2019年04月16日

世界が違って見える

久しぶりに病院に行ってきました。
いわゆる総合病院のような大きな病院は、
もしかすると10年ぶりぐらいかもしれません。

手の震えが続くので、ちょっとした検査です。

待ち時間の長さが凄まじく、賞味3時間ぐらいかかってしまいましたが
おそらくあの病院では普通の状況なんでしょう。

それなりにサラリーマン風の人もいるとはいえ
もちろん大部分は高齢者でした。

コンスタントに通っている高齢者が大半を占めていて
だからいつも混んでいる、ということかもしれません。


なんというか、病院の雰囲気は独特ですね。

来ている人たちは基本的に具合が悪いわけですから
表情も歩き方も座っている姿勢からも、そんな状態がうかがえます。

そういう人たちに囲まれて待っているだけで
なんだか僕まで具合が悪くなってきそうな感じ。

また建物自体が古いせいか、廊下も狭く、天井も低いので
余計に息が詰まるような感じが見受けられます。

ここで働くのは自分には無理だろうなぁという印象を持ち始めました。


そもそも僕が病院を訪れた理由は、一か月前ぐらいから起こっている
手の震えの症状が気になったからです。
念のため検査をしておこう、と。

昨年の12月に札幌出張中、凍った雪道で真後ろに転んで
頭を打ったというのもありましたし、
まぁ何があるか分からない、ということで。

他にも手汗が流れるぐらいに出たり、
セミナーの最中の水分補給量が増えていたり、
翌日の脱水状態が酷くなっていたり、
いくつか気になることが重なっています。

自律神経のバランスがおかしいのかもしれませんが、
医療レベルのリスクがないことは確認しておけると
何かと気がかりがなくなりますので。

とはいえ、この手の震えの症状も脱水状態も
基本的にはセミナーが重なったときに起こり始めて
自宅で過ごす日が3,4日続くと落ち着き始めます。

なので3時間も待ち時間に拘束される病院に行けるほど
時間的な余裕のあるタイミングとなると、自動的に
セミナーから離れた状況となってきてしまうわけです。

果たして検査に行ったところで、その症状は診てもらえるのか?
主に口頭での説明と、自覚症状レベルの問診ぐらいになってしまうのでは?

そんな懸念がありました。

こっちから積極的に色々な検査を「念のため」やってもらうよう
依頼することになるかもしれないと想定はしていたんです。


しかし、そんな心配は無用でした。

大勢の人に囲まれて待っている間、
具合の悪い人たちを眺めている間に、
いつの間にか手が震え始めていました。

なので診察の順番がやっていて医師に診てもらったときにも
色々な検査の最中、目視できる程度の震えは確認できたようです。

あとは手足の発汗も。

脳の障害や運動神経の問題を疑うようなものはなかったみたいですが
念のためMRIを取ることにして、その日は血液検査もすることになりました。

医師の話だとホルモン系を疑っていそうな様子。

久しぶりの採血は、思ったよりも痛くありませんでした。

数年前の僕は、注射針が刺さる痛みさえも
勝手に記憶で増幅して作り上げていたようです。

改めて新鮮な体験でもありましたし、
今の僕は病院内では普通に起きていることから
随分と違った状態になっているような印象も持ちました。

なんだか異世界にやってきたかのよう。
不思議な気分を味わいました。

次に行くのはMRI。
これも10年ぶりぐらいでしょうか。

以前は時間の長さが耐えられない不快な体験でしたが
瞑想にも慣れてきた今、感じるものは違ってくるかもしれません。

心配以上に、どういう体験をするのかへの関心のほうが高いぐらいです。

cozyharada at 23:24│clip!NLP | 心理学
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
 〜人を育てる指導力〜

【日時】 
  2019年6月16日(日)
   10:00〜16:30


【場所】 
  北とぴあ 601会議室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細はこちら>>


《瞑想講座》

【日時】 
  2019年6月22日(土)

  午後の部 13:30〜16:30
  夜間の部 18:00〜21:00

【場所】 
  北とぴあ 第2和室

   JR王子駅より2分
   南北線王子駅直結

詳細は後日


《怒りの取り扱いマニュアル》
 〜期待の手放し方と
  ゆるしの技法〜


【日時】 
  2019年7月6日(土)
     7月7日(日)
   10:00〜18:30


【場所】 
  滝野川会館

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回未定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード