2017年02月11日

一方通行の情報

僕のFacebookは基本的に仕事繋がりです。
受講生の方の投稿が上がってくるのが大半。

もちろん友達として登録されていますから
その人たちが「いいね!」をしたものは僕のところからも見られます。

すると、僕の好みとは無関係の記事も数多く目にすることになります。

もちろん心理系の話題が一番多いとは思いますが、
政治的な話題とか、健康の話も頻繁に見受けられますし
自己啓発やスピリチュアルの方向性の記事も上がってきます。

心理系の話は比較的、技術論や心構えについてのものが多く、
さまざまな方向性が入り乱れている印象を受けます。
好みや専門性の違いといった感じ。

それがもう少し個人的な信念と結びついたものになると
方向性が両極に触れてくるような雰囲気が見てとれます。
両極端の考えの人がいる。

そもそもがプライベートな繋がりを想定した使い方ではなかったですから
個人的な信念は表現しないほうが無難だろうと思って、
他の人の信念に関することにも意見表明は控えると決めておきました。

両極の考え方があったとき、片側にだけ「いいね!」をすれば
自分自身の意見を示しているのと同じになってしまいますし、
両方に「いいね!」をすれば、相反する考えを示してしまいます。

何より、僕が「いいね!」した記事を他の人も見ることになりますから
場合によっては見たくないものを見てしまう知人も出てくる可能性があります。

なので自分の中の決まりごととして「いいね!」をしないことにしたわけです。


とはいえ、科学的な情報がシェアされていると
その内容が気になってしまう場合はよくあります。

「いいね!」をするかどうかではなく、むしろ論理的な矛盾を指摘したくなる。

例えば以前によく見かけた内容の記事で
「カレーを食べると幸せホルモンのセロトニンが分泌されて幸せになる」
といったものがありました。

ここには
・脳内の神経伝達物質としてセロトニンが幸福感に関わっている
・セロトニンの90%は腸で作られる
・カレーを食べると腸の働きを活発にするためにセロトニンが作られる
などの情報がミックスされています。

確かに科学的な知見として、セロトニンと幸福感の関係は知られています。
セロトニンの90%も腸で作られるというデータがあるんでしょう。

しかし、腸で作られるセロトニンは
腸の神経系において神経伝達物質としてメインで使われるために
全身の大部分のセロトニンが腸に存在するらしいんです。

それに伴って腸で使われるセロトニンも腸で作られる。
だから90%のセロトニンは腸で作られ、そこで使われるようです。

問題は、この腸で作られたセロトニンが脳には運ばれないということ。
脳のセロトニンとは別の話なんです。

仮に脳でセロトニンが沢山作られたとしても
セロトニンの分泌とは直結しないような気もしますが、
まぁ、セロトニンが多く作られたほうが幸福感が上がるとしましょう。

だとしても腸で作られたセロトニンと、
脳内のセロトニンに基づく幸福感は別の話のはずなんです。

もしカレーを食べると腸のセロトニンが増えるというデータがあったとしても
「カレーを食べると幸福になれる」という話にはなりません。

美味しいカレーを食べると幸せを感じられる人は多いでしょうが、
それは腸のセロトニンとは無関係でしょう。

さらには、「セロトニンの大部分が腸で作られる」ということと
「脳のセロトニンが幸福感と関わる」ということを引き合いに出して
「だから腸が大切」という結論に持っていくケースも見受けられます。

腸は大事だと思います。
腸内細菌の影響の大きさも示されてきていますし、
体感としても腸の働きの重要性は実感します。

ただ、そのこととセロトニンが腸で作られることとは関係ありません。

腸の大切さを主張するのに、論理的に無関係な知見を持ってくるのは
意図的なのか知らないだけなのか定かではありませんが、
詳しく検証されないままに“科学的な話”が利用されることは多いようなんです。


Facebookなどでシェアされる情報には
その人の好みや信念に沿った内容が多いと考えられますが、
不確かな話でも広められてしまう危険性も高いように感じます。

その不確かさや論理的な矛盾を指摘するのが良いかどうか分かりませんから
引っかかったとしても、特に何もしないことのほうが多いのが現状です。

信念は支えになります。
大事にしていることも感じとれそうです。

だからこそ人間関係としては、その信念を尊重したいものです。

そして一方で、不確かさに気づいてしまうところもある。

最初から情報として僕の目に入ってこない形になっていれば
そんなことを気にすることもないのでしょうけれど…。

インターネット検索と違って、幅広い情報が入ってくるのが
SNSのメリットでもあり、デメリットでもあるのかもしれません。

cozyharada at 23:31│clip!コミュニケーション | NLP
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《カウンセリング講座》
〜セルフイメージの整え方〜


【日時】 2017年4月23日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    303集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


詳細はこちら>>
次回開催は6月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード