構いませんが、あくまで
個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【セミナーの詳細】

≪コミュニケーション講座 〜心の動きを捉える〜≫

【日時】  2017年 2月5日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 303集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

心理学の歴史の中では、もっとも初期の段階で
構造主義と機能主義という2つの立場がありました。

構造主義は、心を構成する要素を調べようとする立場。
喩えるなら、化学が物質を構成する成分として元素を見つけたように
心にも構成成分があるだろうという発想でしょうか。

もう一方の機能主義は、意識の流れを理解しようとする立場です。
心というのは1つの決まった「もの」ではない。
意識の中に様々なものが表れてくる。
その「流れ」を捉えたい、と。

機能主義のほうは、化学に喩えると化学反応に注目する感じかもしれません。
反応速度とか物質移動とか、定量的な方向性に思えます。

実際のところ、初期の心理学ではどちらも上手くいかなかったようです。
客観的に説明できる手法が見つからなかったのでしょう。
少なくとも共通認識としてお互いに理解し合えるような着眼点がなく、
主観的な話で終始してしまっていた。

心理学そのものは、そこから客観的に測定可能なものを重視するようになり
科学としての側面を強めていくことになります。


それから時を隔て、NLPが再び構造主義的なアプローチをとります。
心の構成要素を調べ始めたんです。

主観的な体験を説明しようとする行為ですから
客観的なデータとはいえません。
その意味でNLPは科学としての心理学にはなりえません。

それでも初期の心理学で構造主義がやろうとしていたことを
かなり詳しいレベルでできるようにしたとは言えそうです。
そして共通認識として複数の人が、主観的な体験をシェアできるようになった。
それによってモデリングができるようになったわけです。

心の構成要素がどのような組み合わせになっていると
どのような体験が生まれるのか?
そこを調べるのがNLPの重要な側面だということです。

NLPの言葉でいうと、サブモダリティとかがこちらです。


さらにNLPはパートの概念を使い始めます。
心を部分化して、普段意識していないところに気づいていくやり方です。

この着眼点で丁寧に心の中を眺めていくと
「意識の流れ」が見えてきます。

こちらも客観的なデータにはできませんし、数式化することも難しいですが
それでも、ある人の心の動きを共通認識としてシェアすることは可能です。

心を1つのものとして見ている限り説明できない心の動き(意識の流れ)が、
パートという「心の機能1つ分」に注目して
どんなパート(機能)が移り変わっていっているのかを記述することで
言葉として説明できるようになるわけです。


実際のNLPの資格取得コースでは、
心の構成要素を細かく見ていくアプローチも
心の機能のプロセスを追いかけていくアプローチも、
いずれも丁寧にやられることはありません。

盛りだくさんの講座の中で、そこまでかける時間がないのでしょう。

NLPをスキルや手法の寄せ集めとして捉え
自分が使えそうなものを利用していくという方針であれば、
確かにそこまで心の「しくみ」を気にする必要はないのかもしれません。

一方で、心やコミュニケーションに興味を持つ人の多くには
「相手を理解したい」、「人の気持ちを分かりたい」
といった率直な願望もあるのではないかと思います。

方法や手順ではなく、目の前のその人に関心があるからこそ
湧きあがってくる願望ではないでしょうか。

N偶然なのか意図的なのか、
NLPは心理学の初期に議論されていた「心を理解する着眼点」の両方を
それなりに上手く扱えるようにしてくれます。

データとして扱えなかったとしても、
相手の心の内側を共有するところまではできそうです。

心の仕組みを説明し、それに沿って相手の気持ちを理解する。
そういうことを可能にしてくれました。

昔の人がやろうとしてできなかったことに近づいたとも言えそうです。
その意味でも有意義なアプローチのような気がします。

ご興味がありましたらお越しください。

おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《心を調える実践会》

【日時】 2017年9月10日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    304集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


【日時】 2017年9月24日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 北とぴあ
    801会議室

    JR王子駅より2分
    南北線王子駅直結

詳細はこちら>>
次回開催は10/15の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード