2018年05月31日

帰ってきました

この間の火曜日、日本に到着しました。

メインの目的は瞑想の修行で、そちらは丸一週間だったんですが
そのあとでサンディエゴまで足を延ばしてきたので
比較的長めの滞在となりました。


瞑想をしてきた場所は大きな湖まで歩いて30分ぐらいのところで、
山奥ではないですが、山の中にあるとは言えそうな場所です。

標高は1900mほど。
スキーでは有名な場所なんだとか。

気温は当然、標高が高い分だけ下がりますが
今年は思ったほど寒くはありませんでした。
建物の中にいる分には不自由はありません。

周りを針葉樹林に囲まれています。
木の高さに歴史と山奥の雰囲気を感じます。

基本的には杉と松が入り混ざっているようでした。

杉は日本の印象と大差ないものの、松は種類が違うのか
ビックリするほど真っすぐに高く育っています。

遠目だと杉と松の区別がつかないぐらいの生え方。
枝が下向きなのが杉で、枝が上向きだと松…そんな区別でしょうか。
もちろん葉っぱの形も違いますが。

当然かもしれませんが、松が大きくなれば
松ぼっくりも大きくなるようです。

Tahoe2

























比較のためにペットボトルと並べてみました。
ペットボトルより大きな松ぼっくりが大量に落っこちていました。

アメリカ大陸の自然の雄大さを感じるところです。


到着初日はチェックインとガイダンスぐらいだったんですが、
今年は早めに現地入りしたので、チェックインまでの間
近所を歩いてみることにしました。

といっても林の間の道を歩くだけのことです。

RNO


























日差しは暖かめではあっても気温は20度ないぐらいでしたから
気楽に散歩をしてしまったんですが、これが少し失敗。

よもやあんなに紫外線が強かったとは。

1時間半ほど歩いただけにもかかわらず、
3日目の朝ぐらいからオデコの皮膚が剥け始めました。

明らかに日焼けによる皮のはがれ方です。

こんな露骨な日焼けは子供の頃以来じゃないかと思います。

オデコの皮膚が入れ替わる頃には頭頂部の皮も剥けてきて
数日間は頭から皮がポロポロと剥がれ落ちる状態になっていました。

その状態だとチョットした日差しも頭にヒリヒリとした刺激になり
宿舎からホールまでの徒歩移動の間、頭を抱えないといけないほど。

まぁ、瞑想の期間中は口を聞いてはいけないルールなので
誰からもそのことを指摘されはしませんでしたが。

日本とは違うんですね。

同じぐらいの太陽の明るさでも、
空気の質が違うと紫外線の届く量が異なってくるようです。

乾燥していると大気中に紫外線を散乱させる水分が少ないので
おそらく、そのために紫外線が地面まで届きやすくなるんでしょう。

また空気がキレイなのも紫外線の散逸を減らすはずです。

標高が高いのも太陽に近づく分、日差しを強くしているかもしれません。

澄んで乾いた清々しい空気だからこそ、
紫外線も強くなるということでしょうか。

それでもアメリカ人は日光浴が好きなので
テラスのようなところでサングラスをかけながら
日に当たっている姿をよく見かけました。

メラニンの少ない人たちですが、
火傷みたいにはならないのか気になります。

「日光浴は体にいい」というシンプルなビリーフがあるみたいです。

「朝のフルーツは体にいい」とか
「フレッシュジュースを飲んでおけば野菜の代わりになる」とか
健康に関しての考え方は随分と単純化されている印象は受けます。

ともかく、環境も考え方も含めて
色々な違いを感じられるのも面白いものです。

ヨーロッパとも違うようですし。

自分の常識を見直すにも、普段と違う環境に行ってみるのは良さそうです。

cozyharada at 23:35│clip!NLP | 心理学
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

終了しました

《コミュニケーション講座》
〜幅を広げるリフレーミング〜


【日時】 
  2018年4月22日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年夏の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード