2019年04月03日

アナウンスの英語

僕の通っているジムは常に放送がかかっています。

メインは洋楽で、ときおりアナウンスが入る流れ。

アナウンスは基本的に注意事項です。
鍵の扱いとか、防犯カメラとか、非常時の避難とかについて。

アナウンスは同じ内容が繰り返されます。
日本語のアナウンスの後、同じ内容を英語で、
という流れになっています。

録音したアナウンサーは、いかにもFMラジオのDJのような雰囲気で
日本語も英語も同じ人が吹き込んだようです。
その切り替えの感じがFMっぽいんです。


ただ、残念なことに、その人の英語の発音が酷い。
雰囲気はアメリカンですが、母音が雑なんです。
間違っていることもあります。

単語のアクセントの位置が違っていると違和感が大きく、
母音が違うと、そもそも聞きとれません。

どうやら「Club」と言っているらしい発音も
クラブの母音がハッキリした「ア」で伸ばされているので
認識できるまでに時間がかかりました。

特に最後の「b」の子音が弱いのもあって
「クラー…」までしか聞こえなかったんです。

僕の認識では、最後の子音が聞こえないため
前半部分に当てはまる単語が自動的に認識されます。

結果的に「Class」かと想像していました。
が、内容として変なので、おそらく「Club」だろう、と。

発音は大事だなぁと思います。

時には、あきらかに間違った発音をしているものまである始末。
「Occur」を「オカー」ではなく
「オキュア」って言っています。

このレベルは間違って覚えたままになっている、ということです。

音読の切れ目も、内容を分かっていない形になっていたり。

ちょうど先日、一部のアナウンスが変更になって
再録音されたようなんですが、それでも
「オキュア」とか、アクセントの位置とか、切れ目とか
おかしなところは維持されたままでした。

そもそも英語をどれくらい話せるのか疑問なほどなので、
ジムの経営者がこのアナウンサーを起用した経緯が気になります。

外国人向けのアナウンスだというのに、
それが何言っているか分からなかったら本末転倒な気もしますし。


個人的に厄介なのは、繰り返し耳に入るということ。

頭に残ってしまっています。
なんだか影響されてしまいそうな感じなんです。

明らかな間違いとして不快感を味わっていれば、
それを受け入れてしまうリスクは低いかと思いますが、
些細なエラーだと気づかずに入ってきそうで心配です。

聞きたくもないし、かといって無防備だと影響されそうだし、
なんとも手のかかる話です。

cozyharada at 23:44│clip!NLP | コミュニケーション
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード