セミナー情報

2017年05月28日

【セミナー】言葉の表現力を向上させる

ご案内: 6月25日(日)開催

   コミュニケーション講座 〜言語表現力トレーニング〜


「話のポイントは分かった。
 この発想の癖が問題の中核になっていそうだ。
 こっちの方向の考えを提案できれば解決するんじゃないか。
 
 …でも、これを何て言えばいいんだろう?」

そんな風に、
 伝えたいメッセージの中身は浮かんでいるのに
 それを上手く言葉にできない
といった”もどかしさ”を感じることがある。

あるいは、質問に対して自分なりに説明しているんだけれど
今一つ相手に伝わりきらない。

色々と言葉を変えたり補足したりしてみても
空回りするばかりで上手く言葉が届かない。

そのように気持ちを言葉にする段階でスムーズにいかず
モヤモヤした時間が続いてしまう。

…いずれも、コミュニケーションのトレーニングを積むほどに
よく聞かれるようになる”もどかしい”瞬間のようです。

日常会話であればさほど問題にならないことかもしれません。
特に日本語のコミュニケーションでは
お互いに相手の気持ちを汲み取ろうとしますから
言葉を増やしていくうちに自然と相手が理解してくれることもあります。

ですがカウンセリングやコーチング、セラピーなど
コミュニケーション技術を学んでいくと、
話の流れの中で鍵になるようなポイントが出てくるものです。
この瞬間が重要!というときが。

そこでどんなメッセージを届けるかによって
展開が大きく変わるようなタイミングです。

相手とペースを合わせる能力が高まって、さらに
相手の非言語メッセージを捉える観察力が身についてくると、
「今、相手は大事なことを表現している!」というのが
自然と掴めるようになってきます。

そのタイミングの一言で相手が楽になり、
前に進むためのキッカケが生まれるようなポイント。

それが分かってくるからこそ、余計にもどかしくなってくるようなんです。
そのタイミングで『的確な言葉』を選べないことが”もどかしい”、と。


コミュニケーションの講座などでは、よく耳にする感想です。
「えーっと、こういうのは何て言うんだろう…」
「あー、ボキャブラリーが足りない」

言葉を続けながら時間をかけてシックリくるものを探す人もいますし、
的確な言葉が見つかるまで黙り込む人もいます。

探し方は人それぞれですが、共通して言えるのは
「言いたいことが言葉にならない」という実感があることです。

この「上手く言えていない」実感が重要です。
それが基準になるから言葉を探せますし、
言葉が見つかった時には「やっと言えた」と納得できます。

ですから、「上手く言えていない」”もどかしさ”こそが
的確な言葉で表現できるようになるための重要なステップだといえます。

そしてそこに気づけているのであれば、あとはトレーニング次第で
的確な言葉を見つけやすくなっていきます。

この講座のテーマは、まさにこの部分です。
 言いたいことを的確に言葉にする。

それがスムーズになると大事なタイミングを逃しにくくなりますし、
相手の心が動いたタイミングに言葉を出せるからこそ
スッと心の奥深くにまで届きやすくなります。

仮に時間をかけて同じ内容の言葉が見つかったとしても、
ここぞというポイントでスムーズに発せられた場合と比べると
どうしても効果には違いが出てしまうことがあります。

ですから『言いたいことを的確に言葉にする』能力が上がると、
自分自身がもどかしい気分を味わうことが減るだけでなく
必要なタイミングで応答できるために効果も高まるわけです。

また、自分の言葉の選び方に対して感度が上がっていきますから
言葉の使い分けがハッキリする分だけ、誤解を与えることが減りますし、
説明を受ける側も分かりやすくなるようです。

例えば「感覚」のように、
・身体の感覚体験の内容のことなのか
・五感でインプットすることなのか
・上手くできるかどうかの”センス”や感受性の高さのことなのか
・論理的に説明はできないけれど直感で、という意味なのか
・最適な言葉が見つかっていないけれど”大体こんな感じ”という意味なのか
などと様々な使われた方をする定義の曖昧な単語がありますが、
そういう曖昧な単語も自然と使い分けをハッキリさせたくなるはずです。

そして言葉の持つ意味に敏感になりますから、
他人が同じ単語を自分とは別の意味合いで使っている場合にも
「あぁ、この人はこの言葉を〇〇の意味で使っているんだな」と
変換させながら理解できるようにもなります。

つまり他人の話を聞いて理解する能力も上がる、ということです。


基本的に人が言葉にするものは、言葉になる前の段階で
頭の中に『内的表象』として浮かんでいると考えられます。
(内的表象=視覚・聴覚・体感覚を組み合わせたイメージのようなもの)

ある内的表象のパターンに対して、特定の呼び名として単語が存在する。
イメージを言い表した言葉を選び、それを文章や発話で届け、
受け取る側はその単語をもとに頭の中でイメージを再構築する…、
そうやって言語コミュニケーションが成立しているといえます。

頭の中のイメージを直接共有できないから、
一度言葉に翻訳するステップが追加されているんです。

「伝えたい内容が頭に浮かぶ」という段階は
この内的表象が発生したときです。

「上手く言葉にならず”もどかしい”」ときには、
内的表象が自覚されているのに、対応する言葉が見つかっていないわけです。

この内的表象(イメージ)と言葉の対応を明確であれば
言葉がスムーズに見つかるようになりますし、使い分けもハッキリします。

しかし多くの人は、母国語の場合とくに、あまりにも慣れすぎてしまって
内的表象と単語を対応させる段階がショートカットされ、
自覚しにくい状態になってしまっています。

ですからトレーニングとして、内的表象を丁寧に自覚して
それに相応しい単語を見つける練習をしていくのが効果的です。

つまり、
  話し手の内的表象(イメージ)→ 言葉 →
    →【伝達:話し手から聞き手へ】→
  → 言葉 → 聞き手の内的表象(イメージ)
という翻訳の過程を丁寧に自覚する練習が大切だ、と。

講座では、この翻訳過程を様々な角度からトレーニングするつもりです。

具体的には
・言葉の定義をイメージに対応させるトレーニング
・言葉の抽象度を調節するトレーニング
・内的表象への感度を上げるためのメタファーの練習
・言いたいことを文章にするための要素を整理するトレーニング
・論理構造を意識しながら説明/理解する練習
などを考えています。

母国語である日本語を客観的に見つめなおし、
自覚しながら日本語を使い分けられるようにしよう
というトレーニングだともいえるかもしれません。


どちらかといえば地道なトレーニングの部類です。
雰囲気としてはリラックスしながら楽しいものにしたいですが、
いわゆる”意識”と”無意識”の両面を使いますから
楽な作業ではないように感じます。

しかしながら多くの人は母国語だからこそ「いい加減」なんです。
それを「的確」なほうにシフトさせる努力をするかどうか。

ほとんどの場合、的確にしなくても何とかなってしまいます。
だから的確に表現しようとする努力のほうに向かいません。

逆に言うと、
「上手く言葉にできなくて”もどかしい”」と感じるときぐらいしか
的確なほうにシフトさせるチャンスは無いような気もします。

文章を書くにしても、想いを言葉で伝えるにしても、
自分から発信するにしても、相手のための言葉を返すにしても、
「言いたいことを的確に表現できるかどうか」
で、伝わりやすさ・届きやすさが大きく変わります。

そのための努力に興味が湧いたようでしたら
トレーニングをやってみる価値は大いにあると思います。

一日で劇的に変わるものではないでしょうが、
トレーニングの成果を発揮している人は何人も見ています。
心がければ「的確さ」は、いくらでも上がっていくようです。

地道なトレーニングも、誰かと一緒なら
気軽に取り組めるのもメリットでしょう。

関心とご都合が合いましたら、どうぞお越しください。


※国語辞典までは必要ではありませんが、
 言葉の意味を調べたくなるときが出てくるかもしれません。
 スマートフォンや携帯電話など、情報端末をご持参いただくのはお勧めです。




◆録音/録画、再生機材に関しまして
講座全体の内容は、ICレコーダーやビデオなどで
記録いただいても構いませんが、あくまで
個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【セミナーの詳細】

≪コミュニケーション講座 〜言語表現力トレーニング〜≫

【日時】  2017年 6月25日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。








世間で言われるように、
コミュニケーションにおいて言葉の占める割合は
それほど高くないのかもしれません。

非言語メッセージをキャッチできる能力が高い方が
相手の感情をとらえやすくなりますし、
数多くのメッセージの中から大事な部分を見つけやすくもなります。

詩のように美しい言葉よりも、
たどたどしくても感情が乗った一言のほうが
心に深く響くときもあります。

聞き手側・受け取る側の感受性が高ければ高いほど
非言語メッセージの重要性も高まっていくのかもしれません。

ですからコミュニケーション技術を磨こうという立場からしたら
非言語メッセージを心がけるのは重要なんです。

大人になってからのコミュニケーションが
言葉に頼りすぎなことを踏まえても、
非言語を強調するぐらいで丁度いいとも言えます。


一方で、話し手側・伝える側としての立場になったときには
言葉のメッセージもかなり重要です。

相手が非言語メッセージの感受性を上げるトレーニングをしていなければ
言葉の内容のほうを重視する可能性もありますから。

また、非言語メッセージを受け取るのが得意な相手に対しても、
的確な言葉を見つけるスムーズさは重要です。

言葉を探している感じのときには、
「言葉が上手く定まらない”もどかしさ”」も
非言語メッセージに乗ってしまいます。

すごく親身になった大切な想いを乗せた言葉であっても、
そこに”もどかしさ”が混ざりこんでしまうわけです。

気持ちの乗った言葉として、
その気持ちの乗り具合が下がってしまう。

それがスムーズに言葉として言い表せたときには
その言葉に想いが100%乗っかります。
非言語メッセージと言葉がマッチするんです。

こうなったときに相手の心の奥深くまで届くメッセージとなります。


やはり言葉も大切なんです。
言葉で会話をしているのですから。

どちらが重要かという比率は状況によって変動しますが
メッセージの両輪であることには違いないでしょう。

非言語メッセージの重要性を実感してきた頃、
改めて言葉の重要性も感じられるような気がします。

だからといって、小説家や詩人のように
芸術的な描写ができることを目指そうというのではありません。
誰かの名言を引用しようというのでもありません。

あくまで自分の言葉として、自分の想いや考えを
「的確な」言葉に変換できるようにする。

自分が的確に表しきれない部分を相手に汲み取ってもらう代わりに、
相手に届きやすい形に表現するところまで
自分ができるだけの最善を尽くしておく、ということです。

的確な言葉を選ぶところにも、
相手のために最善を尽くそうと努力できる範囲があるんです。

コミュニケーションの能力として磨ける余地があるんです。

コミュニケーションを大事にしたいのであれば
「的確な言葉を選ぶ」努力によっても
もっとコミュニケーションを大事にすることができるんです。

相手のために、自分のために、お互いのために
工夫できる部分がある。

何も完璧なコミュニケーションを目指そうというのではないですが、
最善を尽くそうとできるかどうかは意味のあることのように思います。

最善を尽くしていれば、少なくとも後悔はしませんから。

そして、相手のために最善を尽くそうとする姿勢こそが
その相手にとって最大の支えになるような気もするんです。

だから自分の選ぶ言葉にも最善を尽くそう、と。
そういう趣旨です。


お越しをお待ちしております。

cozyharada at 23:28|Permalinkclip!

2017年05月24日

札幌で講座をします

7月29日(土)、30日(日)に
札幌で講座を開催することになりました。

珍しく2日間の講座です。

「無意識」をテーマとして扱いますが
メインの内容はコミュニケーション寄りです。

そもそも無意識とは何か?
もっというと意識とは何か?
人の心はどのようなメカニズムになっているのか?

…実は「意識」というものは
心理学でも哲学でも非常に定義が曖昧なんです。

学者によって定義が違うから議論が成立しないことさえあります。

そのあたりを踏まえ、概念として区別をしながら
人の心と接するうえでの中核の部分をトレーニングする予定です。

表面的な社交としてのコミュニケーションではなく
心の奥底で繋がり、本質的な安定感をもたらすような関わり方。

催眠療法家ミルトン・エリクソンは、その技術の非常識さから
「どんな技法を使っていたか」の側面が強調されやすいようですが、
エリクソンの関わった人たちには、ある安定感が共通して見受けられます。

催眠を通して人々の中に無意識的な安定感を育んでいたのではないか、と。

催眠によって導かれるトランスの性質を考えても
このあたりは納得のいくところだと思います。

講座中では、技術的な側面としてトランス誘導のトレーニングもします。
手法のバリエーションを増やすことが狙いではありません。
トランス誘導の”本質的な目的”を明確にして、
その効果を高める方向で練習します。

イメージとしては、
 相手の無意識の領域と繋がり、その中の乱れを調える
といった感じでしょうか。

相手が本来持っているリソースを活性化させるわけです。

トランスの持つその性質に注目しながら
無意識と交流するトレーニングを重ねるつもりです。

露骨なトランス誘導の技法は、催眠療法の場面以外では使いにくいですが、
無意識と交流するという意味では、トランスの深さを調節すれば
日常的なコミュニケーションにも応用可能になってきます。

普段の会話の中でも、相手の無意識に注目しながら、そちらと交流をして
安定感を育みつつ持ち味を活性化させやすくなります。

催眠療法や催眠術の講座ではありません。
もう少し日常的な場面で、人の無意識の側面へ
効果的に対応できるようにする力をトレーニングする講座です。

すぐに使えるテクニックを学ぶというよりは
人との深い関わりの土台を養うためのトレーニングだと言えそうです。


詳細やお申込みはこちらのリンク先をご覧ください。

cozyharada at 23:11|Permalinkclip!

2017年04月19日

次回の講座は6月25日の予定

次回の講座は
 6/25 (日)
を予定しています。

内容はコミュニケーション技術寄りのものです。

具体的なテーマとしては
 『言語表現を向上させる』
ことを扱う予定です。


結構、リクエストというか
「どうしたら言葉を上手く使えるようになりますか?」
といった趣旨の質問をもらったり、
「もっと上手く伝えられるようになりたい」
といった願望を聞いたりすることがあります。

こういう「伝え方」や「表現の仕方」について問題意識が出る場合、
実際のところは非常に多くの要素が混ざり込んでいます。

例えば、「伝え方」を気にしているようでいて
実のところ「部下に言うことを聞かせられるような伝え方を知りたい」
などと、「他人を思い通りに動かしたい」願望がメインのこともあります。

他者に動いてもらうのは、依頼や商談、教育・指導など
多くの場面で求められるコミュニケーションの要素ですが、
技術としての重要度は必ずしも「言葉の使い方」が高いわけではありません。

相手のニーズを把握していなければ動機づけはできませんし、
相手と価値観が根本的に異なっていたら動いてもらうのは難しいでしょう。

最終的な決断は相手に委ねられますから、
全ての結果をコントロールするのは不可能かと思います。

結果を良くしたいのであれば、「自分が何を言うか」の前に
むしろ「相手は何を望んでいるのか」を理解できるようになるほうが
ずっと効果的かもしれません。

ニーズ把握のプロセスを技術として身につけておくと
相手のニーズに合わせた対応をしやすくなるので
商品やサービスの提供でも、指導やアドバイスでも
満足してもらいやすくなるはずです。


この「ニーズ把握」の重要性を分かった上で、相手に合わせて
新しい考え方や行動案、商品などを提案する。

その段階で初めて「言葉の選び方」そのものに意義が出てきます。

相手のニーズは分かった。
相手に満足してもらえそうな提案内容がある。
ポイントは分かっている。
なんとなく言いたい趣旨は決まっている…。

そこから自分の想い・アイデアを言葉として表現する。

この段階で困難を感じる人がいるようなんです。

今回のポイントは、ここです。

会話の途中で、的確なポイントが掴めたとき、
「伝えたいこと、趣旨は決まっている。
 こういう観点で、こういう方向性で、
 こんな感じのことを言えれば上手くいきそうだ。
…でも、これを何て言葉にすればいいんだ?
 表現力が足りないから上手く言えない。」
とか。

あるいは相手の気持ちを理解して、分かったことを伝え返そうとしたとき
「なるほど、そういうことですか!
 はあはあ。ええ、おっしゃることは多分、伝わっています。
 なんていうんでしょう、あの、あれですよね?
 結局、ホラ、なんか、こういう感じですよね。
 ちょっと上手く言えないんですけど、納得しています。」
のように、
なかなか適切な言葉が見つからないとか。

もしくは、
相手の悩みの元になる考え方の癖が分かって、
こういう物の見方をすれば悩みから解決されそうだと見立てがある。
でも上手いリフレーミングの言葉が出てこない、とか。

頭の中には良いアイデアやイメージ、大事なポイントが出来上がっているけれど
それが言葉として表現しきれていない段階です。

少し専門的に言うと、
「内的表象を的確な言葉に置き換える」プロセス。

ここをトレーニングします。


そういう意味では、「言葉による表現力を磨く」とも言い換えられそうです。

自分の気持ちを上手く表した言葉に置き換える能力。
ここを磨こうという趣旨です。

コミュニケーションのトレーニングをしていると、この段階で
もどかしさを感じる人がいるようなんです。

最初のステップとして「何をすればいいのか?」が分かって、
次の段階で「どのような言葉に表したらいいのか?」が課題となる。

もちろん母国語として日本語を使えれば
ある程度の表現は可能です。

相手が汲み取れるだけの言語表現になっていれば
相手との信頼関係が築かれている限り、
相手のほうから理解しようとしてもくれます。

そこそこの表現になっていれば伝わるんです。

まして伝える側に想いの強さがあれば、非言語メッセージのほうから
大切な想いの部分だけは伝わることもあります。

言葉の表現は、その意味で、決して高いとは言えません。

それでも上手く言い表せていなかっただけの理由で
今一歩のところで伝わらない場合もあるわけです。


あくまで伝わりやすくするため、伝わる確率を上げるため、
せっかくのアイデアや想いが空回りする勿体なさを減らすため、
言葉の表現の段階でもできることがあります。

日本語力として伝えたいことを的確な言葉にする趣旨で
コミュニケーションのトレーニングをやってみようという話です。


詳しい案内は一か月前ぐらいに出すと思いますが
興味があれば予定を検討してみてください。

cozyharada at 12:13|Permalinkclip!

2017年03月23日

【セミナー】セルフイメージの整え方

ご案内: 4月23日(日)開催

   カウンセリング講座 〜セルフイメージの整え方〜



4月の講座のご案内です。
テーマは『セルフイメージ』。

扱いとしてはカウンセリング寄りで想定していますが
自らのセルフイメージを実際に調整する作業を通じて
体験的な側面を優先します。

自分自身で変えたいセルフイメージがある場合はもちろん、
カウンセリングやセラピー、コーチングなど
他者援助の技術的な側面としても取り組んでいただけると思います。


ただし、「新しいセルフイメージを作り出す」ようなものではありません。

新しいセルフイメージを作る作業は、大部分
目標設定と重なるところがありますし、
体験したことのない自分をイメージとしてリアルに作り上げるのは
なかなか現実的に難しい印象を受けます。

作業として困難なわけではなく、
 本人の中に経験がないためイメージを作るための材料がない
というのが実情でしょう。

例えば、世界トップクラスのお金持ちのような生活をしたいと思っても
あまりにも本人の現状と離れていると実態の想像がつきません。
 
ドバイのホテルのプールでくつろいでいる一場面ならイメージできても
他の生活の場面まで思い浮かべることはできなかったり、
どんな仕組みでお金が入ってくるのかも想像さえできなかったり。

そこまで極端に現状と離れていない目標でも、
経験したことのないゴールだと想像できない側面が多いんです。

仮に「会社を辞めて起業する」ような目標だとしたら
仕事が回っていくような流れを自分で作り出す必要があるかもしれません。

そこには「従業員としてのセルフイメージ」ではなく、
「経営者」「マーケティング」「営業」…など
様々なセルフイメージが求められる可能性があります。

もちろん体験してみるまでは分からないことだらけですから
起業以前に様々な側面をイメージできることは稀でしょう。

ある程度は知り合いの話や起業家の本などから情報を得て
自分の中でイメージを作り上げつつ、あとは実際に進めていく過程で
「経営者としてのセルフイメージ」
「マーケティング担当としてのセルフイメージ」などが
自然と出来上がっていくのだろうと考えられます。

出世して管理職になって部下ができるといったケースでも
「上司としてのセルフイメージ」は、その立場についてから
徐々に出来上がっていくのが一般的な流れでしょう。

つまり
〇前に持っていた「多分こんな感じだろう」という想像
⊆尊櫃砲修領場をやりながら徐々に追加されていく体験
の両方が組み合わさってセルフイメージが作られていく
ということです。

現状とかけ離れた目標だと、
 ,痢崑進こんな感じだろう」というイメージが不正確で
 どのように進んでいけばいいのか分からない
事態になりやすいようです。

現状の延長線上のような場合だと
,痢崑進こんな感じだろう」が比較的イメージしやすいため
実際にそのような場面に進んだとしても、手探りで
想像していたものと実情とのギャップを埋めつつ
△亮分なりの体験を追加して、自分なりのセルフイメージを作れます。


しかし、いずれにしても問題となるのは
新しいセルフイメージのほうではないんです。

今までに持っていたセルフイメージが問題となります。

上司ではなく「部下としてのセルフイメージ」、
起業家としてではなく「従業員としてのセルフイメージ」、
大金持ちではなく「一般人としてのセルフイメージ」…。

今までのセルフイメージが自分の振る舞いに影響を落とし続けます。
古い習慣が抜けず、新しいセルフイメージに移り切れないんです。

例えばダイエットの場合、痩せていた時期がある人であれば、
「痩せている自分のセルフイメージ」が残っていますから
現状は「一時的に太っている自分」として捉えやすい。

そのため「痩せている自分」に戻る方向としてダイエットができます。

一方、人生で一度も痩せていた時期を経験していないと
「痩せている自分のセルフイメージ」は新しく作る必要が出てきます。
むしろ「太っている自分」のほうがセルフイメージとして残りやすい。

結果としてダイエットで体重が減っていった場合にも、
「ダイエットに成功している自分」「体重が減った自分」にはなれても
「太っている自分」のセルフイメージが残るため
痩せていることが当たり前とまでは捉えにくいんです。

むしろ、「太っている自分」がセルフイメージとして残っているから
「体重が減った」「ダイエットが成功した」ことに達成感を味わえます。

「痩せている」範囲まで目指す必要もなくなってしまいますし、
全く馴染みのない「痩せている自分」にまでなるのには
知らず知らずのうちに怖さを感じてしまうこともあるかもしれません。

「太ってはいない」ところまでで「ダイエット成功」となるのは
こういうセルフイメージが関わっている可能性が高そうです。

つまり、新しいセルフイメージを作るかどうかの前に
 これまでのセルフイメージを手放せるか
が重要になる、ということです。

 ※ちなみに「太っている自分」というセルフイメージに嫌気がさすと、
  そのセルフイメージを破壊して新しい自分を目指す場合もあります。

  こちらのケースでは「太っている」と認識される範囲にはいたくないので
  かなり劇的に「痩せている」ところまで変わることもあり得ます。

  「体重が減った」ことへの達成感を求めるよりも
  「太っている」ことを回避しようとする気持ちに動機づけられます。

  痩せた後には「以前は太って『いた』けれど痩せるのに成功した自分」
  という新たなセルフイメージが作られ、そちらが定着しやすいようです。

  ただこの場合、そもそもそこまで強烈に現状のセルフイメージを否定して
  新しい自分になる必要があるかどうかがポイントになります。
  それだけ動機づけられる理由があるか?

  その意味で動機づけの原因となる外的要因に左右されやすく
  本人がコントロールできるものとしては扱いにくいといえます。



一度、古いセルフイメージを手放すことができると
今までの自分へのコダワリがなくなります。

そうでない自分になっても、あとは経験を通じて自然と慣れていけます。
結果として新しい自分、新しいセルフイメージが作られていく。

これはちょうど、学生から社会人になるときのようなシフトに近いでしょう。

学生というセルフイメージから社会人というセルフイメージに変わる。
一般的に、学生のセルフイメージに執拗にこだわるところはありません。
「もう学生は終わり、これからは社会人」と自然に受け止められます。

学生というセルフイメージが強くないんです。

子供のころから、小学生、小学校高学年、中学生、高校生…と
3年ぐらいの単位で新しいセルフイメージに修正する時期を通っているので、
学生から社会人というシフトも延長線上で捉えやすいのかもしれません。

しかし大人になるほど、こういう定期的な転換点は減っていきます。
長年積み重ねてきた「自分らしさ」というセルフイメージは
あまりに馴染みすぎてきて、なかなか手放しにくいようです。

そしてもし、こういう長年のセルフイメージが
自分を不自由にしているのであれば、
それを修正しておいたほうが、物事がスムーズに進みやすい。

それが土台の発想です。


用語として「セルフイメージ」という単語を使っていますが、
曖昧な使われ方をすることもあるので
そのあたりの区別から説明する予定です。

そしてセルフイメージを調べる過程を経て、
実際にセルフイメージを調整する実習へと進みます。

セルフイメージの調整はバリエーションをいくつか紹介するつもりです。
手法の好みも別れるかもしれませんから、複数の対応を知っておくと
役に立てやすいのではないかと思います。

効果としては、古いセルフイメージに縛られて
現状維持に戻ってしまうことを避けられます。
物事が無理なくスムーズに進むようになる感じでしょう。

目標達成しやすくなるともいえそうですが、より正確には
 「目標」というものを遠い行き先ではなくもっと身近なものとして捉え、
 「頑張り」という意識をあまり持たずに望ましいところへ近づいていく
といったところでしょうか。

目標とする自分像を作り上げて何が何でも達成する…
というようなものではありません。

とりわけ「変わっていく」ことへの怖さがなくなる効果は大きそうです。

これまでの自分、古いセルフイメージから離れるのには
少なからず怖さを伴うものです。

これは「どんなことになるかが分からない」という不安とは違います。

セルフイメージを修正した後でも不安は残るかもしれません。
それは学生から社会人になるときの不安、
初めて部下ができるときの不安に近いものです。

変化に伴って予測できないことが起きるかもしれない不安です。
こちらは実際のところ、徐々に変化しながら慣れていきますから
大きな問題にはなりません。

それに対して古いセルフイメージから離れるとなると
「今までの自分がなくなってしまう」という予測から怖さが生まれます。
恐れです。

この恐れが、いわゆるリバウンドや現状維持に繋がる。
無理をしている感じや、古い行動パターンを引きずってしまう理由の1つです。

セルフいエージの修正を行うと、この恐れがなくなります。
それで自然と楽な感じに進みやすくなるというわけです。

手法として知っておくと、ご自分の転機に使えるようにもなるでしょうし、
コーチング・カウンセリング的な観点として他者のサポートにも使えるでしょう。

もちろん、講座中に取り組んでいただいたテーマが
スムーズに進むようになる効果も期待されます。

コミュニケーション技術や言葉のアプローチのトレーニングではなく、
イメージワークや内面を探る実習が多くなります。

慣れていないと戸惑う作業もあるかもしれません。
ご心配なところがありましたら下記のフォームの「備考」欄にご記入ください。

それぞれの方が違った印象の体験をなさることが予想されますので
他の方と感想をシェアする時間も大きな収穫かと思います。

気軽に新鮮な体験を楽しんで頂けたら幸いです。



◆録音/録画、再生機材に関しまして
講座全体の内容は、ICレコーダーやビデオなどで
記録いただいても構いませんが、あくまで
個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【セミナーの詳細】

≪カウンセリング講座 〜セルフイメージの整え方〜≫

【日時】  2017年 4月23日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 303集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

「自由」という言葉は2つの意味合いで使われることがあるようです。

「〜する自由」と「〜から自由になる」。

「〜する自由」とは「好きなことをしていい」という
複数の選択肢から、どれでも選べる状態のことだといえます。

人は過去に学習したやり方でワンパターンの対応をしてしまいがちです。
そこで新たな選択肢を増やし、選べるようにしていく。
ここに自由度が生まれてくるわけです。

一方、「〜からの自由」とは「制約が取り除かれる」意味です。
これまで縛られていたものから解放される。

具体的な選択肢はまだ見えていないかもしれませんが
今までのような制約はもう無くなった、という状態です。

喩えるなら、
複数の部屋の中から好きなものを選んでいいのが「〜する自由」、
今まで閉じ込められていた部屋から出してもらえるのが「〜からの自由」
といったところでしょうか。

今回の講座で扱うセルフイメージの調整は
「〜からの自由」のほうに近いはずです。

今までのセルフイメージに束縛されていたところから自由になる。

「なりたい自分になる」ような取り組みは
 現状の自分と、目標とする自分という2つの選択肢から
 好きなほう(おそらく目標のほう)を選んでいい
という「〜する自由」のほうだといえそうです。

今回は古いセルフイメージから自由になるのがテーマです。

もしかすると「なりたい自分」になれたほうが良さそうに感じるかもしれませんが、
現状で想定できる「なりたい自分」は、今の自分で考えつく範囲の
制約のかかった目標になっていることが多いとも言えるんです。

もっと望ましいところに辿りつく可能性があっても
そちらの目標が浮かんでこない場合もある、と。

その意味では、古いセルフイメージから自由になれば
現状では想像もしていないような素晴らしいところに到着する可能性があります。

もちろん、そうではない可能性も出てはくるのですが…。

必ずしも目標達成を応援する内容ではないものの、
古いしがらみから自由になることに興味があれば
何かしらの役には立つのではないかと思います。

関心とお時間が合いましたら、どうぞお越しください。

cozyharada at 23:53|Permalinkclip!

2017年02月02日

4/23(日)講座の内容

次回の講座は 4月23日(日) を予定しています。

内容は『セルフ・イメージ』について。
セルフイメージを調整する方法を扱います。

とはいえ、
 理想の自分のセルフイメージを作り上げて
 そこに向かって環境を望ましく変えていく
という種類のものではないつもりです。

また
 理想のセルフイメージを目標として設定して
 それに相応しい行動を続けることで理想に近づく
といった行動変容的なアプローチでもありません。

むしろ、
 今の自分には適切ではない昔のセルフイメージの名残りに気づき
 それを現状にマッチした形に調整する
というスタンス。


セルフイメージは意外と後を引くようなんです。

例えば、僕の知り合いでも
小学校低学年の頃にダントツで背が高かったから
「自分は背が高い」というセルフイメージを持っている人がいます。

ところが今、その人の身長は平均ぐらい。
もっと背の高い人なんていくらでもいます。

自分よりも背が高い人と並ぶと、今でもビックリすると言っていました。

能力的なこと、性格的なこと、身体的特徴について…
随分と昔に「自分ってこういうものだ」と捉えたイメージが
今になっても残り続けていることが結構あるわけです。

「セルフイメージ」という単語の定義が不明確ですから何とも言えませんが
ここで扱うのは「自分についての思い込み(ビリーフ)」といった感じでしょうか。

「私は〜である」という認識。

これが現状とマッチしていないと思いのほか
自分を制限してしまう場合があります。

例えば僕の場合、小学校の頃から背が低く、走るのが遅かったため
「運動が苦手」というセルフイメージを持っていた記憶があります。

実際には、逆立ちとかバランス系の運動はクラスでも上手いほうだったり
野球でもゴルフでもスイングのフォームが綺麗だと言われたり
運動全般としていえばポジティブな評価を受けることもありましたが、
幼少期の「運動が苦手」のイメージは今も少し残っている気がします。

色々と内面を見たり、いくらかはスポーツを遊びとしてやった経験から
「運動が苦手」というセルフイメージは薄れ、今はどちらかというと
「走るのが苦手」というセルフイメージだけが強く残る感じかもしれません。

子供の頃でいえば背が低ければ足も短く、
身体の発育が他の子供よりも遅いわけなので筋力も低くなる。
走るのが遅かったり、持久力が無かったりするのは、ある程度
自然な範囲だったとも思われます。

しかしそこで生まれたセルフイメージはずっと後を引き
走ることに関しては嫌な印象ばかりが続きました。

今、健康のために少し身体を動かそうかと思っても
走る方面ではヤル気が出ないことに気づきます。

もしかしたら、今の体力でいえば、同年代なら同じぐらいかもしれない。
コツコツ続けたら走る楽しさに気づける可能性もあります。

でもやらない。
ヤル気にならない。
苦手意識があるから。

当然、走ることが含まれるスポーツには手を出しません。

それどころか、どんなスポーツをやるにしても心肺能力を高めるために
有酸素運動を続けるトレーニングが含まれるかと思うと、
それに対しても拒否感が出てきてしまいます。

そういう制限ができているケースが多いんです。


ポイントは
 必ずしもそれが問題になっていない
ということ。

これが仮に、何らかの事情でマラソン大会に強制出場させられるとかになれば
僕は「走るのが苦手なのに、走らなければならない」という思いから
悩みを持ち始めるでしょう。

それと比べると現状の僕は困ってはいません。
走るのが苦手でも日常生活には何ら支障がない。
今のところは。

一般的には悩みが出てから修正しようとするんです。
自分の思い込みや心の癖が、現状と合わなくなってきた。
環境を変えるか、自分を変えるかして適応する必要がある。
それが悩み・問題ができるときです。

ですが現状で支障がなければ悩みは出ませんし、
自分に不自由な部分があるとも気づきません。

その一方で、支障をきたしてはいないものの
自分の人生に制約をかけている可能性は否定できないわけです。

もしかしたら、もっと好きになれること、もっと楽しめること、
もっと喜びを感じられることがあるかもしれない。

そういう制約をかけているのが「古いセルフイメージ」なんです。

もうそんな自分ではなくなっているのに
まだ古い自分のままだと思いこんでいる。

それを解消しておこうという発想です。
そのための作業をやるような講座を考えています。

イメージワークをやるような種類の内容です。
コミュニケーション技術というよりは
自分の内面を扱うような、セラピー的な内容といえます。

詳細は日程が近づいたらご案内します。

cozyharada at 23:53|Permalinkclip!

2017年01月09日

【セミナー】心の動きを捉えるコミュニケーション

ご案内: 2月5日(日)開催

   コミュニケーション講座 〜心の動きを捉えるコミュニケーション〜



2月の講座のご案内です。
内容はコミュニケーション。
テーマは『心の動き』とします。

拙著「心を読み解く技術」の内容の一部を
コミュニケーションで実践的に練習するような形ともいえそうです。

NLPでいうと「パート」の概念に対応しますが、
一般的なNLPのセミナーで扱うやり方とは異なります。

悩みを解消する”スキル”の1つとしてイメージワークをするのではなく、
「パート」という概念を用いた会話的なアプローチを行います。

会話の中で相手の『心の動き』を捉える。
そのときに「パート」という概念を採用する。
もっと日常的な場面で、普段から頻繁に活用できるようにする狙いです。

NLPでも、セラピーでも、カウンセリングでも、心理療法でも、催眠でも、
様々な手法・スキルが扱われますが、その大部分は実際のところ
セラピーやカウンセリングという専門的な場面で使われるのが大半です。
言い換えると、オフィスや喫茶店で使うには不自然なものも多い、と。

その点、パートの考え方を元に相手の心の動きを理解する方法は
日常のコミュニケーションで気軽に使える種類ものです。

NLPを知らない人でも説明を聞けば直感的に納得しやすく、
技術としてトレーニングするにも取りかかりやすいでしょう。

そういう意味でもオススメの内容です。
以下に講座内容のポイントを解説しておきます。



どなたにも実感はあると思いますが、
心は一定の固定されたものではありません。

むしろコロコロとそのときどきで移り変わります。
考えとして浮かぶものも火によって時間によって違いますし、
感情が移ろいでいくことも多いでしょう。

他人を理解するのが難しい理由の1つが
この「心の動き」にあるのではないでしょうか。

実際のところ、「自分」という認識は非常に柔軟です。
自分の中に起きて意識されるものを一通りまとめて「自分」と捉える。
ですから考えや感情に変化があっても、そこまで含めて「自分」となります。

一方、他人は人のことを見えている範囲でしか理解しません。
しかも見えているところを、本人の経験と照らし合わせて評価する。
その人自身の捉え方と、外から見ている他人の捉え方とでは
大きく異なってしまうのが一般的です。

だから他人からすると「誰かのことを誤解」していたり
予想外の対応を受けて「裏切られた」と感じたり、
「なんで急にそんなことをするのか分からない」と思ったりするのでしょう。

その人自身の中では、ごく普通の「自分の心の動き」でしかないものが
他人からすると一貫性の無いものに見えて理解ができない。
「こんな人だとは思わなかった」という事態になるわけです。

他者と関わるときにも、その人の『心の動き』を把握しようとすると
このあたりの理解の幅が広がります。
その人の中の色々な側面が移り変わっていることに気づけます。
その人を一部から捉えるのではなく、全体として把握できるようになります。

まずはここがポイントです。


その次のポイントが「分かってはいるけれど…」という心の状態。

頭では分かっているつもりなのに気持ちが乗らない、
行動に移せない、気が引けてしまう、何か引っかかる…、など。

こうなってくると、その人自身でさえ「自分」に一貫性がないと感じます。

他人からしたら「それなら、こうすればいいじゃないか」と言いたくなりがちですが
その人自身の中だって、何が起きているのか分かっていないのです。
心の中に整理がついていない状態です。

こうした場合も、『心の動き』として捉えていくと理解がスムーズになります。

悩み相談の多くには、このような複雑な心の動きが含まれているものです。
ですから相手の話を聞きながら、その心の動きを捉えられると
相手に共感的な理解をしやすいだけでなく、
悩みを話しているほうも「分かってもらえた」と感じやすいはずです。

悩みの中でモヤモヤと霞がかかったような心の中を
まずはスッキリと見やすくする。
すると話している本人にも、何をしたいのかが気づきやすくなります。

対人コミュニケーションの技術として、このように
相手の心の複雑な動きを言語化し、共感的なメッセージにするわけです。

このとき、複雑な心の動きを許容的に伝えるのが重要です。
「〜な気持ちもあるし、…な気持ちもある」といった感じ。

心の中には、常識的には相容れないような気持ち・考えが
同時に共存していることが当たり前にあるものなんです。

この点を納得できるようにトレーニングしていきます。

それによって相手の話を聞きながら、相手の複雑な気持ちを
どれか1つの考えに偏ったりすることなく均等に受け止められるようになります。
相手を全面的に許容しやすくなるということです。

例えば、「苦しさを分かってもらいたい」気持ちがあるのと同時に
「簡単にこの苦しさを分かったつもりになってもらいたくはない」
という気持ちも共存していたりする。

「自分を変えて、もっと良くなりたい」気持ちがあるのと同時に
「今のままの自分を受け入れたい」気持ちがある。

そういう複雑な心の動きを受容できるように、
・相手の心の動きを捉える練習
・複雑な心の動きを効果的な形で伝え返す練習
とを行います。


さらに、実際の心の動きを「流れ」や「変化」として捉えるトレーニングもします。

どのタイミングで、どんな気持ちが動いたのか?
何をキッカケに気持ちが入れ替わったのか?

ちょうど舞台演劇を見ているように、
心という舞台で役をやっている登場人物たちのやりとりを捉えるイメージです。

誰がこんなことを言うと、次にこのタイミングで別の人が舞台に出てきて
するとさっきまで黙っていた誰かが話しだして…といった感じ。

そんな風に心の中の動きを、「様々な気持ち同士のやりとり」として捉える。
このときに順序やタイミングが重要になってくるんです。

タイミングや順序を捉えられると、それぞれの気持ちを分けて見られます。
区別して捉えることができるわけです。

前述の「〜な気持ちもあるし、…な気持ちもあるし」といったような場合も、
折り合いのついていない2つとして区別しながらピックアップできれば、
それぞれの気持ちごとに考えを深めていくこともできます。

「〜な気持ち」について集中的に事情を聞き、考えの根拠を探れます。
最初に気持ちの種類を区別しておくから、
そちらの気持ちについてのみで話を進められるということです。

一般的な会話のように区別しないままだと
「〜な気持ちもあるし、でも…だし。
 ○○かなぁとも思うけど、そうすると△△になってしまうから、
 やっぱり●●のほう良いかとも思う。
 なのに▲▲を気にすると、イマイチ気持ちが乗らなくて。」
のように、話が行ったり来たりするものです。

複雑な心の動きがあるときには、話があちこち飛びやすい、と。
聞いている側としても、相手の言いたいことがハッキリせず混乱しやすい。

そこで最初から気持ちの種類を区別しておいて、
1つの気持ちごとに聞いていけば、聞いていて理解しやすいだけでなく、
話しているほうとしても集中的に自分の気持ちを探れますから
普段よりも深いレベルの気づきが起きやすくなるんです。


ということで、
 心の中で起きていることを
 「さまざまな気持ちが共存している」という発想のもとで的確に区別し、
 それぞれの気持ちごとに理解を深めていく…

のが講座の中心となります。

そのうえで、複雑な気持ち、相容れない気持ち同士で
どうやって折り合いをつけていくのかもトレーニングします。


一度この観点のコツを掴んでおけば、
他の人が何かの作業をしていたり、会話をしていたりする場面は全て
トレーニングの題材として活用できるようになります。

クレームを言っている人を見かければ、
何が火に油を注ぐポイントだったのかも見えてくるでしょう。

よく言われる「地雷」(逆鱗に触れるところ、怒らせてしまうキッカケ)も、
格段に予想をつけやすくなるはずです。
他の人からすると「地雷がよく分からない」ような人物に対しても
パターンが掴めてくると期待されます。

もしかしたら認知症のようなケースでも
一見すると脈絡のない行動が、心の動きとして理解できるかもしれません。

慣れてくると、揉め事の仲裁などには、かなりの効果を発揮すると思います。

コミュニケーションの技術として活用する上でも、
人の「心」というものの性質を理解するうえでも、
実用的なテーマではないでしょうか。

座学は少なく、少人数制の参加型・体験型ワークショップとなります。
グループで意見交換や、コミュニケーション技術の練習をしたりします。


気軽なスタンスで積極的に取り組んで頂ければ幸いです。



◆録音/録画、再生機材に関しまして
講座全体の内容は、ICレコーダーやビデオなどで
記録いただいても構いませんが、あくまで
個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【セミナーの詳細】

≪コミュニケーション講座 〜心の動きを捉える〜≫

【日時】  2017年 2月5日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 303集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

心理学の歴史の中では、もっとも初期の段階で
構造主義と機能主義という2つの立場がありました。

構造主義は、心を構成する要素を調べようとする立場。
喩えるなら、化学が物質を構成する成分として元素を見つけたように
心にも構成成分があるだろうという発想でしょうか。

もう一方の機能主義は、意識の流れを理解しようとする立場です。
心というのは1つの決まった「もの」ではない。
意識の中に様々なものが表れてくる。
その「流れ」を捉えたい、と。

機能主義のほうは、化学に喩えると化学反応に注目する感じかもしれません。
反応速度とか物質移動とか、定量的な方向性に思えます。

実際のところ、初期の心理学ではどちらも上手くいかなかったようです。
客観的に説明できる手法が見つからなかったのでしょう。
少なくとも共通認識としてお互いに理解し合えるような着眼点がなく、
主観的な話で終始してしまっていた。

心理学そのものは、そこから客観的に測定可能なものを重視するようになり
科学としての側面を強めていくことになります。


それから時を隔て、NLPが再び構造主義的なアプローチをとります。
心の構成要素を調べ始めたんです。

主観的な体験を説明しようとする行為ですから
客観的なデータとはいえません。
その意味でNLPは科学としての心理学にはなりえません。

それでも初期の心理学で構造主義がやろうとしていたことを
かなり詳しいレベルでできるようにしたとは言えそうです。
そして共通認識として複数の人が、主観的な体験をシェアできるようになった。
それによってモデリングができるようになったわけです。

心の構成要素がどのような組み合わせになっていると
どのような体験が生まれるのか?
そこを調べるのがNLPの重要な側面だということです。

NLPの言葉でいうと、サブモダリティとかがこちらです。


さらにNLPはパートの概念を使い始めます。
心を部分化して、普段意識していないところに気づいていくやり方です。

この着眼点で丁寧に心の中を眺めていくと
「意識の流れ」が見えてきます。

こちらも客観的なデータにはできませんし、数式化することも難しいですが
それでも、ある人の心の動きを共通認識としてシェアすることは可能です。

心を1つのものとして見ている限り説明できない心の動き(意識の流れ)が、
パートという「心の機能1つ分」に注目して
どんなパート(機能)が移り変わっていっているのかを記述することで
言葉として説明できるようになるわけです。


実際のNLPの資格取得コースでは、
心の構成要素を細かく見ていくアプローチも
心の機能のプロセスを追いかけていくアプローチも、
いずれも丁寧にやられることはありません。

盛りだくさんの講座の中で、そこまでかける時間がないのでしょう。

NLPをスキルや手法の寄せ集めとして捉え
自分が使えそうなものを利用していくという方針であれば、
確かにそこまで心の「しくみ」を気にする必要はないのかもしれません。

一方で、心やコミュニケーションに興味を持つ人の多くには
「相手を理解したい」、「人の気持ちを分かりたい」
といった率直な願望もあるのではないかと思います。

方法や手順ではなく、目の前のその人に関心があるからこそ
湧きあがってくる願望ではないでしょうか。

N偶然なのか意図的なのか、
NLPは心理学の初期に議論されていた「心を理解する着眼点」の両方を
それなりに上手く扱えるようにしてくれます。

データとして扱えなかったとしても、
相手の心の内側を共有するところまではできそうです。

心の仕組みを説明し、それに沿って相手の気持ちを理解する。
そういうことを可能にしてくれました。

昔の人がやろうとしてできなかったことに近づいたとも言えそうです。
その意味でも有意義なアプローチのような気がします。

ご興味がありましたらお越しください。

cozyharada at 23:42|Permalinkclip!

2017年01月02日

年始のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年もNLP関連のセミナーが多くなりそうだと予想していますが
機会を見て、こちらでも独自の講座をやってみようと思っています。


年末から年始にかけて、ゆっくりと湯船につかりながら
内面を統合するワークを一人で何度もやっていました。

環境が変わり、接する相手が変わり、経験するものが変わってくると
知らないうちに自分の中に変化が生まれてくるものです。

それが上手く機能していれば気にしなくてもいいのでしょうが
いつのまにか少しずつ不調和を生み出してくることもあるようです。

その意味でも、定期的に自分の内側を見つめる時間をとるのは、
気づかないうちに心のバランスを崩していく可能性を減らせますし、
普段は意識しないレベルでの心の癖を調えて楽に過ごしやすくする上でも
なかなか意味のある時間だと感じます。

そういう系統のワークを中心にした講座なども
どこかのタイミングでやってみようかと考えています。

まずは2月5日の講座について、近日中にご案内を出す予定です。


今年一年何をするかは、あまり決めていませんが
何か展開が広がっていくと良いなぁとは思っています。

本年もよろしくお願いします。


2017年賀1




























2017年賀2

cozyharada at 23:24|Permalinkclip!

2016年11月28日

2月の講座に関して

以前の記事で書いた日程とは異なりますが
次の講座日程を確定しました。

2月5日(日)です。

その次は4月になると思われます。

内容はまだ決めていませんがコミュニケーションの系統で考えているところです。

感情の扱いやパートのあたりなどを含めても良いかもしれません。

自分の気持ちに気づいて伝わりやすいコミュニケーションをしたり、
自分の内面を統合したり、
他者の心の動きを理解したり…、
といった感じでしょうか。

となるとリフレーミングも混ざってくる気がします。

詳しくは開催日が近づいてから案内する予定です。

cozyharada at 23:57|Permalinkclip!

2016年11月23日

こだわりの方向性が変わる

コミュニケーションとかNLPとかのトレーナーをやっていると
他人の相談を受けたり、悩みに取り組むお手伝いをしたりすることが増えます。

最近は個人的にカウンセリングを受ける機会を減らす方向にしていて
その代わりに、講座の途中で質問に応える形で
内面的な取り組みのサポートをしたりすることが増えたようです。

セミナー中のメタファーもご参加の方のお悩みを踏まえながら選んで
講座の内容とは直接関係の薄いところで
内面的な課題にアプローチするようなスタンスになった気がします。

以前は、休憩時間中の質問から
「それについてはセミナーの内容の範囲を超えているので
 個人セッションをお勧めします」
なんて返答することもそれなりにあったんですが。

おそらく悩み解決のお手伝いを仕事にしたい気持ちが強かったんでしょう。


このあたりに関していうと、
セミナー中のデモのスタイルにも反映されていたようです。

技術をとにかく身につけたくて、いろいろと試してみたかった時期は
個人セッションも積極的に受けようと頑張っていた頃でもありますが、同時に
効果を最大限に高めるために多くのことを色々と詰め込もうとしていた気がします。

知っているワーク、効果がありそうな技法などを沢山盛り込むことで
一度のセッションや一日のセミナーを豪華で凄いものにしようとしていた感じ。

中華料理でいうと満漢全席を振る舞おうとするかのようなイメージでしょうか。

当時はセミナー中のデモであっても、テキスト通りではないことをしたり
効果がありそうなワークを思いついたらやってみようとしたり、
とにかく色々とやってみたかったんだと思います。
セミナーにも数多く参加して、手法を色々と知りたかった時期でもあります。

この頃の経験を通じてワークの原則や、どのようにして変容が起こるかなど
人の心の仕組みを理解するための経験を積ませてもらいました。

料理一品あたりの仕上がりは低くても豪華なメニューだったとは感じています。


その後、セミナー中の内容を出し惜しみする時期がやってきました。

なんでもかんでも詰め込むのではなく、
セミナーのカリキュラムとして決まっていることを
丁寧にやっていく感じです。

この頃はセミナーそのものの分かりやすさ、内容の伝わりやすさを重視していて
あまりテキストから大きく逸れたことをしないようにしていました。

他のセミナーに参加したり、本やビデオを見たりして学んだ技法も
ストックとしては色々と持っていたと記憶していますが、
沢山持ってはいても使おうとはしていなかったようです。

逆に言うと、原理や原則のようなものが掴めていたのかもしれません。
色々とやらなくても原理が分かっていれば効果の出るものを
やたらと詰め込まなくても大丈夫だと思っていたようです。

1つのセミナーでは決まった内容だけに絞っておいて
他の手法は別の機会で紹介する。
そういう割り切りもありました。

その分、個人セッションでは柔軟性を発揮して、
目の前の相手にとって効果の高そうな方法を
その場で工夫していくようなことを好んでいた気がします。

「深入りした内容は個人セッションで」というスタンスもこの時期です。

中華料理でいうと、いくつかコースメニューがあって
コースの範囲で一番美味しく作れるように努力する感じでしょうか。
その一方で日替わりメニューとか、一品もののアラカルトもあるようなイメージ。

見た目の豪華さは減ったものの、コースメニュー全体のバランスを考えたり
1つ1つの料理の味を高めたりはできてきた頃だと感じます。


それから人の心の変容について、本質が掴めてきたような印象が出て
変容が起こるのに派手なワークは必ずしも必要ではないと思い始めました。

セミナーの内容がどんなものであっても、
個人的な内面の課題を扱わないコミュニケーションのセミナーであっても、
セミナーという場で人と人が関わることを通して
気持ちが楽になったり悩みが減ったりしていくことを見てきたんです。

それから技法へのこだわりは小さくなりました。

中華料理の喩えだと、料理が美味しいかどうかに注意を向けていたけれど
どんな栄養が摂れるかも大事だったんだと思い始めた感じです。
漢方とか医食同源を気にし始めたイメージでしょうか。

足りなかった心の栄養を補う。
そのための工夫に気持ちが向いてきた気がします。

セミナーの内容や形、関わりの立場なども
あまり気にしなくなったようです。


最近はセミナーの種類が限定されてきていて
同じような構成のものを繰り返すことが日常となっています。

以前は同じ内容を何度もやるのは嫌だったんですが
それも工夫したい気持ちの表れだったんでしょう。

内容や形が重要ではないと実感してきたからこそ
同じ内容であっても気にすることなく取り組めるようになったのかもしれません。

中華料理でいえば、決まったコースメニューを繰り返していますが
医食同源のスタンスから、その座席のお客さんの健康状態に合わせ
少しだけ素材や調理方法をアレンジしてお届けする感じ。

一品ものや日替わりなどのアラカルトは
さまざまな制約から控えている状態でしょうか。

以前のように自信の一品を食べてもらいたい欲求はなく、
むしろ決まったコースメニューでもベストを工夫できる分
わざわざ特別な機会を必要としなくなったとも言えますから、
アラカルトを我慢しているわけではありません。
提供したいとは感じていないだけのことのようです。

ですからセミナーのスタイルは、いたって決まった通りの内容を
テキストに沿った流れで進める感じだと思います。

流れを大きく外れることはしないようにしていますし、
実習の時間がスムーズになるように分かりやすいデモを心がけています。

とはいえ、以前に割り切ってカリキュラムだけをやっていた頃とは
気を配っている範疇が違っていると思います。

今はカリキュラム通りにやっても、その場での交流を通して
心の栄養補給という観点から効果を出そうとしている感じです。

説明部分ではメタファーに工夫をしたり
一人一人のワークの実感度合いが上がるようにサポートをしたり
前よりも繊細なお手伝いの形になっている気がします。

欲張らずにベストを尽くせるようになったのかもしれません。

コースメニューはありきたりな中華のセットでも、
高級食材をふんだんに使ったセレブな中華料理店でもありませんが、
1つ1つの料理には丁寧な仕事がなされているようなイメージでしょうか。

ただのシンプルなチャーハンや餃子だけれど、ちゃんと美味しい。
そんな感じを心がけているように感じます。


随分と移り変わってきたみたいです。

cozyharada at 23:22|Permalinkclip!

2016年10月14日

次は2月あたり

1月ぐらいまで割とタイトな予定が続いています。

次回の講座は2017年の2月ぐらいでしょうか。
2月12日(日)あたりかと思います。

まだ定かではありませんので、決まったら改めて告知します。

テーマは『リフレーミング』あたりを考えています。
言葉の使い方として整理しても良いかなぁと。

最終的にリフレーミングを思いつけるかどうかは
自分自身がどれだけ広い視野を持てているかに関係するようですから、
自己トレーニングとしての側面に取り組んでみるのも良いかもしれません。

cozyharada at 23:56|Permalinkclip!
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

近日公表

《コミュニケーション講座》
〜言語表現力トレーニング〜


【日時】 2017年6月25日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    304集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


概要はこちら>>
次回開催は8月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード