2018年06月20日

心身両面でリフレッシュする

混雑したジムを避けるために2時半ごろに行ってみました。

到着した時点では他の利用者は一人だけ。

しばらくしてその人も帰宅して、それでも30分ぐらいでしょうか、
すぐにまた別の人がやってきました。

僕のジムの使用目的は、主に
固まった部分を動かすためのマシントレーニングと
全身の血行を高めるための有酸素運動です。

トレーニングマシンは各1台ずつしかないですが、
他の人が一人、二人であれば、それなりに気楽に使えます。

ですが、有酸素運動としてやっているエアロバイクは
二台しかありません。
トレッドミルは5台ぐらいあるのに。

なので同じ時間帯に来ている人がもう一人エアロバイクをやると
自動的に隣同士にならないといけないんです。

それなりの敷地内ですぐ隣で過ごす。
それもチョット変な感じ。

そしてそれ以上に、隣の人の運動のリズムや
呼吸音、心拍数、発熱などを横から感じながら過ごすのは
自分が運動するにあたって違和感を生みます。

自分の身体とは違うものがノイズに感じられるというか、
ホテルで隣の部屋からイビキが聞こえてくるのに似ています。

あるいは出先のトイレで隣同士になる感じ。

気が張ってしまうような、気になってしまうような、
とにかくリラックスできない状態になります。


また、街中で歩いている人たちを見てもらえれば分かると思いますが、
赤の他人でも近くを歩いている人同士は
歩行のリズムが一致してくることが多いんです。

むしろ隣の人と別のリズムで歩く方が難しいぐらいでしょう。
よほど頑張って崩そうとしない限り、足並みは近づいてきます。

ある程度、動物の性質として、あるいは物体の性質として
近くのものの振動に同期してくるところがあるのかもしれません。

同様に、ジムでエアロバイクを隣同士でこいでいれば
ペダルを回すスピードも似通ってくるようです。

そういう状況だと、僕はマシンのスピード計を頼りに
自分のペースを維持しようと心がけます。

すると隣の人が僕と同じようなスピードになってきます。
漕ぎ始めよりもスピードが上がっているのが見て取れるんです。
デジタルのスピードメーターで。

その人がどれぐらい自覚して普段より早く漕いでいるのか分かりませんが
随分と息を切らしているところを見ると、
「今日はいつもより頑張った」みたいな印象で
トレーニングを終えるのではないかと想像します。

で、僕の側からすると、自分のペースを保っているとはいえ
隣の人が僕と同じリズムになってきているのが妙に気持ち悪いんです。

赤の他人なのに、という認識があるからでしょうか。
仲がいいわけでもないのに、同じリズムで隣同士で運動している。
そのことが奇妙な不一致感を作り出すようです。

あるいは、運動のリズムは同じでも、呼吸音や発熱などは
僕のものとは違うのが届いてきますから、運動のリズムが合っている分、
そちらの違和感が際立つということもあるかもしれません。


そういうわけで、エアロバイクを隣同士でやるのは
僕にとって好ましくないみたいなんです。

先日はせっかく深夜に行ったのに、
3時ごろにやってきた人がエアロバイク目的の人だったようで、
しばらく隣同士で過ごさなくてはならくなりました。

途中までやっていたので我慢して予定時間分やりましたが
やはり一人でやっているときとは終わった後の状態が違いました。

リフレッシュされる感じがずっと小さかったんです。

もしその人が定期的に同じ時間にエアロバイク目的で来るなら
僕が時間を調整する必要がありそうです。


実際、帰宅した後も、今一つスッキリした感じがなかったので
心の面からリセットしたくなってきました。

そういうときは瞑想や、イメージワークをするようにしています。

とりわけ瞑想をして内側に意識を戻していくと
先ほどまで気になってしまっていた隣の人のことが
頻繁に頭に浮かんでくるのが分かりました。

物凄く意識の前面で気にかけていたわけではなくても
心の一部として引っかかり続けていたようです。

自覚としては忘れているつもりでも、心の中に少し引っかかっていて
心の一部を特定の記憶が占拠し続けることがあるんでしょう。

こういうのはむしろ運動では取り除けないみたいです。
まして僕の場合、運動中に引っかかってしまった内容ですから。

静かに瞑想をして過ごし、その感じが自然と消えるまで待ちました。
しばらくすると意識に上がってこなくなります。

おそらくそうなったら余計なイメージとして
心の中を占拠することはなくなるんじゃないかと感じられます。

誰か他人に意識を向けて、その人に関しての記憶やイメージが
ずっと心の中に残り続けているような状態は、
十分にリラックスして「元に戻った」とは言えないのでしょう。

心身の両面からリセットするような心がけをしていきたいと思います。


…ジムの混雑を避けられない場合には、それが欠かせない気がします。

cozyharada at 23:58│clip!NLP | 心理学
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
育むコミュニケーション


【日時】 
  2018年12月23日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は1月〜2月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード