2018年06月06日

落差が大きい

瞑想づけの日々から戻ってきて、最初のセミナーを担当しました。

たった一日でこんなに体力的なキツさが出るとは…。

身体の痛みに対しての感度が上がっているために
講座をしている最中から負荷を自覚していたのも
シンドさを感じた理由の1つだとは考えられます。

今までは講座が終わってから肉体的な負荷を意識することが多く
やっている最中は周りに集中していて
自分の身体の具合に気づいていないフシがありましたから。


ですが、それ以上に
人の影響を受けやすくなっているのが大きいように感じます。

昼休みぐらいの段階で体中の痛みと重たさが大きくなっていて、
これまででいうと、土日2日間を終えた次の日ぐらいの印象。

呼吸もおぼつかなくなってきていた自覚があったので
昼休みの間にストレッチを少しして、トイレで一人になって瞑想をし、
呼吸と体の強張りを緩めたりもしてみました。

それでも正直なところ、一日もたなかった。
終盤には文字通りの息切れがして、
力を振り絞りながら乗り切った感じ。


セミナーが終わって一人になって、最寄りのコンビニに行って
今までだったら買わなかったような飲食物…
なんとなく体が求めていそうなものを少し購入して、
小雨に打たれながらそれを口に入れて。

そのころから徐々に重苦しさが減ってきて呼吸が楽になり
段々と回復が始まっていったようでした。

自分のための時間を取るのが回復に効果的だと感じます。

雨水も負荷を洗い流してくれるようで好印象でした。
シャワーで気分転換になるのも納得ですし、もしかしたら
滝に打たれるなんてのも同じ方向性だったのかもしれません。

とはいえ、帰宅のために電車に乗ったら、再び苦しさが逆戻り。

駅を出て自宅に近づき、人が減ってくるあたりから楽になってきて
自分の部屋に戻ったら一気に落ち着きました。

よほど一人でいることが大事みたいです。


シンドくなるのも早かったですが、楽になるのも早いのが
今までとは違った傾向に感じられます。

早めに気づくようになっただけだったら良いなぁと思いますが…。

しかし体の強張りは、一人になっても残っていました。
何かしらの対処が必要なのは痛感します。

一日のセミナーでこの状態だと、連続してきたときに
どうやって乗り越えたらいいのか、チョット先が思いやられます。

とりあえず、軽く運動をして強張った部分を動かし、
その部分の血流を上げて酸欠を回復させることにしました。

それからストレッチをして強張りを緩めて。

雨水が良い気分だったのを思い出して
シャワーを長めに浴びてみました。

湯船で温まるのとは違った意味で、少し楽になる感じがしました。

そして睡魔に抗うこともできずに仮眠をとって
目が覚めたら体中がカチコチな状態。

もう一度ストレッチをして、それから瞑想をして
心身をリラックスさせることにしました。

これでようやく次の日に動けるようになったというところです。


少し前までは、ここまで回復のための取り組みはしていなかったんですが。

体調的には万全に近い状態から、一気に限界まできてしまうのは
どうやって対処したらいいものか、まだ分かっていません。

試行錯誤を繰り返しながら良い方法を見つけたいものです。

cozyharada at 23:26│clip!NLP | コミュニケーション
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

終了しました

《コミュニケーション講座》
〜幅を広げるリフレーミング〜


【日時】 
  2018年4月22日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年夏の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード