2018年06月11日

驚きの体調不良

この週末に出張で札幌に行ってきました。

東京も気温は下がったようでしたが、
札幌はそれ以上に冷えていて、最高気温で15度ぐらい。

それでも「寒い」といった印象はなく
快適に過ごしていたつもりだったんです。


が、東京に戻ってきたら日が変わる頃から身体が痛みだして、
朝方には発熱が始まりました。

インフルエンザかと思うような高熱が出て
熱と全身の痛みにうなされて眠ることもできない状態。

解熱剤を飲んでも38度を下回らないという経験は
いったいいつ以来だったでしょう。

しかも寒気がするとか、咳とか、喉の痛みとか、
そういったものは全くなく、ただ熱だけが出ていたんです。


身体の痛みに関しては、筋肉の強張り方として
セミナー後には良くあるタイプのものだと思っていました。

見ることや聴くことに意識を傾けすぎると
目や耳の周りの筋肉が披露することが多々ありますので。

特に最近は人の感情が目につきやすくなっているようで
人の多いところに苦手意識が出てきていましたから、
そういう意味でもセミナーは少し心配だったんです。

実際、先日のセミナーは平日の一日だけだったにもかかわらず
今までにないぐらいの疲労感が出てしまっていました。


ですが札幌の人たちは東京の電車で見かける人と比べると
のんびりしていてイライラ度合いが低いようで
滞在中はそこそこ楽な気分でいられたように感じています。

先週末はちょうど「よさこい」のイベントと重なったらしく
街中の人のテンションがお祭り気分だったのもあるかもしれません。

おかげでホテル予約がギリギリまでできなかったものの、運よく
古くからある大型のホテルに予算内で泊まることができました。

新しいホテルのような奇麗さや広さはなくても
防音はしっかりしていたので静かな部屋で過ごせたのも助かりました。

瞑想をして落ち着きを取り戻すことがしやすかったです。
飛行機移動のストレスも解消できたつもりでいました。


そして今回のセミナーはNLPのマスタープラクティショナーコース。

最初の段階の資格取得コース「プラクティショナー」で
すでに顔なじみになっていますし、
多くのワークを体験してNLPそのものの効果も実感している皆さん。

特に今回は、僕が担当した回数の多い方々がお揃いだったので
最初からリラックスした状態で過ごしてもらえました。

そのおかげか、心配していたセミナー終わりの疲労感は小さく
それほどのストレスはないつもりでいたんです。

たしかに2日目のほうは頑張る場面もありました。
東京に帰ってきてからの電車の中もシンドかった。

でも、そこまで酷くないだろうと想像していたんです。

そこでの急激な体調悪化。
これにはビックリです。

ウイルス感染とかの印象ではありませんでしから、
やはり疲労によるものが大きそうな感じがします。


なかなか熱が引かず、少し落ち着いてきたと思ったら
今度は激しい偏頭痛が始まりました。

このレベルの偏頭痛も久しぶり。
身体のケアを受けるようになってから
あまり酷い偏頭痛は起こらなくなってきたんですが。

結局、この日は何もすることができず、
全ての予定をキャンセルしてもらって
ひたすら暗闇の中で呻いていた感じです。

やっと偏頭痛が収まって、
それから一晩かかって熱も引いてきました。

こんなに短時間で激しい体調不良が一気にやってきて
収まっていった体験は初めてのような気がします。

一通りの痛みが引いた後は、背中や肩の固まりも楽になりましたし
随分と落ち着いた状態にまで回復しました。

これが一体どういう症状なのか?

毎回セミナーのあとには、こんな感じになるのか?
それともただの風邪なのか?

痛みそのものはすぐに忘れてしまいますから問題とは感じませんが
安静にすることも大事を取ることも、対処の仕様が分からないので
戸惑いは隠せないのが正直なところです。

cozyharada at 23:16│clip!NLP | 全般
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
丁寧なストレスの取り扱い方


【日時】 
  2018年9月9日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年10月頃の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード