2017年02月20日

問題意識〜心の癖に気づけるか〜

人には無数の心の癖があります。

パターン化された行動や感情、考え方など
自動的に起こるものは心の癖といっていいでしょうが、
特にワンパターンで他の選択肢がない状態は
「癖が強い」、「パターンが強固」、「柔軟性がない」といえそうです。

しかしほとんどの心の癖は、それがワンパターンであったとしても
それほど大きな”問題”になりません。

全ての人が心の癖をもっていますし
その癖の間で相性の良し悪しは生まれますが、
大部分は「よくある範囲」の結果に終わります。

ここでいう結果は、そこで起こるコミュニケーションそのものとか
その後の人間関係とか、相手との関わりから生じる利益だとか、
あらゆるものを含んでいます。

とにかく自分が外的な刺激に対して反応した結果のことです。

で、この結果に対して「望ましい/望ましくない」の評価がなされます。
単純に「好き/嫌い」の話です。

「望ましい/望ましくない」の評価は、基本的に経験がベースです。
慣れの問題。

慣れ親しんだものを快適に感じて「望ましい」とすることもあれば、
慣れていないだけの理由で不安を感じて「望ましくない」とすることもある。

特別なケースでだけ味わえる報酬と似た出来事であれば
喜びの記憶が引き出されて「望ましい」と評価されますし、
ストレスになるような出来事でも頻繁に経験して慣れてしまえば
そこが「よくある範囲」になりますから、「望ましくない」とは評価されません。

ここで、「快適」だとか「不安」とか「喜び」とか「ストレス」とか、
評価の基準となっているものが感情になっているのがポイントでしょう。

自分が何かをしたときの結果として起きる出来事に対して感情が起きる。
それがポジティブな種類の感情なら「望ましい」、
ネガティブな種類の感情なら「望ましくない」という評価になる、と。

実際には、自分の中に起きている感情に対して
さらに次の感情が生まれる場合があります。

例えば、すぐに落ち込んでしまう自分に腹が立つ、とか。
落ち込みの反応に対する評価の結果、次の感情が生まれるケースです。

逆にネガティブな感情が起きているのに、
それをネガティブに評価しない場合もあります。
ストレスに慣れてしまうようなケースはこれです。

つまり、
”垈な気持ちになることに対して不快になる場合、
不快な気持ちが生まれても、そのことに慣れていて
 不快なことについての不快感は抱かない場合、
ただ不快な気持ちが起こって、すぐに忘れてしまう場合、
がある、と。


いわゆる”問題”として認識されるのは,離院璽垢任后
ポイントはパターン化されているかどうか。

,痢嵒垈なことに不快になる」は、
自分の感情のパターンに対して不快感を抱くケース
(例:つい怒って怒鳴ってしまう自分が嫌いだ)、
自分に嫌な気持ちが起きる環境や人間関係に対して不快感を抱くケース
(例:いつも虚しい気分になる職場が嫌だ)、
の両方を含みます。

自分のパターンが問題となる場合、
環境や人間関係が問題となる場合。

いずれにしても不快な感情が繰り返されていることに注目してください。

繰り返される不快感をパターンとして捉えた結果、
その状態について不快な気分が生まれ、問題意識を持つわけです。

一方、△痢嵒垈な気持ちに慣れている」場合は、
繰り返される不快感があっても、
そのパターンに不快感を持っていません。

例えば、常にイライラしている(自分の感情のパターン)とか
ウンザリする職場の人間関係がある(環境や人間関係)とか、
日頃から不快な感情が繰り返し起きているわけです。

それでも、その不快な感情のパターンを「当たり前」の範囲に設定してしまうと
そのパターンについて不快感を持つことはなくなります。

慣れてしまうわけです。
我慢しているという意識もなく、「そんなものだ」と受け入れてしまう。

望ましい状態を期待して、それが期待外れになればネガティブな感情が起きますが、
そもそも望ましい状態を期待せず、不快感が沸く状態を「当然」と認識するため
期待外れから生まれるネガティブな感情がないんです。

だから嫌なことは起きているし、嫌な気持ちは繰り返し味わっているけれど、
そのことを大きな問題だとは思わない。
耐えられてしまうケースです。

それに対しては、繰り返しのパターンが認識されていないのが特徴です。

ネガティブな感情が起きる。
けれどもすぐに忘れる。

「嫌なことがあった」という出来事としては思い出せても、
そこに自分の感情のパターンを見つけたり、
繰り返しネガティブな感情を起こさせる環境や人間関係を特定してはいません。

例としては、電車の中で足を踏まれて腹が立つようなものです。
嫌な出来事だったし、感情も動きます。
けれどすぐに忘れる。

一回限りの出来事でパターンにはなっていないわけです。

これが例えば、「いつもイライラしてしまう自分が情けない」となれば
,砲ける感情のパターンへの問題意識となりますし、
「こんなに頻繁にイライラさせられる通勤電車は間違っている、ムカつく!」
となれば、,砲ける環境・人間関係への問題意識となります。

そして「いつもイライラするけれど、そんなものだ」とか
「いつも通勤電車にはイライラさせられるけれど、日本なんてそんなものだ」
などと認識されると、△良垈感に慣れた状態となります。

はネガティブな感情が繰り返し起きるというパターン認識がなく、
そのときにネガティブな感情になってもすぐに忘れる。
だから問題意識はない。

,魯優ティブな感情が繰り返されるパターン認識から、
そのパターンに対してのネガティブな感情が生まれて問題意識を持つ。

△魯優ティブな感情が繰り返されるパターン認識はあるけれど、
そのパターンに対してはネガティブな感情が生まれず、問題意識もない。

そういう違いです。


いわゆる「問題」は、,
 ネガティブな感情が繰り返し起きるパターンに対して
 さらにネガティブな感情を抱く
ときに自覚されるようです。

逆に言うと、そのパターンが嫌だから何とかしたいと思う、と。

心の癖として見ると、
まずネガティブな感情が沸くパターンそのものが挙げられます。
この癖を修正すれば、そもそも不快な感情が起きなくなるでしょう。
(,隆蕎陲離僖拭璽鵑悗量簑螳媼院

それからネガティブな感情が起きる前に、時間的な順番として
何かしらのキッカケとなる出来事が起こっているはずです。

この出来事を未然に防ぐようなコミュニケーションができれば、
ネガティブな感情が沸く心の癖はそのまま残るけれど
そのネガティブな感情が起きる原因はなくなります。
(,隆超・人間関係への問題意識)

ちなみにこの場合、修正するのはコミュニケーションの仕方としての
心の癖だということになります。
感情レベルの癖ではなく、行動やコミュニケーション技術として
心の癖を修正するという話です。

また、ネガティブな感情が繰り返し起きるパターンについての認識も
1つの心の癖です。

△里茲Δ法崚たり前」、「こんなもの」と考えるようにすれば
ネガティブなパターンに対して更にネガティブな感情が起きることはなくなります。

あるいはネガティブなパターンが起きることを、
もっと肯定的に捉え直しても良いでしょう。
「これは学びのチャンスだ」とか、「嫌なことがあれば、他で良いことがある」とか、
様々な考え方で、ネガティブなパターンに対処している人がいます。

,杷Ъ韻気譴詭簑蠅梁仆茲箸靴董⊃瓦諒覆鮟だ気垢詈法は色々あるわけです。


いずれにしても心の癖を修正すれば問題意識がなくなります。

大部分の人は、そうやって問題意識を元に物事へ取り組みます。
そして問題意識がなくなれば、あまり気にせずに普段の生活を送る。

しかし問題意識がないことと、心の癖がないこととは違います。

環境が変われば、今までは問題になっていなかった心の癖が
急にネガティブなパターンを生み出して問題になることもある。

まぁ、その都度、問題意識を元に心の癖を修正していけば
自然とスムーズな方向に進むかもしれません。

ただし問題意識を指標にしていると、
将来に厄介なことに繋がるかもしれない心の癖を
自覚できない場合もあります。

△離優ティブなパターンに慣れているケースは、その典型です。

人は慣れてしまうんです。

慣れてしまうと、慣れていることにさえ気づかなくなる。

問題意識がなくなってきた後には、
繰り返されるパターンに対するネガティブな感情が減ります。

「このパターンが問題だ」という認識がなくなるわけです。

すると自分のパターンを自覚するキッカケが減ります。

その後は、自ら「どんなパターン、心の癖があるだろう」と振り返り、
その癖を修正する段階が来るのかもしれません。

別にそんな面倒臭いことをしなくても生きていけますし、
問題意識がないのであれば幸せな状態だとは言えるでしょう。

事前に対処するか、問題が起きてから対処するかの違いだけでしょうか。

あまり気にしなくても良いところとも言えそうですが
1つ僕が気づいているのは、
 そういうパターン・心の癖を自ら発見して修正することを事前にしておくと
 人生の展開がスムーズになる場合が多い
ということです。

知らないうちに自分を制限していた何かが取り払われて
チャンスが上手く機能しやすくなるようなイメージ。

根拠はありませんが、そういう側面もあるような気がします。

cozyharada at 23:21│clip!NLP | NLPの基本情報
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

近日公表

《コミュニケーション講座》
〜言語表現力トレーニング〜


【日時】 2017年6月25日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    304集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


概要はこちら>>
次回開催は8月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード