2018年07月13日

意識を向けると緩まる

なんだか近頃、瞑想の効果を強く実感しています。

落ち着くとか心が休まるとかではなく、
身体が緩む効果が大きいようです。

首や肩のコリ、腰のハリなど、筋肉の強張りが
瞑想の間に自然と緩んでいくのを感じます。

実際には瞑想を終えたときに楽になっているのが分かるんですが。


もちろん瞑想のやり方も関係しているとは思います。

そういう意味だと上達したのかもしれません。

ただ意識を向け、その部分を受け入れる。
それだけでフワッと力が抜けるみたいです。

緊張して肩の力が入っているときに
「力を抜いて」と言われても対応が難しかった記憶がありますが、
そっと肩に手を置いてもらうと、自然と気持ちが落ち着いて
肩が下がっていったのも覚えています。

そんな感じに似ているんじゃないでしょうか。


イメージでいうと、身体の各部位がアラームのように何かを訴え
その担当者のところに行って「了解」と伝えるだけで
その部位が任務を終えて安心し、休息状態に戻るような。

どうしても日常生活だと目や耳からの情報処理に追われて
筋肉からのフィードバックを意識しにくいのかもしれません。

赤ちゃんはあんなに身体が緩んでいて自然体なのに
小学生ぐらいから姿勢が歪みはじめ、
高齢になると歪みに硬直が加わってくるように見えます。

アラームとしての筋肉の緊張に気づかないままだと
身体の歪みが大きくなるだけでなく、
その柔軟性まで減らしていってしまうのでしょう。

瞑想を丁寧にやると、身体の緊張を緩められるみたいです。


瞑想をするモチベーションが高い人は多くない気がしますが、
その効果が実感できれば、自然とやろうとするものにも思えます。

少なくとも僕は、体調管理の手段として瞑想が欠かせなくなりました。

cozyharada at 23:37│clip!NLP | 全般
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

終了しました

《コミュニケーション講座》
〜幅を広げるリフレーミング〜


【日時】 
  2018年4月22日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年9月9日(日)


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード