2017年08月24日

【ワークショップ】心を調える実践会

ご案内: 9月10日&24日(日)開催

   心を調える実践ワークショップ


先にご案内していた内容になりますが(概要はこちら)、
実践・修行という観点から心と向き合う時間を取ります。

セミナー形式でテーマに沿った内容を紹介・練習するものではなく、
トレーニング、イメージワーク、瞑想、質疑応答、ディスカッションなど
様々な形でそれぞれの心を調える時間とします。

ここで「整える」の文字を使っていないのは
「意図的にコントロールする」という趣旨とは異なるためです。

むしろ自然な状態、無理のない状態、自然や場と『協調』した状態…
の方向に戻っていく趣旨です。


人は経験から様々なことを学習して、
その学習したパターンを自動的に使い続けます。
プログラムされたものが動いていると言ってもいいでしょう。

それは効率的だからです。
特に幼少期は新しい体験が多く、社会に適応する準備として
非常にたくさんのことを身につけていかなければなりません。

毎回、その場その場で判断していたら処理しきれない。

その点、過去にあったものと同じような場面を
以前に上手くいった(ベストではなくても何とか乗り切れた)方法で、
あれこれと検討することなく自動的に対処できれば、
新しいことへの対処を検討・学習するほうに力を注げます。

膨大な量の対処法を一気に身につけなければならない時期には
過去にうまくいったやり方をとりあえず再利用する方法は効率的なんです。

そして、そのやり方を再検討することは少なく、
多くの場合、一度自動化された方法が使い続けられます。

使い続ければさらに学習は定着してワンパターン化が進む、と。

上手くいっているうちはいいんです。
いわゆる「強み」、「得意な能力」は
初期の学習が上手くいったケースともいえるかもしれません。

それでもワンパターンが通じなくなる時期が訪れる場合があります。
今までのやり方が通用しなくなる。

やり方を変えればいいだけの話に思えるかもしれませんが、
学習が定着し過ぎていると、慣れ親しんだ方法を変えるのに抵抗が出ます。

頑張って変えようと踏み出しても、今までやったことがないので
どういう風にやればいいのかが掴めていないこともあります。
結果として、挑戦してみたのに上手くいかない。

また、自動的なパターンになってしまっていると
頭で分かっていても「つい、今までのやり方をしてしまう」ことも多い。

なかなか変えようと踏み切れなかったり、
やってみたつもりなのに上手くいかなかったり、
やろうと考えてはいるのに、つい以前の癖が出てしまったり。

「なんだか上手くいかない」と悩みを感じるようになれば
こうした自動化されたパターンを問題として気づけるようになりますが、
「上手くいかない」ことが起きるまでの時期には
そうしたパターンに気づくことさえ大変なんです。

だから多くの人はワンパターンに近い
自動化された対応(ほぼ自動的な反応)を繰り返すんです。


単純に言えば、心の中にできた癖ですから
この心の癖を修正していけばいいわけです。

もちろん、困ったことが起こるまでは
過去に学習したパターンが上手くいっているので
問題とも自覚されませんし、変える必要もないのかもしれません。

一方で、人は常に心の癖を使っているだけでもないようなんです。
(もし心の癖を使い続けるだけだったら、修正さえも難しいはずです)

リラックスしてクリエイティブで柔軟な状態になれると
以前に学習したパターン以外に新しいものが生まれることがあります。

新しいアイデアが出てくる。
気づき・閃きが起こる。
新しい回路が繋がる。
今までやったことのないことをやる。
…そんな風に創発的な瞬間もあるんです。

そして、そういうことが起こりやすい内面の状態があります。

瞑想は、その状態を直接的に体験する手段の1つですが、
これを人間関係の中でも維持できるかどうかも重要になります。

それには実際に人と交流する場に身を置くのが効果的。
安心して、リラックスして、クリエイティブで、柔軟な状態になりながら
人と接する体験をするということです。

他者を部外者として捉えるとストレス反応的な対応がでやすくなります。
人間関係で学習されてきたやり方の多く、とりわけ
空回りしやすいパターンはストレス反応と結びついているものです。

だからこそ人と接する場の中で、ストレス反応とは違った
自然体の状態を育んでいくのが有効だといえます。

つまり、過去の学習によって作られた自動的なパターンから離れ
その場に適した対応が自然と生み出されてくる状態になるために、
大きく分けると
・過去に学習されたパターンを修正する
・自然体の状態を体験する
という2つの方向性で取り組んでいく方針です。

過去に身につけたパターンについては、イメージワークや
心理療法・NLPなどの手法を通じて再学習したり、
効果的な対応法を新しく身につけるために
コミュニケーション技術のトレーニングをしたりする予定です。

自然体の状態を体験するほうに関しては、
瞑想を中心にした体験そのもの、
イメージワークや、想像力を使った着眼点のトレーニング、
ワークショップ全体における人との交流などを通じて
直接的にその状態を調えていきます。


学習されたパターンを緩めていければ、
それだけでも柔軟性が上がります。

そもそも柔軟性が発揮されやすい状態の体験を重ねていくと
その状態に慣れてきて、日頃からそうした対応をしやすくなります。

この両方へ継続的に取り組んでいこうというのが
「修行・実践」といった言葉を選んでいる理由です。

自動化されたパターンを再学習するのは地道な作業です。
一人でもできますが、学習してきたものの量を踏まえると
コツコツと継続していくのは欠かせないでしょう。

自宅で一人でもできる方法も紹介していくつもりですから
気が向いたときに取り組んでいただければ楽になっていくはずです。

一方、一人ではヤル気が出ない場合や、
集中が続かない場合もあるものですし、
他の人にサポートしてもらうと体験が深まることもあるものです。

その意味で、ワークショップの最中に扱うのは効果的だと思われます。

そして瞑想やイメージワークを通じて体験する自然体の状態は
慣れの側面が大きいようですから、メンテナンス的な側面でも
定期的に状態を調える場が大事になると考えられます。

あんなにも自然体だった子供が、年齢を重ねるにつれて
ドンドンと自然から離れ、心の中に歪みを増やしていくんです。
そして歪みの多い状態に慣れてしまって、そちらを普通としてしまう。

特に社会生活をしていると他者の影響は大きいように見えます。
ストレスにおいても、考え方においても、行動や感情のパターンでも
知らず知らずのうちに関わる人から影響を受けて
自分にとっての「普通」が変わっていきます。

身体に起きていることと同じです。
姿勢が歪み、体が固まり、痛みを抱え、動きが悪くなっていく。
そして歪んだ状態が「普通」になってしまいます。

ですが身体を調整して、日頃から運動するようにしたら
体力も健康度も上がるようでもあるんです。

同様に心についても、ワンパターンに凝り固まってしまった状態から
自然体の状態に戻っていくための調整が大事だろう、ということです。


このとき「自然体に調える」ことを強調しているのは、
それ抜きで「過去のパターンを再学習する」だけをやっていると
「今の自分にとって望ましくないパターンを修正する」だけになって
偏った方向に進みかねないからです。

「今の自分にとって望ましいかどうか」の判断を下しているのが
結局、過去の学習の結果なんです。
過去の学習の制約を受けてしまうわけです。

それとは異なり、自然体と呼んでいる状態では
そもそも過去の学習の制約を受けません。

もちろん、過去に学習したものを捨てるという話ではなく、
ワンパターンの対応や決まりきった考え方から離れるだけのことです。
「Aのときは、Bだ」というパターンだけがなくなる。

むしろ柔軟性が上がる結果、これまでに身につけたものの全てが
常に選択肢の中に入っているような自由度の高さがあります。

これまでに身につけたものを組み合わせられる創造性があります。
AのときにBでも、CでもDでもEでも…何でも選ばれるようになる、と。

可能性を広げ、制約から離れ、しなやかに、自由でいる。
すると楽になります。

悩み、苦しみから楽になります。

そして自然体でいるとき、その人らしさが最大限に発揮されます。
世の中と最も調和した状態になり、スムーズに機能する。

自分を生きていると言ってもいいかもしれません。

ところが前述のように、社会生活をしていると
周りからの影響が大きいために自然体からズレていきます。
歪みが蓄積してしまうこともあります。

だからこそ調えます。

修行といってもトレーニングではないんです。
ひたすら実践です。

自分に戻る実践。
自分を生きる修行。

「自分を生きる”ための”トレーニング」ではなく、
「自分を生きる」という修行。
「できるだけ本来の自分らしさでいる」という実践です。


それを一緒にやりませんかというお誘いです。

継続的に開催していきたいと考えています。

コミュニケーションの技術的なこと、知識レベルのこと、
哲学的な問いについてのこと、心の苦しみについてのこと…。
心と関することであれば取り組めます。

そのときどきで、ご参加の方に応じて、内容は変わるはずです。

同じ内容を何度もやる場合もあれば、
毎回違ったことをやる場合もあるかもしれません。

人によって体験することも違うでしょう。

体系化されたプログラムではなく
そのときどきの実践を重ねていきます。

大事だと感じたらお越しください。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【ワークショップの詳細】

≪心を調える実践会、

【日時】  2017年 9月10日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


≪心を調える実践会□

【日時】  2017年 9月24日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 北とぴあ 801会議室
    (JR京浜東北線・王子駅 北口より徒歩2分)
    (東京メトロ南北線・王子駅5番出口直結)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★お申し込みフォームにご希望日をご記入ください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

般若心経の最後に
 羯諦、羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶
 (Gate, Gate, Paragate, Para Sam gate Bodhi svaha)
というフレーズがあります。

Gate, Gate, Paragate, Para Sam gate の部分を英訳すると
(いろいろな訳が見つかりますが)
Gone, Gone, Gone beyond, Gone utterly beyond
のようなものが多いようです。

日本語にするのは難しいですが、Gone なので
「進んで到達して」という感じでしょうか。

そしてGone beyond, Gone utterly beyond ですから、
「進んで、到達して、さらにそこを越えて、どこまでも越えて…」
といったニュアンスがありそうです。

つまり、
 どこまでも、いつまでも進み続ける
ということかと思われます。

修行に終わりはない、と。

此岸(こちら)から、彼岸(あちら)に辿り着いたとしても
さらに彼岸を進み続けるんでしょう。

何か目標とするものになるためのトレーニングではなく、
本来の自然な本質(true nature)を発揮し続けるための実践。
それを修行と呼ぶようです。

そしてその修行を人と分かち合う。

そんなスタンスです。

おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード