2018年10月13日

【札幌セミナー】怒りの取り扱いマニュアル

12月8日、9日の土日に
札幌にてセミナーを行います。


内容は「怒りの取り扱い方」。

自分自身にも使える丁寧なアプローチでもありますが、
ワークの大部分はカウンセリング技法として
怒りを抱えるクライアントに活用するものでもあります。

カウンセリングやセラピーをする上で
怒りは真っ先に取り組む題材となります。

怒りが残っているうちにリフレーミングすると
無理やり考え方を変えて気持ちを抑え込む
「合理化」のような状態になってしまいかねません。

いつまでも怒りを内側に押し殺した状態が続くと
身体のレベルで不調をきたす場合や、
まったく関係のないところで突発的な感情が表れたりしがちです。

あるいは、怒りを抑えるために心のエネルギーを浪費し続け
次第に元気のない状態になっていって、鬱々とした気分になることも。

ですからカウンセリングでは、相手の感情をよく観察して
まず怒りが少しでも残っていないかどうかをチェックします。

そして怒りがあるなら、怒りを発散してもらう。

怒りを出し切ると、悲しみや虚しさが沸いてきます。
それから過去の出来事を見つめ直し、別の見方をして
心を癒していくプロセスに進むわけです。

この講座でも、そのような怒りの取り扱い方の
基本的な流れを体験していただく予定です。


ですから、他者援助の技術、
身近な人のサポートとしても役立つ技術だといえますし、
自分の怒りを繊細に扱えるようにもなる方法だともいえます。

怒りの発散は、単語にしてしまえば短いものですが
そのためには若干のコツがあります。

ここが技術として身につける必要のある部分です。

怒りの気持ちを大切にするために、相手に直接伝えてみる…
というのは、場合によっては裏目に出ることもあります。
怒りを向けられた相手は、こちらにも怒りを向け返してきますから。

怒りの感情をぶつけることなく、想いだけを伝えたい
分かってもらいたい、という場合もあるかもしれません。

それでも意外と、
「どうして分かってもらいたいのか?」
「分かってもらうことで何を期待しているのか?」
「だとしたら、本当に分かってもらう必要があるのか?」
「”誰に”分かってもらえば十分なのか?」
「果たして分かってもらうことは現実的に可能なのか?」
といった心の奥まで見つめていくと
大事な気持ちを自覚できてないことが多いものです。

怒りをコントロールするのでもなく
もちろん怒りに振り回されるのでもない。

かといって怒りを気にしないのでもなく、
怒りを気軽に表現するのでもない。

ちゃんと怒りがあることに気づいて、
その怒りの奥にある大切な気持ちを感じて、
それから過剰な身体の反応は発散して、
そして必要であれば、必要なことだけを
適切なメッセージで表現できるようにする。

怒りという身体のエネルギーを上手く扱えるようにする
という話です。


とくに気をつけたいのが、程度の弱い怒りです。

イラっとするとか、人によっては
厄介だとか面倒くさいとか表現するもの。
「なんであんなことするんだろう…」など、
残念さとして言語化する人もいます。

苛立ちや不満と呼ばれる感情です。

「仕方ない」とか、「もう諦めた」とか言っているときも
まだ生理反応レベルの怒りのエネルギーは残りがちです。

怒りの取り扱いのポイントは、こうしたエネルギーそのものなんです。
些細な動きでも反応が起きれば怒りの一種です。

これらを「大したことではない」として気にしないのではなく
丁寧に意識にあげて自覚するようにする。

そして奥にある気持ちを元に、
本当に自分が求めるもののための建設的なエネルギーにする。

そういうプロセスが役立ちます。

怒りが沸くのは自然ですが、
だからといって気にしなくていいわけではありません。

怒りの感情には、いってみれば二つの側面があるわけです。
「大事にしたい想いの表れ」と「エネルギー」。

想いは自覚するためのものといえます。
心の一部が自分に伝えようとするメッセージ。

これを自覚しないまま怒りを出せば
伝わって欲しいことがいつまでも表現されませんから、
相手は一向に分かってくれず、関係性が空回りします。

エネルギーは行動に繋がります。

多くの場合、怒りのエネルギーを使って
相手をコントロールしようとします。

そこで自分の本当の想いを自覚できていれば、
相手をコントロールするためのエネルギーとしてでなく、
自分の行動力を生み出すためのエネルギーに変えられます。

これが怒りを建設的に使う方法の典型です。

そう考えると、些細な不満や苛立ちでも、
しっかりと向き合うことで、自分の望む方向に
自然と自分を向けていきやすくなるわけです。

エネルギーを抑えこむのでも、浪費させるのでもなく、
全ての心のエネルギーを建設的な方向に整えていく。

裏を返せば、悩んでいる状態では
心のエネルギーがあちこちに分散していて
前に進みにくくなっているということ。

それを整える援助が他者サポートのベースとなり、
自分にとっても役立つものとなるわけです。

それがこの講座で紹介する
「怒りの取り扱い」の基本となります。


ご案内はこちらをご覧ください。
https://hsmana.com/sapporokenshu-kai2

ご都合が合えば、遠方の方もご検討ください。

cozyharada at 23:55│clip!NLP | セミナー情報
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
瞑想のモデリング


【日時】 
  2018年10月21日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は年末ごろの予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード