心理学

2017年07月20日

枕探し

枕を買おうかと検討中です。

施術を受けたり、体のメンテナンスをしたりするようになって
姿勢が良くなってきた自覚はあるんですが、反面
枕が合わない印象が強まってきました。

もともと合っていなかったのに気づけなかったのか、
以前は合っていたのに姿勢の変化に伴って合わなくなったのか…。
とにかく枕への不満が高まってきました。

寝て起きると首が痛いんです。

身体の状態が良いと感じながら寝た日でも
次の日に起きるとやはり首が痛い。
これは勿体ない、と。


今の枕は柔らかすぎる気がしているんです。

その前に使っていたのも残っていますが、
こちらは固いもののチョット高すぎるんです。

姿勢の変化に伴って高すぎるのが負担になって
低い枕に変えたところ、柔らかさが合わない気がしてきた次第。

固めで低めの枕が欲しいと思っています。

低反発は沈み込んでしまって好きじゃないので
チップか高反発か、そのあたりが良い気がしています。

近々、デパートや東急ハンズなどに足を運んで触ってみるつもりです。

マニフレックスとかエアウィーヴとかでしょうか。
ちょっと高級ですが、毎日長時間使うものですので
費用対効果は大きいんじゃないかという期待。

もしかしたら意外と好みのものが見つかる可能性もありますし。

cozyharada at 23:05|Permalinkclip!

2017年07月11日

外国語学習サイト

東京外国語大学がインターネット上に
無料の自習教材を用意してくれています。

こちらのサイトです。

ざっとラインナップだけを見ても、
日本語を入れて合計で27言語が扱われています。

かなり詳細な発音の話や、文法の解説、
それからスクリプトつきの動画による会話例など
各言語に対して内容も充実しているようです。

アラビア語のようなアルファベットではない文字も解説されています。

英語1つとっても、
アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語、
ニュージーランド英語、シンガポール英語、アイルランド英語
と細かな違いを扱っています。

初学者として勉強できる内容から、
聞き取りのトレーニングとして利用できる教材、
相当にマニアックなバリエーションの違いまで、
レベルも多岐にわたっている印象です。

個人的には大いに楽しめます。

興味本位で遊んでみるだけでも面白いんじゃないでしょうか。

cozyharada at 23:27|Permalinkclip!

2017年07月08日

速く読む練習

いつの頃からか、本を読む量が減りました。
読みたいと思う本が減ったというのが実情でしょうか。

以前は心理系や自己啓発系のものであれば
片っ端から手に取って目を通して、気に入れば購入したり、
ビジネス書も役に立ちそうであれば後先考えずに買ったり、
語学の本も身につけられるスピード以上の量を買ったり、
とにかく本を買い込むことが多かったものです。

実際のところ、心理系の読み物や自己啓発系、ビジネス書などは
似たような内容のものが多いように感じていましたから、
斬新な考えを学習するというよりは、どちらかというと
繰り返し同じことを勉強することで記憶を定着させていた
というほうが適切かもしれません。

もしかしたら一冊を繰り返し読んで実践しても
同じぐらいのものが得られた可能性はあります。

それでも、似た内容を違う角度からの説明で理解していくと、
1つのことを色々な方法で説明する感じが掴めた気はします。

セミナー講師として様々な相手に合わせて説明の仕方を変える上で
こうした読書が役に立っていたとも言えそうです。

また、似たような本を何冊も読むことで、
同じ内容について別の事例を追加していくこともできました。

抽象概念は具体例と結びついて記憶されるようですから、
事例は多い方が記憶に残りやすいですし、
多くの事例に共通するパターンとして本質の部分を見出すのにも
料に触れておくのは大事だったと思われます。


それら以上に僕にとって本を沢山買っていたのが役立ったのは
単純に「読書」の量が増えたことです。

文字を読む量が増えた。

文章を読んで理解する。
そのプロセスそのものに慣れることができたと感じています。

読むスピードが上がり、読解力も上がった、ということです。

これはただの反復練習でしょう。
内容は重要ではなく、量が重要だったと思われます。

同じ本を繰り返し読んでいた場合には
ある程度の段階から覚えてしまうところも増えてきますから、
初見でスピードを上げて理解できるようにするトレーニングとしては
手あたり次第に色々な本を読んでいくのが効果的だったんでしょう。


そもそも僕が本を読み始めたのは大学生の頃だったと思います。
大学の一般教養の授業で「精神分析」を取って、
その教授・”加藤諦三”先生の本を読むようになりました。

それ以前はマンガばかりでしたから
決して活字が好きなほうではありませんでした。

その後、たまに心理読み物を読むようになったんです。
今ではかなり有名な”内藤誼人”氏も、第一作を出したころ。
ちょこちょこと興味本位で読んでいたものです。

それから会社に入って山口県に住んでいた間、
同僚が釣りやらキャンプやらパチンコやらやっているのの代わりに
僕は本を読みふけるようになっていきました。

このころから読書量は増えていきましたが
それでも読むスピードは決して速くなかったと思います。

そして東京に転勤になって、
当時はまだ研究職を続けるつもりでしたから
論文を早く読めるようになりたいと思って
速読教室に通い始めたんです。

これが僕にとって、お金を払って何かを勉強する第一歩でした。

で、速読のトレーニングの趣旨もあって
ビジネス書や自己啓発系、心理系などの本を
スピードを上げながら読む練習をしていったんです。

それから読書量とスピードが上がっていった気がします。

特別なトレーニング効果があったかというと
必ずしもそうではなかったのかもしれません。

本質的には、それ以前の僕が
 実際に読めるスピードよりも遅く読んでいた
というのが実態でしょう。

一瞥して意味を認識できる文字量を
どれぐらい広げていけるか。

そのために視野を広げたり、目の動かし方を訓練したり…
いわゆる速読のトレーニングが役に立ったんだと思います。

言い換えると、それ以前の僕にとっての本を読むプログラムが
 狭い範囲の文字に注意を集中して
 単語を心の中で読み上げてから次の単語に目を移す
という非効率的なものだったのを、
 目を先に進めてから、
 その前に見ていた範囲のフレーズを心の中で読み上げる
というプログラムに変えた形です。

目の動かし方と注意の範囲、認識のプロセスを
効率的なものに変換できたんだと思います。


ところが今、英語の本を読んでいて
自分の読み方が日本語の時と違うのを実感しています。

以前のゆっくりだったときの本の読み方そのもの。

英語でも速読のトレーニングが必要な気がしてきました。
視野を広げ、限界のスピードを心がける。

そのためには量のトレーニングが欠かせないんでしょう。

読みたい本があるわけではないですが、
トレーニング目的で読書量を増やしてみようかと思っています。

何より、僕が日本語を読んできた文字量と比べると
英語を読んできた量は圧倒的に少なすぎますから。

cozyharada at 23:42|Permalinkclip!

2017年07月03日

次の段階に

フランス語の勉強を始めて2年以上経ちました。

実際には高校の第二外国語で3年間やっていて
大学一年の時にも第二外国語で取っていましたから、
4年やった後の再開ということにはなります。

が、期間がかなり空いていたことと
それほど集中的にやっていた勉強ではないことからして、
2年半前に再開してからのほうがメインになっている気はします。

高校〜大学1年までの経験はバックグラウンドというか
基礎の部分を覚えるのに役立っていた感じでしょうか。

ようやく高校英語ぐらいのレベルにはなってきたかもしれません。


必須の文法事項を一通りやって、
ボキャブラリーは圧倒的に足りないまでも辞書があれば
読解や作文はできるような状態だと思います。

まだまだ聞き取りと会話の難は大きいです。
単語が分かっていても聞き取れないことがありますから。

となるとトレーニングとして主な課題は
聞き取りの練習と、単語を覚えること、
それから発話の練習といったあたりでしょう。

単語を覚えることを考えると、読解とセットにしたいところです。

その意味では、英語になぞらえると、ちょうど
英検準一級を目指して勉強するような段階と考えられます。


もちろん、英検などの語学の資格試験は
テストの種類によって重視している部分が違います。

個人的には英語を勉強するうえでTOEFLの対策が役立ちました。
ボキャブラリーも一気に求められましたし、
リーディングの長さと難度のバランスから
速く正確に理解しながら読むトレーニングにもなったと感じます。

そしてリーディングのレベルに対応したリスニングも、
日常会話よりも講義形式が中心になっていることで
文章を正確に捉えながら理解していく力を養えました。

音が崩れて早くなったり、口語表現が増えたりする日常会話は
映画なんかで頻繁に登場しますが、こっちは
知識として覚えていくことが必要な気がします。
「知っているから何を言っているかが分かる」というのがゴール。

つまり、日常会話を理解するには、文法や単語の運用というよりも
慣れと暗記の要素が大きそうに思えます。

一方、学習した文法と単語をもとに
内容を頭の中で組み立てながら理解を進めていく
という形は、講義や講演のような内容に登場しがちです。

こちらは、知らないことを理解しながら聞き進めていく流れ。

幼いころの言語習得は慣れをベースに
数多く触れた会話表現から自然とパターンを抽出して
少しずつ表現を増やしていくのが中心だといえますが、
大人になってからの語学では、文法理解力と運用能力を使って
知的に文章を組み立ててみるスタイルをとることができます。

TOEFLの問題は、講義内容をもとにしたものが多いので
リスニングのトレーニングをすると、音と文章を関係を丁寧に踏まえつつ
論理的に内容を理解する力も育めるように感じられます。

大人だから可能な言語学習を効率的にするトレーニング材料として
TOEFLの問題は良くできているんでしょう。

登場する単語を覚えながらリーディングとリスニングの練習をすると
それだけでかなり英語力の土台が鍛えられる。
TOEFLの問題には、そういう特徴がある気がするんです。

スピーキングとライティングについては
別途、慣れるための量のトレーニングが必要かもしれません。

僕はアウトプットのトレーニング用に、
いくつかの英会話教室でフリートークの時間を意図的に取りました。

ライティングとスピーキングは、リーディング・リスニングより
常にレベルが低くて、後を追いかけるような印象がありましたが、
だからこそ、ある程度アカデミックな議論ができるところまで
アウトプット力を上げていきやすかったようにも思えます。

全体の流れとしては、
(庫,魄貭未蠅さえる
▲椒ャブラリーを増やす
リーディングとリスニングのトレーニングで量をこなす
ぅ好圈璽ング、ライティングでアウトプットに慣れる
といった感じ。

中学・高校と学校教育で英語をやってきたベースがあるため、
大人の英語学習としては割とスムーズな進め方のように思っています。


こうした英語学習の経験を踏まえると
フランス語学習でも同じようなプロセスを取りたくなります。

TOEFLに対応したようなフランス語の試験があれば
そちらの勉強を進めるのが良さそうなんですが…。

チョットそうもいかなそうな雰囲気です。

仏検は文法とボキャブラリーへの偏りが強く、
リスニング、リーディングのベースは決して高くない印象。
(TOEFLのバランスを参照した場合ですが)

逆に、フランスで作られたフランス語学習者用の教科書では
もっと聞き取り練習の音声スピードが速く、
読解用の文章も長めに書かれています。

やはり仏検は日本人が作った検定試験だということでしょう。

フランス公式のDELF/DALFというテストもあるようなので
こっちの対策をやってみても良いかもしれません。

ただ、英語と違ってフランス語のスクールは数が多くありません。

英語では留学に向けてTOEFL対策に特化した講座も多々ありますが、
フランス語においてそういうテスト対策の塾は見かけません。

おそらく僕に必要なのは、ある程度時間を集中して
量のトレーニングを積み重ねることだと思うんです。
少なくとも英語学習の経験から言えば、それが必要な時期でしょう。

自力でコツコツやれば良いんでしょうけれど、
トレーニングには気合を入れられる環境も重要なようです。

ただスケジュール的にそうもいかなそうなところ。
そこまでの強いモチベーションがないのも問題です。

別に必要性が高いわけではありませんから。

勉強には環境も大事だなぁと実感します。
僕がTOEFL対策で通っていたところは
先生としても生徒としてもヤル気を高めてくれていたものです。

どうも工夫が要りそうです。

cozyharada at 23:02|Permalinkclip!

2017年06月29日

内省の時間

アメリカに行って座禅をしてきてから
心身ともにリラックスしていられる時間が増えた気がします。

一方で、他人からの影響を受けやすくなったというか
自分の内面を調える時間も必要になってきた印象です。

英語やフランス語のレッスンを受けている間も
先生の苛立ちや不満が強く感じられて面倒くさい。

レッスンの進め方の効果や時間の使い方といった
プロとしての要素については、そもそもの期待が減ったのか
そのことで自分の感情が動くことはなくなったようなんですが、
単純に先生が感情を表出するときが厄介です。

習っていることや会話そのものに集中できなくなります。

そうなると自分の体への意識も下がってしまって
姿勢が悪くなっているに気づきにくくもなるようです。

結果的に終わってから体の強張りを自覚する。


身体のレベルでリラックスさせるのももちろんですが
それとは別のところでケアが必要な感じがします。

今までは「心の癖を修正しておけば日々が楽になる」
というスタンスで内面と向き合う作業をしていたのに対して、
もっとシンプルに、ただの調整目的で内面と向き合うのが
大事になってきたように思えるんです。

いや、実際は元々、日々の調整そのものも
常日頃から重要なものなんでしょう。

ただあまり、これまではそちらに注意が向いていなかっただけ。

リラックスできてきたからこそ、対比として
際立って自覚されているのかもしれません。


身体のストレッチをしたり、お風呂に入って力を抜くように
内面の歪を調整するような時間も大事なように思い始めました。

心の力を抜く。
偏った集中(=緊張)を分散させる。
そんな作業も日々の中で少しずつやってみようかと思います。

cozyharada at 23:12|Permalinkclip!

2017年06月10日

朗唱トレーニング

スピーチの暗唱をするトレーニングの講座に行ってきました。

丸一日かけて、有名なスピーチの一部分を覚え、
言えるようにする内容です。

事前準備なしでも一日かけて少しずつ繰り返しながら覚えていけば
ある程度まとまりのある内容の範囲は覚えられるもののようです。

決して文面さえ覚えればいいというわけではなく
発音やイントネーション、リズムも含め
スピーチとして形になるようにするのが趣旨。

すると発音やリズム、抑揚など
英語のスピーキングに重要な要素を鍛えられるはずだ、と。

また、ある程度の長さのあるフレーズ単位や文章として覚えることで
スピーキングでもライティングでも、アウトプットの際に
自然と思い浮かぶストックとして蓄積していくこともできる。

そういうのが暗唱(朗唱)トレーニングの効果みたいです。

また、ネイティブがスピーチをしているときの発音を真似しますから
音の省略や弱化など、ネイティブが話すときの癖ごとインプットできて
「この単語の並びは、こういう音に聞こえる」というパターンが
自然と頭の中に残っていくことにもなります。

自分でも発音できるレベルで捉えた音の組み合わせなら
聞いた時にも認識がしやすくなって、
ネイティブの話も聞き取りやすくなると考えられます。

少なくとも、一度暗唱できるようにしたスピーチそのものなら
聞いたときに何を言っているかは文章として理解できるでしょう。

もちろん、そのスピーチ原稿を読むときには
暗唱しているときの声が頭に浮かぶのが一般的ですから、
一生懸命に単語を1つずつ追いかけなくても黙読できるはずです。

そうやって考えると、「話す、書く、聴く、読む」の4技能すべてに
効果がありそうなトレーニングだと考えられます。

真似できるように丁寧に取り組んでいる限り、
やったことが無駄になることはないんじゃないでしょうか。

あとはトレーニングの効率の問題。

やっただけ効果があるという意味では素晴らしいでしょうが、
他のトレーニングと比べたときに
かけた時間に対する効果の比率としてベストかは分かりません。

ただ、ネイティブの中でも英語力には差があるわけですから、
名演説と呼ばれるものを真似できるようにするのは
ほぼ上限なく英語をトレーニングできる素材だとは言えそうです。

やってみた印象としては、
おそらくかなり地味な効果が蓄積されるタイプのもので、
長く続けたあと、それもかなりの英語力がついてきた頃に
暗唱トレーニングした意味がジワジワと出始めるんじゃないか、
と感じています。


講座としては、その暗唱を使いながら
人前でスピーチをするトレーニングも一緒にやってしまおう
というコンセプトになっているようでした。

そうすると人前での度胸もつくし、
色々と自信を高めたり、仲間意識が生まれたり、と
大勢で取り組むメリットが出てくるんでしょう。

ただ個人的には、暗唱を人前でやっても
スピーチそのもののトレーニングにはなりにくそうに感じました。

一般的なスピーチやプレゼンと比べると
あまりにも頭の中で行われる作業が違うんです。

スピーチやプレゼンは自分で考えた内容を話します。
覚えたものを言うにせよ、その場で考えながら話すにせよ、
自分の中から自分の言葉として出てくる印象がある。

一方、暗唱の場合、自分の中を通っている感じがしないんです。

もちろん、素晴らしく感動的な内容の部分は
暗唱しながらでも感情レベルで動かされるものはあります。

ただしそれは、どちらかというと聞きながら感動するのに近い。
歌を聞いて感動する感じです。

もっと正確に言うと、口に出しながら感動するわけですから
心に響く歌を歌っているときに、
歌いながら感極まってくるような状態に近いはずです。

カラオケで歌詞を見ながら歌うのが朗読、
歌詞を覚えて歌うのが暗唱。
そういう関係じゃないでしょうか。

まさに僕が体験してみたときの印象は
歌っているときに近かったんです。

内容が理解できないわけじゃないし、
その内容に心が動かされないわけでもない。
でも自分が話すときとはプロセスが違い過ぎます。

プレゼンのように人前で話すトレーニングをするなら、
暗唱するよりも自分の言葉でやったほうが
効果がありそうに感じました。


繰り返しになりますが、暗唱そのものは
英語力を鍛えるトレーニングとして非常に有効だと思います。

全部を完全に再現できるところまでやらないにしても
文章単位で覚えて言えるようにするだけで
ボキャブラリーや表現の幅を広げていけそうです。

その目的では僕もやってみようかと思っています。

まぁ、フレーズのストックを増やしたり、
英語のリズムを覚えたりする目的であれば
洋楽を覚えても同じだろうとは思われますが。

違いは歌の場合、文法よりも意味が優先されるため
書き言葉や会話とは違った表現になってしまうケースがあったり、
スラングだらけで基礎的な表現を身につけにくかったり、
どの歌を利用するかの差が大きそうだ、ということろでしょうか。

逆に歌になっているとメロディーのおかげで
内容を覚えやすかったり、リズムが掴みやすかったりするのは
メリットになるほうでしょう。


ちなみに歌を覚えて歌うときと近いように感じたのは
講座中にステージの上で発表する場面で、でした。

小学校のときに通っていたピアノ教室の発表会や
中学校の時の全校での合唱コンクールのとき、
ステージの上で覚えたものを披露する場面がありました。

ピアノであれば曲を忘れてしまう状態、
合唱コンクールであれば歌詞を忘れてしまう状態。
いわゆる「飛ぶ」というヤツです。

ああいう感じと良く似ていました。

だからこそ、覚えたものを再現しているだけで
自分の中から出てきていない印象をハッキリ自覚したんです。

実際、かなり短い文章3つぐらいの担当だったのに
僕は見事に「飛んで」しまいました。

覚えたものをキッチリとやらなければいけない…
と考えていた分、緊張も感じていました。
緊張に関しては他の人の影響もあったでしょうが。

普段のセミナーでは緊張しません。
やらなければいけない正しい内容があるわけではないので
上手くやろうという発想が無いのが大きそうです。

また、その場その場で話すことが変わりますから
「飛んで」しまうといった失敗の種類もありません。

ですから、物凄く久しぶりに”失敗”を体験したわけです。

なかなか楽しいものですね。
新鮮な体験ができました。

僕が普段のセミナーでやっているのは対話であって
プレゼンではないと感じていますが、
プレゼンだったら緊張はしても「飛ぶ」ことはありません。

「これじゃないといけない」という正しい内容がないからです。

予定と違うことになっても、その場に応じて
自分の言葉で内容を組み立てる機会が多々あります。

「飛ぶ」経験をしたのは、そこでやっていたのが
対話でもプレゼンでもなく、
『パフォーマンス』だったからでしょう。

暗唱は、歌や楽器演奏、演劇のような
パフォーマンスの部類だと感じられた、という話です。

そう考えると、歌手とかミュージシャンとか舞台役者とか
よくも覚えたものをやり続けられるなぁ、と感心します。

僕はパフォーマンス好きではないようなので、
パフォーマンスとして人前で暗唱したいわけではないみたいです。

あくまで英語力を鍛えるトレーニングとして
取り組んでみようかとは思っているところですが。

cozyharada at 23:45|Permalinkclip!

2017年06月07日

体力の変化

振り返ってみると、セミナーのスケジュール的に
最も忙しかったのは8年前ぐらいだった気がします。

週に4日、終日のワークショップが入っていて
東京、名古屋、大阪を行ったり来たり。
平日にも出張があったものです。

そのうえで、週に一度ぐらい3時間程度のセミナーもありました。
10時から18時までやった後、19時から22時までとか
あるいは夕方からだけの日とか。

会社員の時は週5日が当然でしたし、
実験の都合で週末に出勤することも当然。
朝も夜も関係なく実験のスケジュールを組んでいたものです。

にもかかわらず疲労度でいえばセミナーのほうが負担は大きい。
8年前ぐらいは腰痛ベルトを巻きながらセミナーをしていました。


それでも、そのスケジュールで何とかこなせていたんです。

今と比べるとパフォーマンスは低かったかもしれませんが…。

乗り切っていた1つの理由として、
ときどき休憩をしていた部分はあると思います。

休憩時間はちゃんと休憩していました。
昼休みもあえて食事に出ていかず、休養を優先したことも。

実習の時間に気を抜いていたこともあったはずです。

今は休憩時間も質問に答えたりしますし、
実習中も意識を配り続けていますから
休憩という自覚はなくなっています。

そしておそらく、以前のほうが鈍感だったというのはありそうです。
自覚できていなかったから騙し騙し続けられた、と。

最近は身体のケアをするようになったことと
意識に上がる範囲が広がってきたこととで
身体への負担に気づきやすくなっていると感じられます。

仮に8年まえのスケジュールのままだったとしたら
どこかで無理が来ていた可能性も否定できなそうです。


そしてもう1つ。
あまり気にしていなかったことですが、
単純に加齢に伴う体力低下があるんじゃないかと思えてきました。

8年まえのほうが体力があった、と。
筋力にしても持久力にしても、心肺機能にしても代謝の効率にしても
年齢を重ねるうちに衰えてきていたような気がします。

いつの頃からか駅の階段を駆け上がった後の息切れが
気になるようになってきていました。

当然、疲労回復のスピードも違ったことでしょう。

普段から全く運動をしないままに過ごしてきていましたから
知らず知らずのうちに体力が全般に衰えていっていたようです。

これを実感したのは最近のこと。
ジムに通うようになって1月ほどですが、
セミナー後の疲労感や回復速度に違いが出てきている印象なんです。

セミナーから帰ってきてから運動をするのも効果を感じますが、
それとは別に、セミナー終了直後での疲労度合いに違いがある。

少し身体への負担が減っているような感じというか、
多少の体力が残っている感じというか。

体力がついてきたことで楽に感じられているようにも思えるんです。

裏を返すと、以前のほうが体力があった可能性がある
ということにもなります。
それが年を重ねるにつれて落ちていっていた。

8年前に今よりもハードなスケジュールをこなせていた理由の1つに
 そもそも体力があったから
という部分もあるような気がしてきたわけです。

セミナーの仕事は肉体労働の側面があるように感じます。
プロ野球のピッチャーみたいなイメージです。
「中4日の休養でローテーション」といったような。

実働の日数だけでいえば少なくても
完全休養日がないと成立しない点では
体を休めたりケアしたりするのも重要な要素かもしれません。

そこにもう1つ、体力強化の要素が加わると
今までよりもスムーズに進められそうに思えてきました。

シーズンオフにキャンプをするまではしなくても
体力をつけておくことで乗り切れるものがありそうです。

やっと運動の重要性を実感できてきたみたいです。

cozyharada at 23:17|Permalinkclip!

2017年05月23日

帰国しました

無事に日本に戻ってきました。
なかなか刺激的な体験でした。

山の中の湖のほとりで、主に瞑想をしながら静かに過ごす
というだけの時間だったんですが、
自分の意識を見つめなおす絶好の機会だった気がします。

日頃は外部からの刺激に注意が移ってしまいがちですから
外的な刺激の少ない環境だけでも有意義なものです。


色々と得たものがあった中で、日常的にも役に立ちそうだったのは
身体への意識の広がりでしょうか。

背中側への意識と足元の意識は今も広がったままです。

身体の左右バランスの歪みにも、意識の偏りが関係していたようなので
そちらを整えるにも役に立ったような印象があります。

最初は瞑想で静かに座り続けていると肩や腰のコリが酷かったんですが
慣れてきた辺りからは、むしろ心身のバランスを調整するのに
うまく機能してくれるようになったみたいです。

日に日に体は楽になっていきました。
…まぁ、戻ってくるときの飛行機で固まってしまったんですけれど。


日本に戻ってきて一番の驚きは匂いです。

湿度はアメリカとの違いとして予想はついていましたが
匂いがこんなにも違和感を生むとは思ってもいませんでした。

いろいろ臭い。

いかに空気の奇麗なところにいたのかを思い知らされます。

また機会があれば過ごしてみたい環境です。

cozyharada at 12:04|Permalinkclip!

2017年05月03日

連休の人ごみ

世間はゴールデンウィークなんだというのは
町中に出ていくと実感されます。

人が多い。

とはいえ、人の多さは通勤ラッシュ時も同じです。

同じ数の人がいても賑やかさが異なります。
話す人の数が多い。

立ち止まって話をする人もいますし、
歩いている人も動きがランダムです。

朝や夕方の通勤時は皆、駅に向かって
あるいは駅から離れる方向に、最短距離で進もうとする感じです。
一方、休日モードになると、あちこちに動きの方向が変わります。

歩くスピードも遅いようです。

イライラした様子や、ピリピリした雰囲気の人は減るみたいで
全体にゆったりと気軽な印象を受けます。

まぁ、だからといって休日の賑やかな雰囲気のほうが
その場にいて過ごしやすいという話ではありません。

平日のように、一人ひとりが自分の殻に閉じこもって
ピリピリした気配を出しながらも他者とは関わらないのか。

それとも休日のように、それぞれの集団が好き勝手に
自分の楽しさや目的を優先して、他者は気にかけないのか。

バラバラな気持ちが1つの空間に集まっているという意味では
どちらもホッとできる場ではなさそうです。

連休に私服で出歩いているということは
平日は仕事や学校に通っている人が多いのでしょう。

休日には普段の我慢を発散させているかのようにも見えます。

反動が大きく、両極に振れている感じなんでしょうか。

僕の生活スタイルとは違った人生の景色が展開しているようで
なかなか興味深い時期だと感じています。

cozyharada at 23:07|Permalinkclip!

2017年04月27日

物の価値を判断するところ

パソコンを新しくしました。
メインのやつをです。

おそらくメモリが足りなくて
常にCPUが100%で動いていたため、
冷却が追い付かなくなっていました。

さすがにVISTAを使い続けるのも安全ではないでしょうから
まあ、ちょうどいいタイミングだったのではないかと思います。

持ち運びを想定はしていなかったので
キーボードとコストパフォーマンスを重視して、
初めて受注生産のやつを選んでみました。

先の問題点を踏まえてメモリを多めにしてみたおかげか、
パフォーマンスはいい感じです。

滞りもなく、ファンも動かないぐらい余裕があるようです。
これまではWebページを複数開くと広告の自動更新で
かなりの負担になっていた様子でしたが、今はそんなこともありません。

これぐらいスムーズだと写真加工のアプリケーションとかを入れて
書道作品の写真ぐらいはチョット調整してみたくもなります。

キー入力もさほど違和感ないですし、
あとは初期不良とか想定外のトラブルが起こらないことを期待しています。


しかしながら、きっとこういう日用的なものは
すぐに新鮮さを失って、当たり前に感じられてくるんでしょう。

今のところは比較としてスムーズさを感じているパフォーマンスも
これに慣れてきたころには「普通」の基準に移ってしまって、
むしろ別のPCを「遅い」と感じるようになるかもしれません。

性能や能力というのは、そんな風に
比較で認識されやすいもののようです。

一方、そうしたツールや装置を使って「体験する」内容のほうは
その都度、その内容そのものを味わえます。

例えば、このパソコンで検索してでてきた情報をインプットするとき、
「新しいものを知る楽しさ」や「好奇心が満たされる驚き」などを
毎回違った形で感じることができます。

インプットするものが変われば、毎回別の体験になるわけです。

僕の部屋にはシンプルなブルーレイディスクプレイヤーがありますが
これも何の映画やドラマを見るかによって、毎度の楽しみが得られます。

一方、そのブルーレイプレイヤーの性能に関しては
それほど気になりもしません。

確かに安価な分、作りは安っぽいですし、
センサーの範囲が狭く、リモコンの反応もよくありません。

ディスクを入れてから再生されるまでの時間も早くはない気もします。

しかし目的とする内容、つまり映画やドラマを見られる限り
僕の求めるものは得られているんだと思われます。

仮にもっと高性能であったとしても、
特別気にしないような気がします。

パソコンの性能気になっていたのは、僕にとっては
あくまで不具合が出ていたからに過ぎません。

突然パソコンの電源が落ちてしまったりすると
書いていたものが消えてしまいますし、
メモリ不足で反応が悪くなると
頭に浮かんだものを書き出す段階で待たないといけなくなります。

余計なものが挟まってくるわけです。

ここでは「パソコンで書く」という体験に、ある種の喜びが含まれます。
頭が整理されていく感じや、必要な資料や文書ができ上っていく感じ。

その喜びが損なわれるのが嫌だから
妨げられない程度の性能が必要になった、といえます。

つまり僕にとって性能の高さのほうでは、どれだけ高くても
いつか慣れてしまって分からなくなる(満足感がない)のに対し、
性能の低さのほうは不具合が起きたときに不満を感じる形で意識される
という話です。

基準を下回ると不満だけれど、
基準に達したら、それ以上高くても満足感には影響を与えない。
僕は性能に対して、そういうタイプの価値判断をしているようです。
(結構な人がそうではないかと思いますが)


一方、書くことに伴った喜びは、書く内容が毎回異なっている以上
当然、毎回別物として体験されますから、
慣れてしまって薄まっていくものではありません。

その都度、別の体験として新鮮さを伴いながら
「その瞬間に体験している」喜びに意識を向けるタイプの満足感なんです。

DVDで映画を見るのも、インターネットで新しい情報を得るのも、
本で勉強するのも、ご飯を食べて美味しいと思うのも…、
多くの「内容」レベルの満足感がこちらのタイプでしょう。

その内容を妨げないようにするのが「性能」になりやすい気がします。

書籍であれば重さとか字の見やすさとかでしょうか。
電子書籍に求められる性能も、まさに
本を読む体験を妨げないものが中心じゃないかと思います。

料理の場合は、包丁の切れ味とかコンロの火力とかでしょうか。
ものすごく高性能だと、硬いものを切ってみたくなったり
素早くチャーハンを作ってみたくなったりするかもしれませんが、
実際にその性能が求められる機会は少ないものでしょう。

ちょうど高性能のパソコンを買ったけど、
そこまで負荷のかかる動画編集みたいな作業はしないようなものです。


そして「性能によって可能になる体験内容」とは別のところで
付加的な体験によっても満足を感じることがあります。

主に「美」と関連した体験です。

美しいとか、カッコイイとか、カワイイとか。
見た目でも音でも体験されるものですが、
これらもコダワリのある部分については毎瞬のように意識されます。

例えばパソコンでいえばデザインとか、素材とか、色とか
キーボードのバックライトとか、細かい作りの丁寧さとか。

包丁でも、形とか金属の光沢とか、仕上げの繊細さとかは
「美」と関連した体験で満足感を追加してくれます。

洋服とか鞄とか、身に着けるものの多くは
性能よりも美のほうが重視されているかもしれません。

車の場合、加速感とか、エンジン音とか、ボディのデザインとか。
逆にトランクの広さは「基準に満たないと不満な性能」のほうでしょう。

車のエンジン性能は、加速感に対して美的な印象を受けなければ
「坂道で遅いと困る」ような最低基準のある性能として認識されそうです。

性能として認識された場合、最低基準にさえ達していればいいので
そんなに高いものを求めることはなくなりがちです。

が、美的な観点から認識された場合、上に限度はありません。
そうすると、いわゆる『高級品』の方向性になると思われます。

よく言われる「付加価値」というのは、美と関連したことが多く
五感レベルで毎瞬の「体験」として味わえるものと考えられます。

比較でしか認識できない「性能」は慣れてしまって
基準を下回った時に不満として自覚されるだけですが、
美に近い体験として認識されるほうは
その感じに注意を向けるたびに毎回、満足感をもたらしてくれる。

道具や機械を、求める体験内容を得るための手段としてしか捉えないと
必要最低限の性能だけを気にしておけばよくなるんでしょう。
この種の性能はすぐに慣れてしまって満足感が薄れやすいですから。

一方、同じ道具や機械でも、そこに美に近い付加的な体験を求めれば
長い間、その美を保っている限り、繰り返し満足感が得られます。
(当然、それだけ値段も上がっていくわけですが)

僕はあまり、この「美」の側面を重視してきませんでしたが
そちらの満足感を意識したら、物へのコダワリも上がる気がします。

良いものを大切に手入れしながら長く使う…なんていう発想も
少しは理解できそうです。

cozyharada at 23:00|Permalinkclip!
おしらせ
 ◆ セミナー情報 

日程更新

《コミュニケーション講座》
〜内容は後日〜


【日時】 2017年8月20日(日)
     10:00〜16:30


【場所】 滝野川会館
    304集会室

    JR上中里駅より7分
    JR駒込駅より10分
    南北線西ヶ原駅より7分


概要はこちら>>
次回開催は9月の予定


 ◆ 過去の講座 

《新カウンセリング講座》
 〜まとめと実践〜


当時の内容はこちら>>


《勉強会》 

【テーマ】 変化の流れを考える

当時の内容はこちら>>
次回は未定



 ◆ お問い合わせ 
  技術向上、
  コンサルティング、
  スーパーバイズ、
  執筆・講演…

  諸々のお問い合わせはこちらへ>>



ホームページ
バナー1


プロフィール
原田 幸治
理系人材育成コンサルタント。
技術力には定評のあるバイオ系化学・製薬企業にて研究職として基礎研究から開発研究までを担当。理系特有とも言える人間関係の問題に直面して心理とコミュニケーションを学び始め、それを伝えていくことを決意して独立。
コールドリーディング®、NLP(TM)、心理療法、脳科学、サブリミナルテクニック、催眠、コーチング、コミュニケーションへ円環的にアプローチ。
根底にある信念は「追求」。

・米国NLP(TM)協会認定
 NLP(TM)トレーナー。

・コールドリーディングマスター
 講座石井道場 黒帯。
(コールドリーディング®は
有限会社オーピーアソシエイツ
http://www.sublimination.net/
の登録商標となっています)
Archives
最近のコメント
QRコード
QRコード