2019年03月11日

【セミナー】怒りの取り扱いマニュアル

7月6日、7日に2日間の講座を開催します。
【怒りの取り扱いマニュアル 〜期待の手放し方とゆるしの技法〜】

内容は昨年、札幌で行ったものです。
今回は東京開催となります。

会場の関係で定員がありますので、ご注意ください。

詳細なご案内はこちらをご覧ください。


怒りは発散するのが原則とされますが
「発散」したい意図まで理解できれば
必ずしも怒りを発散する必要はなくなります。

それは我慢することでもなく、抑え込むことでも、
無視することでもありません。

怒りの本質を納得できると、怒りという感情の必要性がなくなるんです。
結果として心が自然と穏やかになっていきます。


怒りというものの性質を体感的に理解していただき
適切な対応法をトレーニングする内容です。

他人の怒りについても実態を捉えられるようになれば
どういう対応をすればいいのかが明確になります。

クレーム対応にも役立つ内容だとは考えられますが、
現実的なクレーム対応となると考慮する要素が増えて複雑化しますので
あくまで「対応の基本方針が定まる」といった効果までとご理解ください。

とはいえ、多くの方のクレーム対応について聞いていると
もう少し工夫ができそうな余地を感じることがあるのも実情です。

ドライに割り切るスタンスとも、
クレームの予想を上回ってファンに変えるスタンスとも、
どちらとも違う基本があるような気がします。

その点も、怒りの性質を理解することで
掴んでいただけるのではないかと想像しています。

ご興味があれば、詳細をご覧の上、ご検討ください。

(リンク先アドレス https://hsmana.com/sapporokenshu-kai2

cozyharada at 23:08│clip!
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード