2018年07月25日

休日の過ごし方

セミナーの仕事をしていると、
それ以外の日に何をしているのかを質問される時があります。

受講生からは休憩時間だったり、懇親会だったりのときに、
語学で知り合う人からは雑談の最中に、とか。

基本的には何もしていません。


もちろんセミナーがなくても、
それ以外の仕事がある場合もあります。

打ち合わせや相談など。

そういうのもない休日は、僕の場合
文字通りの休日です。

何もしません。

というか何もできない。

どうも、これがなかなか理解してもらえないんです。

どこかに出かけるなんてこともありませんし、
本を読むこともDVDを見ることもありません。

語学をやれるのは大体、セミナー以外の仕事の後。

本当に休日となると、何もしないんです。

やはり「休日」というと、「自由に何かをできる日」
といったイメージがあるんでしょうか。
「休みだから出かける」、「休みだから遊ぶ」とか。

一方、僕にとっての休日は「休めるための日」です。

一日中寝ているわけでもありません。
ボーッとしているわけでもありません。

それなら「寝る」ことをしていますし、
「ボーッとする」をしていますから。

身体の具合で寝ることもできないのがほとんどなのて
ひたすらジーッと時間の過ぎるのを待っているだけ。

以前に飼っていた犬が風邪を引くと
寝るでもなく、ただ一日中ジーッとしていたものですが、
その感じに似ていると思います。

ただ回復を待ち続ける日。
そんな休日です。


セミナー1日と休日1日をセットにして、
やっとバランスがとれる感じ。

休日は回復待ち以外に、何の自由度もないと考えると
丸二日の拘束時間だとも言えそうです。

休まなければ次のセミナーができませんから
休むのも仕事のうちなのかもしれません。

cozyharada at 23:32│clip!NLP | 全般
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
瞑想のモデリング


【日時】 
  2018年10月21日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は年末ごろの予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード