セミナー情報

2018年04月05日

【セミナー】幅を広げるリフレーミング

ご案内: 4月22日(日)

   コミュニケーション講座 〜幅を広げるリフレーミング〜


直前のご案内となりますが、今度の講座についてです。
お申込みフォームは下の方にあります。

最近、何かと慌ただしくてお知らせが遅くなってしまいました。
次回の講座開催も少し先になる見込みです。
(7月か8月ぐらいでしょうか)


さて今回のテーマです。
『幅を広げるリフレーミング』

大きく分けると2つの内容が含まれています。
『幅を広げる』の部分と『リフレーミング』の部分。

まずはリフレーミングについてです。
「リフレーミング」とは物事の捉え方を変えて、新たな意味を見出すこと。

ある程度の知識・経験があることを想像していますが
全く初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんので、
オーソドックスな部分の解説から始める予定です。

NLPでよくなされる分類として
 崗況のリフレーミング」
◆崙睛討離螢侫譟璽潺鵐亜
の2つを区別するところから。

事前に簡単な説明をしておくと、
 崗況のリフレーミング」は、主に行動パターンについて
それが役に立つ場面を指摘することになります。

それに対して◆崙睛討離螢侫譟璽潺鵐亜廚蓮⊆腓出来事の意味づけについて。
ある日に体験された出来事、現状で置かれている場面などが対象です。

言い換えると、
ー分の行動パターンについて客観的に振り返って
 その意味を考え直す 
⊆分の周りに起きていることについて
 その意味を考え直す
という違い。

この辺りの整理をした上で、そこからさらに発展させて
 峭堝哀僖拭璽鵝廚砲弔い道訶世諒僂方のバリエーションを増やします。

リフレーミングの技術を向上させる上でのポイントは
・どれぐらいのバリエーションを使い分けられるか
・1つの視点についても複数の見方を提案できるか
が特に重要となります。

すぐにリフレーミングの言葉がけは思いつく場合でも、多くの人が
意外と自分の得意なパターンだけを使っているのが実情です。

決まった視点にしか捉え方を広げられないと
それでは対処できなくなったときに再び行き詰ってしまいます。

数多くの見方ができるに越したことがないのは言うまでもないでしょう。

そしてそういう風に様々な捉え方ができるように増やしていくには
コツコツと新たな見方を探すのが標準的。

特に自分で気になったこと、悩ましいことを
地道にリフレーミングしていくのがオススメです。

そうすると以前にリフレーミングして解消したつもりの問題が
再び「いや、やっぱりこれは問題かも…」という時が来たりします。
ここでもう一度、新たな物の見方を探すことで、ようやく
自分に馴染みのない新たな視点が手に入るわけです。

ですから、ある程度の型に沿って、区別をつけながら
地道にリフレーミングを続けていくのが効果的なわけです。

付け加えるとしたら、他人の力を借りることでしょうか。
自分では思いつかない物の見方を、他人から聞けることがあります。

その意味でも、講座の中で他の参加者と話し合いながら
リフレーミングの練習をするのが有効なんです。

…ということで、々堝哀僖拭璽鵑砲弔い討離螢侫譟璽潺鵐阿
視点のバリエーションを紹介したうえで、
そのバリエーションを意識的に区別しながら練習することになります。


そしてもう一方、⊇侏荵の意味についてのリフレーミングです。

こちらは実際のところ、使いどころ、使い方が繊細な技術なんです。

他者に対してリフレーミングをするとき、タイミングや言い回しによっては
相手に不快な思いをさせたり、怒りを買ったりもしかねません。

自分に起こった出来事についても、
無理やり自分を言い聞かせるようなリフレーミングは
感情を抑圧してストレスを溜め込む理由になってしまうことがあります。

このあたりの注意点を踏まえながら、
・受け入れやすい安全な言葉遣いの工夫
・感情レベルのケアも同時に行うための『ねぎらい』との組み合わせ
を技法として練習します。

そのうえで『幅を広げる』という視点を追加します。

本人のこれまでのやり方では上手く対処できない出来事だとしたら
その人自身の幅を広げて対応力をつける必要があるかもしれません。

そういった方向性での考え方を出していくトレーニングです。


この『幅を広げる』観点について、
実際に「自分の幅を広げる」手法も紹介します。

主にイメージワークが中心になるかと思いますが、
それほど大げさではない簡単なやり方です。

とはいえ意外と効果は重要。
なぜなら多くの人が日常生活で気づかないうちに、
そのときの状況に応じた対処法に偏っていってしまうからです。

例えば、日々の仕事の中で他人から厳しく当たられていると
その当たりの強さに耐えるため、体の表面の筋肉に力を入れて
身を守るようなことをしたりすることがあります。

それが続いていくと、そういう体の緊張具合が日常的になり、
そうでない体の状態が体験されなくなってしまうんです。
力を入れて身を守ることに偏ってしまう、と。
それも知らないうちに、です。

もちろん、過去に身につけたワンパターンの対処法が
癖として自動的に出てしまう場合もあります。

人前に出ると緊張する、初対面の人に構えてしまう、
なんていうのは良い例でしょう。

これも偏った対応ですから、幅を広げるだけで
一気に今までにない可能性が出てきます。

新しく効果的な対処法を体験した後には、
そのことについて意識的な振り返りをすると
そこで新しい物の見方・考え方が作られます。

ここでも再びリフレーミングが起こるわけです。

イメージを使って体験的に幅を広げ、
それを知的に振り返ることで新しい意味を見つける。
文字通り『幅を広げるリフレーミング』を体感してもらえると思います。


想定している内容は以上です。
あとは細かいやり方の問題。
そこは当日にトレーニングしましょう。

他者とのコミュニケーション技術、他者支援の技術として
リフレーミングの言葉がけを磨くことができます。

そのバリエーションを増やすだけでなく、
言葉遣いの工夫によって受け取りやすさを高められます。

高度なリフレーミングについても、注意点を踏まえれば
安全で効果的な関わり方をしやすくなるはずです。

そして自分の心の癖、最近の心の状態についても見つめ直し、
その幅を広げる体験もしていただきます。

自分のストレスをメンテナンスしたり、柔軟性を高めたり…
自分を楽にするための手法としてお持ち帰りしてもらいますが、
その手法を用いて他者のサポートすることも可能でしょう。

技術の練習をしながら、自分自身も楽にする趣旨です。
言葉の技術としてはメインの1つだと思います。

自分の内面を通して、他者のサポートを通して
安定感が高まっていくことを願っています。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【講座の詳細】

≪コミュニケーション講座 〜幅を広げるリフレーミング〜≫

【日時】  2018年 4月22日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。



終了しました


コミュニケーションの技術を考えていったとき
とりわけ言葉がけの手法として重要なのは
ねぎらい、力づけ、質問、リフレーミングあたりかと思われます。

いずれも使う上で重要なポイントは
・自分の意図を自覚して想定する効果を考える
・狙った効果を出すために適切な言い回しを考える
・相手に理解されやすく、不快にさせない表現を工夫する
といったところでしょう。

とりわけ質問は、意図と効果を踏まえさえすれば
どんなパターンでも生み出せます。

むしろ効果的な質問というものが最初からあるわけではなく、
意図と効果が伝わりやすい形の質問に組み立てる技術が求められる。

あとは、どういう情報を引き出すかという話。
これは質問そのものの技術ではなく、情報収集の枠組みの問題です。

そうやって考えると、言葉がけの技術の大半は
意図と効果(つまり目的意識をもって使うこと)と
そのために適切な表現に整えること
にあると言えそうです。

今回の講座では、技法としての意図を明確にしながら
どういう効果を狙うかを自覚しつつトレーニングする形を考えています。

余裕があれば言い回しの微妙な違いで
どういった影響の差が出るかも考えてみたいと思います。

これには、
 実際に言葉を語りかけてみたとき
 相手がどういう受け取り方をするか
という反応のチェックをするのが効果的でしょう。

一人で考えたときには想像でしかないものが、
直接相手から感想を教えてもらえれば
言い回しの違いの効果を実感してもらいやすいはずです。

丁寧な取り組みをしていきたいと考えています。

その意義を感じ取って頂けたら幸いです。

お越しをお待ちしています。

cozyharada at 23:09|Permalinkclip!

2018年04月01日

4月22日の講座内容

少し状況が落ち着いてきたので
直近ですが22日の講座内容をお知らせします。

バタバタしていると頭の中もスムーズに働かなくなるものですね。
ようやく考える余裕ができて、アイデアが出てきました。


今回は『幅を広げるリフレーミング』をテーマにします。

実際にはリフレーミングの言葉がけだけでなく、
イメージワークや簡単な催眠誘導のようなものを使ったりして
体験的にも自然とリフレーミングが起きるような手法も扱います。

狙いとする効果は「行き詰まりから抜け出る」のがメインでしょうか。

問題となる行動パターンをリフレーミングして気楽になる趣旨でもなく、
問題のパターンが起こらなくなるようなリフレーミングでもなく、
一過性の状況・出来事として行き詰った感じを打破する意図です。


コミュニケーション技術としてのトレーニング効果だけでなく、
日々のストレスで偏りがちなバランスを修正したり
ご自身の能力や考えの柔軟性を高めたりする効果も想定しています。

お申込みフォームは近日中に載せる予定です。

今しばらくお待ちください。

cozyharada at 23:29|Permalinkclip!

2018年03月14日

4月22日ワークショップ予定

なんだか最近てんてこまいです。

セミナーが重なりすぎて体調を崩すことも。

先の名古屋ではホテル近くの薬局で葛根湯を買ってみましたが
親切な薬剤師が色々と教えてくれました。

意外と漢方薬は体に合うのかもしれません。


この重なったスケジュールもピークは4月の頭まで。

中頃からは少し余裕が出てくる見込みです。

今のところ、4月22日(日)に
何かの講座かワークショップをやろうかと考え中です。

久しぶりの開催になりますので技術トレーニングでもしようか、と。

詳細は後日にお知らせします。

cozyharada at 23:19|Permalinkclip!

2017年11月30日

【ワークショップ】心を調える実践会:12/23/2017

ご案内: 12月23日

   心を調える実践ワークショップ


日程のお知らせはブログの片隅にあげていましたが
 12月は、23日(土)
修行の場としての実践ワークショップを行います。

趣旨は「繰り返しと発展を重ねながら継続する」
ところにありますので、
基本的なご案内内容は過去のものと同じです。

これまでにご参加の方は、下の方にスクロールしていって
そのまま申し込みフォームをご利用ください。
 (もちろん大事なコンセプト説明ですので
  読み直して頂くのもありがたいですが)

継続の重要性を説明したものは、こちらもご参考にしてください。
 >>リンク【補足:修行・実践の継続性について】

具体的に何をするかというと…。
◆心についての理解を深める
 ・説明
 ・ディスカッション
◆学習されてきた心の癖を変える《再学習》
 ・NLP、心理療法的なワーク(ニーズに合わせて)
 ・自分でできるワークの紹介と実践
◆学習されてきた心の癖から離れることで心を調える《脱学習》
 ・瞑想
 ・気づいている度合いを高めるトレーニング
◆新しい技術や振る舞いを身につける《(新規)学習》
 ・効率的な学習法の説明
 ・新しい技術、方法のトレーニング
◆心の本質に触れる


なお、新規の学習や再学習のときに何を対象とするか、
…つまり何の技術を向上させたいかというテーマは自由です。

コミュニケーションや人間関係に関わるものが中心でしょうが
ご自身で専門性が高い分野であれば、スポーツや芸術など
対人技術でないものもトレーニングが可能です。

※注意事項
 こちらが詳しくない分野でも、ご本人の知識・経験が豊富であれば
 その材料を活用して技術向上を効率化することができる、
 という意味です。
 
 逆に、こちらも詳しくない、ご本人も始めたばかり
 というケースだと、扱えないこともあります。


また、ワークショップ中に、上記の項目のうち
何をどれぐらい行うかは、そのときによって異なります。

こちらの判断でアレンジしていくのと同時に
ご要望にお応えする形ともなります。

関心のあるものがあれば、申し込みフォームへご記入いただくか
当日にお話しください。


以下は過去の内容の繰り返しになりますが
ワークショップのご案内と申し込みフォームです。
上記項目の補足説明とご理解ください。


----------【以下、本文】----------

具体的に何をするかは毎回、ご参加の方に応じて
柔軟に変わっていくはずですが、
原則とする部分は常に共通しています。

とにかく『心を調える』をテーマとして実践する

人は生きてくる過程で社会に合わせることを求められ
効率的な振る舞いのパターンを学習してきます。

そして学習されたものがワンパターンになり自動化される。

このパターンが、置かれている状況で上手く働いてくれれば
何も問題を感じることはないでしょう。
スムーズに進んでいるように感じられると思います。

一方、今までのパターンが通用しなくなったとき、
とりわけ今まで上手くいっていたもの、
自分の強みだったものが空回りしだしたときには、
大きな行き詰まりが感じられるようです。

無理もありません。
今まで強みとして使えて望ましい結果も出ていたのですから
それ以外の方法を模索しようともしてきていないでしょう。
ワンパターンになっている度合いが強く、
柔軟性が小さくもあるからです。

しかも強みだと自認していたということは、
それが自分らしさの支えにもなっていたわけでもありますし、
能力面の自信の源にもなっていたはずです。

そこに空回りが出て上手くいかない環境に身を置いている…。
となると、上手くいかない不満だけでなく、
自分の強みへの自信を失っていく体験にもなります。

ショックの度合いが強いんです。

かといって変わろうと思っても、
「でも、これが自分らしさだから…」と
その強みとは真逆のことなんてやりたくも思えない。

例として良くあるのが、
 何でも自力で切り開いてきた行動力のある人が
 管理職や経営者として他人に仕事を委ねる必要性が出てきたときに
 部下へ仕事を任せられず自分で仕事を抱えてしまう
といった話です。

自力で頑張る行動力という強みが、
管理職・経営者という状況に合わなくなってきている。
その状況に適応するために変化を求められている、ともいえます。

もちろん今までのパターンを使い続けるのも1つです。
上手くいく環境に身を置くようにするのも1つでしょう。
(例:自力で頑張りすぎて人に任せられない → 一人で仕事をする)

その一方で、
 状況に適応するように自分が変化する
という向き合い方もあります。

このワークショップにおける『修行・実践』の形態としては、基本的に
 自分が変化して状況に適応できるような「しなやかさ」を育む
方向性で進んでいきます。

中には改善しようのない状況もあるかもしれません。
その場合には「変えられないことを無理に変えようとする」心の癖を
調えるように取り組むことになるでしょう。
これも「自分が変化して適応する」1つの形です。

とにかく自分が変化する。

ただし無理やりにというのではなく、
より自然体で柔軟に、です。

今まで身につけてきたものを捨てるのでもありません。
新しいやり方も身につけて、選択肢を増やして柔軟性を高めます。
ワンパターンから離れて、クリエイティブな自由度を高めます。

そういうスタンスです。


そのために技術トレーニング、心理療法的なイメージワーク、瞑想、
質疑応答やディスカッションを行います。

新しいやり方を「知る」だけで解決されるケースもありますから
その場合は質疑応答やディスカッションが機能します。

今までやったことのないやり方を身につけるには
技術トレーニングが有効です。

心の癖になってしまったワンパターンの振る舞いを変えるには
イメージワークや瞑想が効果的でしょう。

哲学的な問い、実存的な問いなども出てくるかもしれません。
そのあたりはディスカッションや瞑想で取り組むことになりそうです。

 ※実際には、質疑応答やディスカッションなど
  ワークショップ中の様々な体験が心の癖を調える刺激になります。

変化の種類は、
 ・今までのパターンとは違ったパターンを学習し直す(再学習)
 ・今までのパターンを手放す(脱学習)
の2通りだとも説明できます。

以上のことを前述のとおり、ご参加の方のニーズに合わせて
いろいろな技法を組み合わせながら進めていきます。
(もちろんご要望があれば技法そのものへの質問も解説します)


「心を調える」という趣旨でいうと、
再学習と脱学習は両方とも実践することになるはずです。

実践の効果は悩みが減って楽になること。

身体が調うと痛みがなくなったり、日々が快適に過ごせたりするように
心も調うと、それだけで楽になっていくものです。

日々のストレスが蓄積した心の”しこり”、”こわばり”を緩め、
必死にしがみついている”昔の癖”を手放したり、学び直したりする。

それはちょうどマッサージや施術を受けて身体が調うのと、
自分で姿勢や歩き方を変えたりストレッチで柔軟性を高めたりして
だんだんと昔の身体の癖を修正していくのとに対応しそうです。

そうして心が楽になっていくと、自然と持ち味も発揮されてきます。

スポーツ選手がマッサージやストレッチで体のケアをするのは
身体に疲労が溜まっていると運動のパフォーマンスが落ちるからです。

心も同じようなものです。
心に苦悩が溜まっていると、その人の持ち味が発揮しにくい。

その人が持って生まれた素養や、
もしかすると、この世に求められている姿なんかも、
スムーズに表しにくくなってしまうのかもしれません。

多くの人は「自分らしさ」や「本来の自分」、「自分の使命」などを
何か定まった1つのことのように捉えて、それを探そうとしがちです。

しかし厳密には、「これだ」と定められるものは
過去の体験の延長でしかありません。
これまでに作られた心の癖をもとに判断した「自分らしさ」なんです。

自分はそれほど限定されたものではありません。
あなたはそんなに制約されていません。
はるかに大きな可能性が、変化を受け入れるスペースがあります。

もっとも自分らしい、本来の自分の姿は
あらゆる心の歪み、心の癖から解放されたときに見えてきます。

ワンパターンから離れ、そのときどきで最善の対応ができる。
そのときに内側から自然と表れているものが「自分らしさ」です。

どうやらこれは、心の癖から完全に離れたとしても
個人個人で違った表れ方をするようなんです。
経験によって学習されたものから離れてもなお
人間にはそれぞれ違った素養が備わっているのかもしれません。

心の歪みを取り除き、自然な状態に調えるのは、
自分を自分らしく生きる実践でもあるわけです。

自分らしさの修行をして、ひたすら自分を実践するんです。

だから修行はいつまでも続きます。
自分が自分でいる限り、それは修行なんです。

そういうワークショップです。
それを一緒にやりませんかというお誘いです。

心に響くものがあり、時間の都合があうようでしたら
お気軽に足をお運びください。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【ワークショップの詳細】

≪心を調える実践会≫

【日時】  2017年 12月23日(土)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

修行に終わりはないそうですから、このワークショップも
継続的に開催していきたいと考えています。

コミュニケーションの技術的なこと、知識レベルのこと、
哲学的な問いについてのこと、心の苦しみについてのこと…。
心と関することであれば取り組めます。

そのときどきで、ご参加の方に応じて、内容は変わるはずです。

同じ内容を何度もやる場合もあれば、
毎回違ったことをやる場合もありえます。

人によって体験することも違うでしょう。

体系化されたプログラムではなく
そのときどきの実践を重ねていきます。

禅の大事な側面に「修行を分かち合う」ことがあるらしいです。

ワークショップという形で同じ場、同じ時間を過ごすのは
それだけでも何かの意義があるのかもしれません。

お越しをお待ちしています。

cozyharada at 23:03|Permalinkclip!

【追記】修行・実践における継続について

(こちらは以前に書いた内容の転載です)

最近、勉強の仕方というのは難しいものだと、つくづく感じます。

勉強熱心な人を見かけるにつけ、その勉強のやり方の個人差が
大きな違いを生み出しているように思われるからです。

ある人は徹底的に原点から学ぼうとします。
手に入るのであれば中古でも原著を手に入れ
できるだけ大元に近い、歪みの少ない情報に触れようとする。

伝言ゲームとまでは言いませんが、
世間に広まる情報は、媒介する伝達者が増える
(≒伝言ゲームの人数が増える、ステップが増える)
ほど、伝えられる内容に含まれる変化が大きくなりがちです。

だからこそオリジナルに近いところから学び直し、
細かな違いさえも誤解とならないように正確さを心がけるようです。

これは大変な労力と時間を要します。
後から情報源を検索できるように、引用文と書籍名、ページ数などを
記録しているのも見たことがあります。

要領が良い学び方ではないようで、
本質的な特徴を掴み、一通りを整理できるようになるまでに
時間がかかりやすいところはあるみたいです。

その分、整理が進むにつれて情報量の多さと
理解の深さは増していきます。

時間はかかるけれど到達点は高いのかもしれません。


別の人は、関連することを幅広く勉強します。
その分野で評判のいい本、話題の本を手に入れ
その本を何度も読み返してノートにまとめ、情報を整理する。

主な話の展開を押さえつつ、
重要なところ、役に立つところを抽出します。
要点をまとめるわけです。

まとめの作業の時に、正確な引用をするかどうかよりも
自分にとって使える内容になっているかの方が重視され、
自分なりの勉強ノート集のようなものが増えていきます。

こういう勉強のスタイルは学校教育で効果的だといえます。

大学の後半に専門分野を学ぶようになるまでは、
幅広い分野の要点を押さえておくのが求められます。

そこでは教科書の正確な引用は重要ではありません。
むしろ同じような内容であれば「分かっている」とみなされます。

厳密な情報ではなくても、ポイントを押さえ
「これって、こういうこと」という大まかな理解を増やす、と。

このスタイルは要領がよく、短い期間で幅広い内容を捉えられます。
その反面、情報の正確さは減り、複雑で細かい区別はなくなります。


世の中としては、後のタイプの勉強法のほうが人気があるようです。

新しいことが分かるし、早くポイントも掴める。
面倒なことが少なく、分かりやすく、好奇心の範囲も広がります。

一方、本質に近づこうとしたときには
前のタイプの勉強法のほうが目的には合っているように見えます。

狭い範囲ではありますが、深く学べます。
正確な情報を細かく区別して、場合分けをしながら整理する。

膨大な情報量に繰り返されるパターンを自然と掴めるまで
時間はかかるものの、膨大な情報から抽出される共通点は
法則の重要性として揺るぎないものとなるわけです。

そして興味深いことに、
どんな分野でも本質に近づくと似てくる部分がある。

だからこそ「本質」なのかもしれませんが、
どのルートでも到達点は同じところに向かっているのかもしれません。


目的として「到達点」を重視するのだとしたら、
1つのことで深堀りするほうが効果的だと思われます。

ポイントを押さえたら新しいことに進むのは
知識の範囲を広げ、好奇心を満たす楽しい行為ですし、
それによって自分の経験則が整理されるときもあるでしょう。

言葉で納得できる喜びは大きいと思います。
その一方、自分が大事だと思うこと、好きなことが
ポイントとして抽出されてしまう可能性もあるんです。

厳しく言うと、自分が分かっていることの再確認であって
到達点として先に進んでいるわけではないかもしれない、と。

到達点のほうを重視するのであれば
目先の楽しさがなくても地味な取り組みを続ける。

その限られた骨組みの中で、知識と体験を重ねて情報を増やし、
骨組みに肉付けを続けていくスタイルです。

そして骨に肉がついてきたころ、本当の姿が見えてくる。

いろいろな骨格に共通する特徴を知りたいのであれば
いろいろな動物の骨組みだけを見たらいいでしょう。

自分が解体しなくても、他の人が残してくれた骨格標本があります。

しかし1つの骨格をもとに肉付けをして
その本体の全体が掴めるようになると、
骨とは違った生の実体が見えてきます。

そして、どんな骨格を基にした生の実体にも共通点がある。
こちらは肉付けが終わったものを理解して初めて見える特徴のようです。

ここでいう到達点とは肉付けが終わったあとの全体像のほうです。
本当はどんな姿をしているのか?
それは骨格だけではありません。

しかし一度、骨格に肉付けをしていれば
骨格だけを見ても元の姿が想像しやすくはなります。

こっちが分かってくるのを「到達点」、「本質」と呼んでいるんです。


このワークショップでやっているのも本質を目指す方向です。

広く浅く、新しい知識を次々に仕入れていくのではなく、
1つの原則を基にして、そこを骨格として
ディスカッションやワークを通じて理解と経験を増やし
情報の肉付けをしていこう、と。

厳密には毎回カスタマイズされながら異なった内容になるわけなので
同じことの繰り返しではないですが、
「1つの骨組みにまつわることを続けていく」点では
繰り返しの修行が効果的だということです。

そこで本質を掴んでいくほどに、苦悩が減り、楽になり、
同時に他人の苦しみへの共感性が高まることで思いやりが増える。
そして自由になります。

そんな感じの時間を取りましょうという話なんです。

cozyharada at 22:39|Permalinkclip!

2017年10月19日

【ワークショップ】心を調える実践会(2017.11.5)

ご案内: 11月5日

   心を調える実践ワークショップ


日程のお知らせだけブログの片隅に出していましたが
 11月は、5日(日)に
修行の場としての実践ワークショップを行います。

繰り返しと発展を重ねながら継続するのがポイントになりますので
ご案内の内容は先月のものと同じです。

先月にご参加の方は、下の方にスクロールしていって
そのまま申し込みフォームをご利用ください。
(もちろん大事なコンセプト説明ですので
 読み直して頂くのもありがたいですが)

一応、継続の重要性を強調するために関連した内容を追記しておきます。


最近、勉強の仕方というのは難しいものだと、つくづく感じます。

勉強熱心な人を見かけるにつけ、その勉強のやり方の個人差が
大きな違いを生み出しているように思われるからです。

ある人は徹底的に原点から学ぼうとします。
手に入るのであれば中古でも原著を手に入れ
できるだけ大元に近い、歪みの少ない情報に触れようとする。

伝言ゲームとまでは言いませんが、
世間に広まる情報は、媒介する伝達者が増える
(≒伝言ゲームの人数が増える、ステップが増える)
ほど、伝えられる内容に含まれる変化が大きくなりがちです。

だからこそオリジナルに近いところから学び直し、
細かな違いさえも誤解とならないように正確さを心がけるようです。

これは大変な労力と時間を要します。
後から情報源を検索できるように、引用文と書籍名、ページ数などを
記録しているのも見たことがあります。

要領が良い学び方ではないようで、
本質的な特徴を掴み、一通りを整理できるようになるまでに
時間がかかりやすいところはあるみたいです。

その分、整理が進むにつれて情報量の多さと
理解の深さは増していきます。

時間はかかるけれど到達点は高いのかもしれません。


別の人は、関連することを幅広く勉強します。
その分野で評判のいい本、話題の本を手に入れ
その本を何度も読み返してノートにまとめ、情報を整理する。

主な話の展開を押さえつつ、
重要なところ、役に立つところを抽出します。
要点をまとめるわけです。

まとめの作業の時に、正確な引用をするかどうかよりも
自分にとって使える内容になっているかの方が重視され、
自分なりの勉強ノート集のようなものが増えていきます。

こういう勉強のスタイルは学校教育で効果的だといえます。

大学の後半に専門分野を学ぶようになるまでは、
幅広い分野の要点を押さえておくのが求められます。

そこでは教科書の正確な引用は重要ではありません。
むしろ同じような内容であれば「分かっている」とみなされます。

厳密な情報ではなくても、ポイントを押さえ
「これって、こういうこと」という大まかな理解を増やす、と。

このスタイルは要領がよく、短い期間で幅広い内容を捉えられます。
その反面、情報の正確さは減り、複雑で細かい区別はなくなります。


世の中としては、後のタイプの勉強法のほうが人気があるようです。

新しいことが分かるし、早くポイントも掴める。
面倒なことが少なく、分かりやすく、好奇心の範囲も広がります。

一方、本質に近づこうとしたときには
前のタイプの勉強法のほうが目的には合っているように見えます。

狭い範囲ではありますが、深く学べます。
正確な情報を細かく区別して、場合分けをしながら整理する。

膨大な情報量に繰り返されるパターンを自然と掴めるまで
時間はかかるものの、膨大な情報から抽出される共通点は
法則の重要性として揺るぎないものとなるわけです。

そして興味深いことに、
どんな分野でも本質に近づくと似てくる部分がある。

だからこそ「本質」なのかもしれませんが、
どのルートでも到達点は同じところに向かっているのかもしれません。


目的として「到達点」を重視するのだとしたら、
1つのことで深堀りするほうが効果的だと思われます。

ポイントを押さえたら新しいことに進むのは
知識の範囲を広げ、好奇心を満たす楽しい行為ですし、
それによって自分の経験則が整理されるときもあるでしょう。

言葉で納得できる喜びは大きいと思います。
その一方、自分が大事だと思うこと、好きなことが
ポイントとして抽出されてしまう可能性もあるんです。

厳しく言うと、自分が分かっていることの再確認であって
到達点として先に進んでいるわけではないかもしれない、と。

到達点のほうを重視するのであれば
目先の楽しさがなくても地味な取り組みを続ける。

その限られた骨組みの中で、知識と体験を重ねて情報を増やし、
骨組みに肉付けを続けていくスタイルです。

そして骨に肉がついてきたころ、本当の姿が見えてくる。

いろいろな骨格に共通する特徴を知りたいのであれば
いろいろな動物の骨組みだけを見たらいいでしょう。

自分が解体しなくても、他の人が残してくれた骨格標本があります。

しかし1つの骨格をもとに肉付けをして
その本体の全体が掴めるようになると、
骨とは違った生の実体が見えてきます。

そして、どんな骨格を基にした生の実体にも共通点がある。
こちらは肉付けが終わったものを理解して初めて見える特徴のようです。

ここでいう到達点とは肉付けが終わったあとの全体像のほうです。
本当はどんな姿をしているのか?
それは骨格だけではありません。

しかし一度、骨格に肉付けをしていれば
骨格だけを見ても元の姿が想像しやすくはなります。

こっちが分かってくるのを「到達点」、「本質」と呼んでいるんです。


このワークショップでやっているのも本質を目指す方向です。

広く浅く、新しい知識を次々に仕入れていくのではなく、
1つの原則を基にして、そこを骨格として
ディスカッションやワークを通じて理解と経験を増やし
情報の肉付けをしていこう、と。

厳密には毎回カスタマイズされながら異なった内容になるわけなので
同じことの繰り返しではないですが、
「1つの骨組みにまつわることを続けていく」点では
繰り返しの修行が効果的だということです。

そこで本質を掴んでいくほどに、苦悩が減り、楽になり、
同時に他人の苦しみへの共感性が高まることで思いやりが増える。
そして自由になります。

そんな感じの時間を取りましょうという話なんです。

以下は前回の内容の繰り返しになりますが
ワークショップのご案内と申し込みフォームです。


----------【以下、本文】----------

具体的に何をするかは毎回、ご参加の方に応じて
柔軟に変わっていくはずですが、
原則とする部分は常に共通しています。

とにかく『心を調える』をテーマとして実践する

人は生きてくる過程で社会に合わせることを求められ
効率的な振る舞いのパターンを学習してきます。

そして学習されたものがワンパターンになり自動化される。

このパターンが、置かれている状況で上手く働いてくれれば
何も問題を感じることはないでしょう。
スムーズに進んでいるように感じられると思います。

一方、今までのパターンが通用しなくなったとき、
とりわけ今まで上手くいっていたもの、
自分の強みだったものが空回りしだしたときには、
大きな行き詰まりが感じられるようです。

無理もありません。
今まで強みとして使えて望ましい結果も出ていたのですから
それ以外の方法を模索しようともしてきていないでしょう。
ワンパターンになっている度合いが強く、
柔軟性が小さくもあるからです。

しかも強みだと自認していたということは、
それが自分らしさの支えにもなっていたわけでもありますし、
能力面の自信の源にもなっていたはずです。

そこに空回りが出て上手くいかない環境に身を置いている…。
となると、上手くいかない不満だけでなく、
自分の強みへの自信を失っていく体験にもなります。

ショックの度合いが強いんです。

かといって変わろうと思っても、
「でも、これが自分らしさだから…」と
その強みとは真逆のことなんてやりたくも思えない。

例として良くあるのが、
 何でも自力で切り開いてきた行動力のある人が
 管理職や経営者として他人に仕事を委ねる必要性が出てきたときに
 部下へ仕事を任せられず自分で仕事を抱えてしまう
といった話です。

自力で頑張る行動力という強みが、
管理職・経営者という状況に合わなくなってきている。
その状況に適応するために変化を求められている、ともいえます。

もちろん今までのパターンを使い続けるのも1つです。
上手くいく環境に身を置くようにするのも1つでしょう。
(例:自力で頑張りすぎて人に任せられない → 一人で仕事をする)

その一方で、
 状況に適応するように自分が変化する
という向き合い方もあります。

このワークショップにおける『修行・実践』の形態としては、基本的に
 自分が変化して状況に適応できるような「しなやかさ」を育む
方向性で進んでいきます。

中には改善しようのない状況もあるかもしれません。
その場合には「変えられないことを無理に変えようとする」心の癖を
調えるように取り組むことになるでしょう。
これも「自分が変化して適応する」1つの形です。

とにかく自分が変化する。

ただし無理やりにというのではなく、
より自然体で柔軟に、です。

今まで身につけてきたものを捨てるのでもありません。
新しいやり方も身につけて、選択肢を増やして柔軟性を高めます。
ワンパターンから離れて、クリエイティブな自由度を高めます。

そういうスタンスです。


そのために技術トレーニング、心理療法的なイメージワーク、瞑想、
質疑応答やディスカッションを行います。

新しいやり方を「知る」だけで解決されるケースもありますから
その場合は質疑応答やディスカッションが機能します。

今までやったことのないやり方を身につけるには
技術トレーニングが有効です。

心の癖になってしまったワンパターンの振る舞いを変えるには
イメージワークや瞑想が効果的でしょう。

哲学的な問い、実存的な問いなども出てくるかもしれません。
そのあたりはディスカッションや瞑想で取り組むことになりそうです。

 ※実際には、質疑応答やディスカッションなど
  ワークショップ中の様々な体験が心の癖を調える刺激になります。

変化の種類は、
 ・今までのパターンとは違ったパターンを学習し直す(再学習)
 ・今までのパターンを手放す(脱学習)
の2通りだとも説明できます。

以上のことを前述のとおり、ご参加の方のニーズに合わせて
いろいろな技法を組み合わせながら進めていきます。
(もちろんご要望があれば技法そのものへの質問も解説します)


「心を調える」という趣旨でいうと、
再学習と脱学習は両方とも実践することになるはずです。

実践の効果は悩みが減って楽になること。

身体が調うと痛みがなくなったり、日々が快適に過ごせたりするように
心も調うと、それだけで楽になっていくものです。

日々のストレスが蓄積した心の”しこり”、”こわばり”を緩め、
必死にしがみついている”昔の癖”を手放したり、学び直したりする。

それはちょうどマッサージや施術を受けて身体が調うのと、
自分で姿勢や歩き方を変えたりストレッチで柔軟性を高めたりして
だんだんと昔の身体の癖を修正していくのとに対応しそうです。

そうして心が楽になっていくと、自然と持ち味も発揮されてきます。

スポーツ選手がマッサージやストレッチで体のケアをするのは
身体に疲労が溜まっていると運動のパフォーマンスが落ちるからです。

心も同じようなものです。
心に苦悩が溜まっていると、その人の持ち味が発揮しにくい。

その人が持って生まれた素養や、
もしかすると、この世に求められている姿なんかも、
スムーズに表しにくくなってしまうのかもしれません。

多くの人は「自分らしさ」や「本来の自分」、「自分の使命」などを
何か定まった1つのことのように捉えて、それを探そうとしがちです。

しかし厳密には、「これだ」と定められるものは
過去の体験の延長でしかありません。
これまでに作られた心の癖をもとに判断した「自分らしさ」なんです。

自分はそれほど限定されたものではありません。
あなたはそんなに制約されていません。
はるかに大きな可能性が、変化を受け入れるスペースがあります。

もっとも自分らしい、本来の自分の姿は
あらゆる心の歪み、心の癖から解放されたときに見えてきます。

ワンパターンから離れ、そのときどきで最善の対応ができる。
そのときに内側から自然と表れているものが「自分らしさ」です。

どうやらこれは、心の癖から完全に離れたとしても
個人個人で違った表れ方をするようなんです。
経験によって学習されたものから離れてもなお
人間にはそれぞれ違った素養が備わっているのかもしれません。

心の歪みを取り除き、自然な状態に調えるのは、
自分を自分らしく生きる実践でもあるわけです。

自分らしさの修行をして、ひたすら自分を実践するんです。

だから修行はいつまでも続きます。
自分が自分でいる限り、それは修行なんです。

そういうワークショップです。
それを一緒にやりませんかというお誘いです。

心に響くものがあり、時間の都合があうようでしたら
お気軽に足をお運びください。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【ワークショップの詳細】

≪心を調える実践会≫

【日時】  2017年 11月5日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

修行に終わりはないそうですから、このワークショップも
継続的に開催していきたいと考えています。

コミュニケーションの技術的なこと、知識レベルのこと、
哲学的な問いについてのこと、心の苦しみについてのこと…。
心と関することであれば取り組めます。

そのときどきで、ご参加の方に応じて、内容は変わるはずです。

同じ内容を何度もやる場合もあれば、
毎回違ったことをやる場合もありえます。

人によって体験することも違うでしょう。

体系化されたプログラムではなく
そのときどきの実践を重ねていきます。

禅の大事な側面に「修行を分かち合う」ことがあるらしいです。

ワークショップという形で同じ場、同じ時間を過ごすのは
それだけでも何かの意義があるのかもしれません。

お越しをお待ちしています。

cozyharada at 23:47|Permalinkclip!

2017年09月30日

【ワークショップ】心を調える実践会(2017.10.15)

ご案内: 10月15日

   心を調える実践ワークショップ


具体的に何をするかは毎回、ご参加の方に応じて
柔軟に変わっていくはずですが、
原則とする部分は常に共通しています。

とにかく『心を調える』をテーマとして実践する

人は生きてくる過程で社会に合わせることを求められ
効率的な振る舞いのパターンを学習してきます。

そして学習されたものがワンパターンになり自動化される。

このパターンが、置かれている状況で上手く働いてくれれば
何も問題を感じることはないでしょう。
スムーズに進んでいるように感じられると思います。

一方、今までのパターンが通用しなくなったとき、
とりわけ今まで上手くいっていたもの、
自分の強みだったものが空回りしだしたときには、
大きな行き詰まりが感じられるようです。

無理もありません。
今まで強みとして使えて望ましい結果も出ていたのですから
それ以外の方法を模索しようともしてきていないでしょう。
ワンパターンになっている度合いが強く、
柔軟性が小さくもあるからです。

しかも強みだと自認していたということは、
それが自分らしさの支えにもなっていたわけでもありますし、
能力面の自信の源にもなっていたはずです。

そこに空回りが出て上手くいかない環境に身を置いている…。
となると、上手くいかない不満だけでなく、
自分の強みへの自信を失っていく体験にもなります。

ショックの度合いが強いんです。

かといって変わろうと思っても、
「でも、これが自分らしさだから…」と
その強みとは真逆のことなんてやりたくも思えない。

例として良くあるのが、
 何でも自力で切り開いてきた行動力のある人が
 管理職や経営者として他人に仕事を委ねる必要性が出てきたときに
 部下へ仕事を任せられず自分で仕事を抱えてしまう
といった話です。

自力で頑張る行動力という強みが、
管理職・経営者という状況に合わなくなってきている。
その状況に適応するために変化を求められている、ともいえます。

もちろん今までのパターンを使い続けるのも1つです。
上手くいく環境に身を置くようにするのも1つでしょう。
(例:自力で頑張りすぎて人に任せられない → 一人で仕事をする)

その一方で、
 状況に適応するように自分が変化する
という向き合い方もあります。

このワークショップにおける『修行・実践』の形態としては、基本的に
 自分が変化して状況に適応できるような「しなやかさ」を育む
方向性で進んでいきます。

中には改善しようのない状況もあるかもしれません。
その場合には「変えられないことを無理に変えようとする」心の癖を
調えるように取り組むことになるでしょう。
これも「自分が変化して適応する」1つの形です。

とにかく自分が変化する。

ただし無理やりにというのではなく、
より自然体で柔軟に、です。

今まで身につけてきたものを捨てるのでもありません。
新しいやり方も身につけて、選択肢を増やして柔軟性を高めます。
ワンパターンから離れて、クリエイティブな自由度を高めます。

そういうスタンスです。


そのために技術トレーニング、心理療法的なイメージワーク、瞑想、
質疑応答やディスカッションを行います。

新しいやり方を「知る」だけで解決されるケースもありますから
その場合は質疑応答やディスカッションが機能します。

今までやったことのないやり方を身につけるには
技術トレーニングが有効です。

心の癖になってしまったワンパターンの振る舞いを変えるには
イメージワークや瞑想が効果的でしょう。

哲学的な問い、実存的な問いなども出てくるかもしれません。
そのあたりはディスカッションや瞑想で取り組むことになりそうです。

 ※実際には、質疑応答やディスカッションなど
  ワークショップ中の様々な体験が心の癖を調える刺激になります。

変化の種類は、
 ・今までのパターンとは違ったパターンを学習し直す(再学習)
 ・今までのパターンを手放す(脱学習)
の2通りだとも説明できます。

以上のことを前述のとおり、ご参加の方のニーズに合わせて
いろいろな技法を組み合わせながら進めていきます。
(もちろんご要望があれば技法そのものへの質問も解説します)


「心を調える」という趣旨でいうと、
再学習と脱学習は両方とも実践することになるはずです。

実践の効果は悩みが減って楽になること。

身体が調うと痛みがなくなったり、日々が快適に過ごせたりするように
心も調うと、それだけで楽になっていくものです。

日々のストレスが蓄積した心の”しこり”、”こわばり”を緩め、
必死にしがみついている”昔の癖”を手放したり、学び直したりする。

それはちょうどマッサージや施術を受けて身体が調うのと、
自分で姿勢や歩き方を変えたりストレッチで柔軟性を高めたりして
だんだんと昔の身体の癖を修正していくのとに対応しそうです。

そうして心が楽になっていくと、自然と持ち味も発揮されてきます。

スポーツ選手がマッサージやストレッチで体のケアをするのは
身体に疲労が溜まっていると運動のパフォーマンスが落ちるからです。

心も同じようなものです。
心に苦悩が溜まっていると、その人の持ち味が発揮しにくい。

その人が持って生まれた素養や、
もしかすると、この世に求められている姿なんかも、
スムーズに表しにくくなってしまうのかもしれません。

多くの人は「自分らしさ」や「本来の自分」、「自分の使命」などを
何か定まった1つのことのように捉えて、それを探そうとしがちです。

しかし厳密には、「これだ」と定められるものは
過去の体験の延長でしかありません。
これまでに作られた心の癖をもとに判断した「自分らしさ」なんです。

自分はそれほど限定されたものではありません。
あなたはそんなに制約されていません。
はるかに大きな可能性が、変化を受け入れるスペースがあります。

もっとも自分らしい、本来の自分の姿は
あらゆる心の歪み、心の癖から解放されたときに見えてきます。

ワンパターンから離れ、そのときどきで最善の対応ができる。
そのときに内側から自然と表れているものが「自分らしさ」です。

どうやらこれは、心の癖から完全に離れたとしても
個人個人で違った表れ方をするようなんです。
経験によって学習されたものから離れてもなお
人間にはそれぞれ違った素養が備わっているのかもしれません。

心の歪みを取り除き、自然な状態に調えるのは、
自分を自分らしく生きる実践でもあるわけです。

自分らしさの修行をして、ひたすら自分を実践するんです。

だから修行はいつまでも続きます。
自分が自分でいる限り、それは修行なんです。

そういうワークショップです。
それを一緒にやりませんかというお誘いです。

心に響くものがあり、時間の都合があうようでしたら
お気軽に足をお運びください。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【ワークショップの詳細】

≪心を調える実践会≫

【日時】  2017年 10月15日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

修行に終わりはないそうですから、このワークショップも
継続的に開催していきたいと考えています。

コミュニケーションの技術的なこと、知識レベルのこと、
哲学的な問いについてのこと、心の苦しみについてのこと…。
心と関することであれば取り組めます。

そのときどきで、ご参加の方に応じて、内容は変わるはずです。

同じ内容を何度もやる場合もあれば、
毎回違ったことをやる場合もありえます。

人によって体験することも違うでしょう。

体系化されたプログラムではなく
そのときどきの実践を重ねていきます。

禅の大事な側面に「修行を分かち合う」ことがあるらしいです。

ワークショップという形で同じ場、同じ時間を過ごすのは
それだけでも何かの意義があるのかもしれません。

お越しをお待ちしています。

cozyharada at 23:49|Permalinkclip!

2017年09月11日

修行の場を用意しようと思った理由

なぜ僕がわざわざ「修行」という言葉を使いながら
ワークショップを定期開催しようと思ったかというと、1つは
 本質的な取り組みだけをずっと続けていれば
 様々な面で効果が出てくる
実感があるからです。

書道の場合でいえば、ひたすら古典の臨書(真似て書く)をする。
座禅でいえば、ひたすら、きちんとした型で座る。

そこに全ての要素が含まれているから。

そういう発想です。

修行型のワークショップでは、そのように
似たような取り組みを繰り返しつつ、
さまざまな面で効果が出るようにトレーニングをします。

実際、僕がテーマを設定して講座をやっても、結局は
切り取る角度を変えて同じ原則を扱っている印象は常にあったんです。

「ここに集約される」という本質的なものがある。
だったら、それをメインにしながら、
そのときどきの参加メンバーに合わせて原則を適用して
表面上は違うけれど中核は同じになるよう取り組むのでも
同じようなものではないか、ということです。

そしてそのほうが一人一人のニーズに合わせやすいだろう、と。


もう1つの理由は、本質的なところに行き過ぎると
既存の枠組みの中では扱いきれないからです。

たとえば僕はNLPの講座も担当していたりしますが、
NLPの範囲には収まらない体験もあるようなんです。

それは他の心理学では別の言葉で説明されていたりもしますから
折衷案的に組み合わせてもいいのかもしれません。
ただ、組み合わせだと今度は矛盾が出てくる場合がある。

なので1つの原則的な仕組みに基づいて説明してしまおう、という話。

かといって、そこを詳しく掘り下げて
流れのある複数日のコースとして紹介する…
というのもチョット違う。

別に順番はどうでもいいんです。
何をやっても本質は含まれますから。

重要なのは原則が腑に落ちるために必要な実体験の量です。
抽象的な原則を事例と結びつけて理解していく。
それによって定着を図ります。


そして定着するまでの過程で、コミュニケーション技術だけでなく
内面的な課題を調えるように取り組みます。

そもそもの取り組みの方向性は「楽になる」ところ。
自然に還る方向性です。

誰もが特徴のある歩き方をしています。
そのほとんどが体の仕組みからは歪んでいる。

慣れて「いつも通り」にはなっているけれど
「自然」からは歪んでしまっている。

それによって体に痛みが出たり、不具合が出たり。

同様に人の心も、経験してきたことによって「自然」から歪みます。
そして歪み同士の相性が悪ければ人間関係のトラブルが起きたり、
本人の内面に葛藤や苦しみが現れたりします。

そこを調えるように取り組んで、楽にしていく。


ところが心の仕組みを踏まえながら本質に沿って取り組んでいくと
楽になっていくことが多い反面、一般常識とは離れていき
実存的なテーマにぶつかる場合があります。

丁寧に自分と向き合うからこそ、多くの人が気づきもしない
本質的な課題が浮き彫りになってくるときがある。

自分が当たり前だと信じていたものが崩れてきて
得も言われぬ怖さを感じたりする場合がある。

それは自然に還っていくプロセスの中で避けられないようです。

個人的には、あえて自然な方向に強制しようとは思いませんが
自分で向き合っていると勝手に自然な方向に進み始め、
自然の働きに導かれるように見せつけられてしまうものがあるようなんです。

自分に向き合い続けることで見つかってしまう
自分という存在の不確かさ。

数えきれない体験を通じ、
社会に適応するために自我を作り上げて、
ヤル気を高めて頑張って生きてきた。

その作り上げてきたものゆえの不確実さを
見つけてしまう人がいるんです。

実際には自分という認識が自分らしさを設定して
自分の範囲に制約をかけますから、
自我の不確かさに気づくのは制約から離れ
自由になっていく過程だともいえます。

元の自由な状態に戻ろうとする自然な方向性でもある、と。

しかし主観的な体験として、その過程は心地良くないんです。
培ってきたものが崩れる印象になりますから。

僕自身もそういう過程が苦しかった記憶があります。
同じような道筋の人からも似た苦しみを聞きました。

そして自然の流れだからこそ、
この過程で起きることには共通するものがあるようです。

どうせ自然な導かれるなら何も必要ないかもしれませんが
ある程度の先行き、道しるべがあると気が楽になるのも実情。

残念ながら日本で僕はその道しるべを見つけられませんでした。

だからアメリカ人の先生を見つけて、随分と助かったんです。

その意味でも日本で、そういう方向の内容を扱う場があると
それなりに役立つところがあるかもしれない。

自然に還る修正の場には、そういう側面もあります。
これが場を設けたもう一つの理由です。


以上のようなことに響くものがあったら日程を検討してみてください。

誰も来なければ一人で修行してますので。

cozyharada at 23:20|Permalinkclip!

2017年08月24日

【ワークショップ】心を調える実践会

ご案内: 9月10日&24日(日)開催

   心を調える実践ワークショップ


先にご案内していた内容になりますが(概要はこちら)、
実践・修行という観点から心と向き合う時間を取ります。

セミナー形式でテーマに沿った内容を紹介・練習するものではなく、
トレーニング、イメージワーク、瞑想、質疑応答、ディスカッションなど
様々な形でそれぞれの心を調える時間とします。

ここで「整える」の文字を使っていないのは
「意図的にコントロールする」という趣旨とは異なるためです。

むしろ自然な状態、無理のない状態、自然や場と『協調』した状態…
の方向に戻っていく趣旨です。


人は経験から様々なことを学習して、
その学習したパターンを自動的に使い続けます。
プログラムされたものが動いていると言ってもいいでしょう。

それは効率的だからです。
特に幼少期は新しい体験が多く、社会に適応する準備として
非常にたくさんのことを身につけていかなければなりません。

毎回、その場その場で判断していたら処理しきれない。

その点、過去にあったものと同じような場面を
以前に上手くいった(ベストではなくても何とか乗り切れた)方法で、
あれこれと検討することなく自動的に対処できれば、
新しいことへの対処を検討・学習するほうに力を注げます。

膨大な量の対処法を一気に身につけなければならない時期には
過去にうまくいったやり方をとりあえず再利用する方法は効率的なんです。

そして、そのやり方を再検討することは少なく、
多くの場合、一度自動化された方法が使い続けられます。

使い続ければさらに学習は定着してワンパターン化が進む、と。

上手くいっているうちはいいんです。
いわゆる「強み」、「得意な能力」は
初期の学習が上手くいったケースともいえるかもしれません。

それでもワンパターンが通じなくなる時期が訪れる場合があります。
今までのやり方が通用しなくなる。

やり方を変えればいいだけの話に思えるかもしれませんが、
学習が定着し過ぎていると、慣れ親しんだ方法を変えるのに抵抗が出ます。

頑張って変えようと踏み出しても、今までやったことがないので
どういう風にやればいいのかが掴めていないこともあります。
結果として、挑戦してみたのに上手くいかない。

また、自動的なパターンになってしまっていると
頭で分かっていても「つい、今までのやり方をしてしまう」ことも多い。

なかなか変えようと踏み切れなかったり、
やってみたつもりなのに上手くいかなかったり、
やろうと考えてはいるのに、つい以前の癖が出てしまったり。

「なんだか上手くいかない」と悩みを感じるようになれば
こうした自動化されたパターンを問題として気づけるようになりますが、
「上手くいかない」ことが起きるまでの時期には
そうしたパターンに気づくことさえ大変なんです。

だから多くの人はワンパターンに近い
自動化された対応(ほぼ自動的な反応)を繰り返すんです。


単純に言えば、心の中にできた癖ですから
この心の癖を修正していけばいいわけです。

もちろん、困ったことが起こるまでは
過去に学習したパターンが上手くいっているので
問題とも自覚されませんし、変える必要もないのかもしれません。

一方で、人は常に心の癖を使っているだけでもないようなんです。
(もし心の癖を使い続けるだけだったら、修正さえも難しいはずです)

リラックスしてクリエイティブで柔軟な状態になれると
以前に学習したパターン以外に新しいものが生まれることがあります。

新しいアイデアが出てくる。
気づき・閃きが起こる。
新しい回路が繋がる。
今までやったことのないことをやる。
…そんな風に創発的な瞬間もあるんです。

そして、そういうことが起こりやすい内面の状態があります。

瞑想は、その状態を直接的に体験する手段の1つですが、
これを人間関係の中でも維持できるかどうかも重要になります。

それには実際に人と交流する場に身を置くのが効果的。
安心して、リラックスして、クリエイティブで、柔軟な状態になりながら
人と接する体験をするということです。

他者を部外者として捉えるとストレス反応的な対応がでやすくなります。
人間関係で学習されてきたやり方の多く、とりわけ
空回りしやすいパターンはストレス反応と結びついているものです。

だからこそ人と接する場の中で、ストレス反応とは違った
自然体の状態を育んでいくのが有効だといえます。

つまり、過去の学習によって作られた自動的なパターンから離れ
その場に適した対応が自然と生み出されてくる状態になるために、
大きく分けると
・過去に学習されたパターンを修正する
・自然体の状態を体験する
という2つの方向性で取り組んでいく方針です。

過去に身につけたパターンについては、イメージワークや
心理療法・NLPなどの手法を通じて再学習したり、
効果的な対応法を新しく身につけるために
コミュニケーション技術のトレーニングをしたりする予定です。

自然体の状態を体験するほうに関しては、
瞑想を中心にした体験そのもの、
イメージワークや、想像力を使った着眼点のトレーニング、
ワークショップ全体における人との交流などを通じて
直接的にその状態を調えていきます。


学習されたパターンを緩めていければ、
それだけでも柔軟性が上がります。

そもそも柔軟性が発揮されやすい状態の体験を重ねていくと
その状態に慣れてきて、日頃からそうした対応をしやすくなります。

この両方へ継続的に取り組んでいこうというのが
「修行・実践」といった言葉を選んでいる理由です。

自動化されたパターンを再学習するのは地道な作業です。
一人でもできますが、学習してきたものの量を踏まえると
コツコツと継続していくのは欠かせないでしょう。

自宅で一人でもできる方法も紹介していくつもりですから
気が向いたときに取り組んでいただければ楽になっていくはずです。

一方、一人ではヤル気が出ない場合や、
集中が続かない場合もあるものですし、
他の人にサポートしてもらうと体験が深まることもあるものです。

その意味で、ワークショップの最中に扱うのは効果的だと思われます。

そして瞑想やイメージワークを通じて体験する自然体の状態は
慣れの側面が大きいようですから、メンテナンス的な側面でも
定期的に状態を調える場が大事になると考えられます。

あんなにも自然体だった子供が、年齢を重ねるにつれて
ドンドンと自然から離れ、心の中に歪みを増やしていくんです。
そして歪みの多い状態に慣れてしまって、そちらを普通としてしまう。

特に社会生活をしていると他者の影響は大きいように見えます。
ストレスにおいても、考え方においても、行動や感情のパターンでも
知らず知らずのうちに関わる人から影響を受けて
自分にとっての「普通」が変わっていきます。

身体に起きていることと同じです。
姿勢が歪み、体が固まり、痛みを抱え、動きが悪くなっていく。
そして歪んだ状態が「普通」になってしまいます。

ですが身体を調整して、日頃から運動するようにしたら
体力も健康度も上がるようでもあるんです。

同様に心についても、ワンパターンに凝り固まってしまった状態から
自然体の状態に戻っていくための調整が大事だろう、ということです。


このとき「自然体に調える」ことを強調しているのは、
それ抜きで「過去のパターンを再学習する」だけをやっていると
「今の自分にとって望ましくないパターンを修正する」だけになって
偏った方向に進みかねないからです。

「今の自分にとって望ましいかどうか」の判断を下しているのが
結局、過去の学習の結果なんです。
過去の学習の制約を受けてしまうわけです。

それとは異なり、自然体と呼んでいる状態では
そもそも過去の学習の制約を受けません。

もちろん、過去に学習したものを捨てるという話ではなく、
ワンパターンの対応や決まりきった考え方から離れるだけのことです。
「Aのときは、Bだ」というパターンだけがなくなる。

むしろ柔軟性が上がる結果、これまでに身につけたものの全てが
常に選択肢の中に入っているような自由度の高さがあります。

これまでに身につけたものを組み合わせられる創造性があります。
AのときにBでも、CでもDでもEでも…何でも選ばれるようになる、と。

可能性を広げ、制約から離れ、しなやかに、自由でいる。
すると楽になります。

悩み、苦しみから楽になります。

そして自然体でいるとき、その人らしさが最大限に発揮されます。
世の中と最も調和した状態になり、スムーズに機能する。

自分を生きていると言ってもいいかもしれません。

ところが前述のように、社会生活をしていると
周りからの影響が大きいために自然体からズレていきます。
歪みが蓄積してしまうこともあります。

だからこそ調えます。

修行といってもトレーニングではないんです。
ひたすら実践です。

自分に戻る実践。
自分を生きる修行。

「自分を生きる”ための”トレーニング」ではなく、
「自分を生きる」という修行。
「できるだけ本来の自分らしさでいる」という実践です。


それを一緒にやりませんかというお誘いです。

継続的に開催していきたいと考えています。

コミュニケーションの技術的なこと、知識レベルのこと、
哲学的な問いについてのこと、心の苦しみについてのこと…。
心と関することであれば取り組めます。

そのときどきで、ご参加の方に応じて、内容は変わるはずです。

同じ内容を何度もやる場合もあれば、
毎回違ったことをやる場合もあるかもしれません。

人によって体験することも違うでしょう。

体系化されたプログラムではなく
そのときどきの実践を重ねていきます。

大事だと感じたらお越しください。



◆録音に関しまして
ワークショップ中の内容は、ICレコーダーや
スマートフォンなどで記録いただいても構いませんが、
あくまで個人的なご利用の範囲でお願いいたします。

※ただし、プライベートな内容の扱いに関しましては
 十分にご配慮ください。



※内容の密度の関係で定員を設けています。
もしかすると逆に、最少決行人数へ届かない場合もあるかもしれません。
いずれの際も改めてお知らせいたしますので、なにとぞ御了承ください。





【ワークショップの詳細】

≪心を調える実践会、

【日時】  2017年 9月10日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 滝野川会館 304集会室
    (JR京浜東北線・上中里駅 東口より徒歩7分)
    (東京メトロ南北線・西ヶ原駅より徒歩7分)
    (JR山手線・駒込駅 北口より徒歩10分)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


≪心を調える実践会□

【日時】  2017年 9月24日(日)
       10:00〜16:30


       ※終了時間は30分程度まで前後する場合があります。


【場所】 北とぴあ 801会議室
    (JR京浜東北線・王子駅 北口より徒歩2分)
    (東京メトロ南北線・王子駅5番出口直結)


【参加費】 ・・・15,000円

       当日、会場にてお支払いください。


    ★お申し込みフォームにご希望日をご記入ください。

    ★定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させていただくことになります。
     ご了承ください。




終了しました

般若心経の最後に
 羯諦、羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶
 (Gate, Gate, Paragate, Para Sam gate Bodhi svaha)
というフレーズがあります。

Gate, Gate, Paragate, Para Sam gate の部分を英訳すると
(いろいろな訳が見つかりますが)
Gone, Gone, Gone beyond, Gone utterly beyond
のようなものが多いようです。

日本語にするのは難しいですが、Gone なので
「進んで到達して」という感じでしょうか。

そしてGone beyond, Gone utterly beyond ですから、
「進んで、到達して、さらにそこを越えて、どこまでも越えて…」
といったニュアンスがありそうです。

つまり、
 どこまでも、いつまでも進み続ける
ということかと思われます。

修行に終わりはない、と。

此岸(こちら)から、彼岸(あちら)に辿り着いたとしても
さらに彼岸を進み続けるんでしょう。

何か目標とするものになるためのトレーニングではなく、
本来の自然な本質(true nature)を発揮し続けるための実践。
それを修行と呼ぶようです。

そしてその修行を人と分かち合う。

そんなスタンスです。

cozyharada at 23:12|Permalinkclip!

2017年08月15日

修行・実践の場

9月から修行の場を始めます。

勉強会や講座という位置づけではなく
ひたすら自分のために時間を取るもの。

「修行」というとトレーニング的なニュアンスが一般的かもしれませんが、
ここでは『実践』の意味で使っています。

ただ内面を調える。
そのための時間です。


瞑想をしたり、
体の感覚に注意を向ける時間をとったり、
個人的な心のテーマに取り組んだり。

質疑応答や、質問をもとにディスカッションする時間も取ります。
質問をもとに内面の取り組みに進んだりする可能性もあります。

心理的なワークの場合、お互いに練習をしてもらうことで
人と接するうえでの着眼点を育むことも想定されます。


いずれにしても修行・実践というスタンスですから
一回で望ましい結果を出して完結…という話ではなく、
都合のつくときに繰り返し参加してもらって
そのたびに内面を調えていくのが意図です。

本当は一緒に瞑想するだけの会でも良いんですが
『心が楽になる』『苦しみが減る』『喜びが増える』
という意味において、できることは瞑想以外にも色々あります。

色々やるほうが好みにも合わせやすいともいえますし、
逆に好みと違う側面からのほうが
感受性や”しなやかさ”を育みやすいともいえます。
(そのほうが満足していただきやすい気もしますし)


日常生活を普通に送っているだけで負荷がかかるんです。
大変なんです。

人生がすべて思い通りになることはないでしょうから
何かしらの期待外れからくる不満と遭遇します。

まして人間関係においては
思い通りにならないほうが普通でしょう。

他人は自分を満足させるために存在しているわけではありませんから。

日々を過ごしているだけでかかっている負荷を軽くする。

そのために内面に溜まった負荷を減らしていったり、
負荷がかかりにくい心持ちに整えていったり、
というプロセスが有効だろう、と。

簡単にいえば、心のメンテナンスです。

車のメンテナンスを想像するとイメージしやすいと思いますが、
メンテナンスをしないと、どこかに歪みが出てきます。

そして、その歪みによって別の場所にまた負荷がかかる。
悪循環が起きていきやすい、ということです。

身体だってそうです。
どこか一部を痛めて、かばって生活しているうちに
全体が歪んできて全身のあちらこちらに痛みが出てくる。

心でもメンテナンスをしておく意義はありそうです。

ただし車と人間は違います。
車についた傷は治りませんが、人間は治ります。

自然治癒力をどう活性化するか。

身体の面でいうと、適切な運動と休息が回復効果を高めるように
心の面でも適切な取り組みと休息の両方が回復を促すようです。

そういう意味で、いろいろな取り組みをしたり
心を休めたりする場があると良いのではないか、という趣旨です。


頻度は分かりませんが、できるときにやりますので
都合があったら来てください。

社会生活でかかる負荷から回復するための場は
少し社会と切り離れたところである必要がありそうですから。

cozyharada at 23:55|Permalinkclip!
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

New!

《コミュニケーション講座》
〜幅を広げるリフレーミング〜


【日時】 
  2018年4月22日(日)
  10:00〜16:30


【場所】 
  滝野川会館
  304集会室

   JR上中里駅より7分
   JR駒込駅より10分
   南北線西ヶ原駅より7分

詳細はこちら>>
次回は2018年夏の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード